キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • エプソン、子会社ロブステリ社とフォルテックス社の合併を決定

エプソン、子会社ロブステリ社とフォルテックス社の合併を決定

2020年7月30日ニュース

 セイコーエプソン(株)(以下、「エプソン」)は7月30日、グループ会社であるFratelli Robustelli S.r.l.(以下、「ロブステリ社」)によるFor.Tex S.r.l.(以下、「フォルテックス社」)の吸収合併を決定したと発表した。

 ロブステリ社、フォルテックス社は、捺染産業の世界有数の集積地であるイタリアのコモ地域にあり、エプソンの捺染領域におけるDTF (Direct to Fabric)分野を担う中核となる子会社。ロブステリ社は、捺染印刷機の開発・製造、フォルテックス社は捺染用インクの販売、サポートなどを行っている。

 エプソンは、プリンティングソリューションズ事業の中でも捺染印刷の領域をインクジェットによるデジタル化の余地が大きい「成長領域」として位置付けており、従来の刷版印刷を中心としたアナログ印刷からのシフトにより事業拡大を目指している。そのため、現在、商品ラインアップの強化とともにオペレーションの強化も進めている。

 今回の合併により、経営の一体化を図ることで、これまで各社が個別に提供してきたインクジェットデジタル捺染機の本体、消耗品、サービスについて、ユーザーニーズに基づいたソリューションを、より的確に提供できる体制としていく。なお、合併完了は2020年内を予定している。

 捺染産業は、現在、嗜好やデザインの多様化などによる多品種少量生産や迅速な商品の供給、伝統的な価値を維持しつつ世界的な要請である低環境負荷を実現することが求められており、このような中、エプソンは、生産性向上と環境配慮を両立することができるインクジェット技術により、多品種少量生産、リードタイム短縮、低環境負荷など社会要請に基づく捺染業界のさまざまな課題の解決に寄与していく方針。

関連記事

最新ニュース

risapress_c14000_202008_dp_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESS Colorに初のヘビープロダクション機

2020年8月3日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、RISAPRESSカラーシリーズの新製品として、フルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESS Color14000/12000...全文を読む

dp_km_online_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、新製品発表会とウェビナーで構成するオンラインイベントを8月18日に開催

2020年7月28日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は8月18日14時より、新製品発表会と特別講師によるウェビナーで構成されるオンラインイベント「New Normalにおけ...全文を読む

dp_hp_7_29_tn.jpg

日本HP、7月29日「HP Indigoデジタル印刷機60分バーチャル体験」をオンライン開催

2020年7月27日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では7月29日1...全文を読む

dp_sumo_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、小学館刊行の超特大写真集SUMO本「東大寺」の印刷にKM-1が採用

2020年7月21日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、小学館SUMO本「東大寺」(発売中)の印刷に29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet KM-1(...全文を読む

dp_sc_f10050_tn.jpg

エプソン、SureColorシリーズ初の76インチ対応昇華転写プリンターなど3機種発売

2020年7月21日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター SureColorシリーズの新商品として、シリーズ初となる76インチに対応した昇華転写プリンター「SC-F10050」と、2色...全文を読む

新着トピックス

dp_c14000_demo_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、高次元の自動化を実現〜多彩な後加工もワンパス処理

2020年8月4日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、今年6月17日よりデジタル印刷システムのカラー最上位機種「AccurioPress(アキュリオ プレス)C14000...全文を読む

dp_miyakosi_online_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、軟包装印刷にデジタル革命〜水性インクジェットで課題解決へ

2020年8月4日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は6月30日、オンラインによる記者会見を開催し、軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の機能概要などを発...全文を読む

dp_hp_kasimura_12000_hd_tn.jpg

柏村印刷、新たな印刷領域に進出〜激変する顧客ニーズにデジタル印刷で対応

2020年8月4日ケーススタディ

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入し、今年6月より稼働を開始した。創業から108年という歴史の中で、...全文を読む

エプソン、子会社ロブステリ社とフォルテックス社の合併を決定

2020年7月30日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 セイコーエプソン(株)(以下、「エプソン」)は7月30日、グループ会社であるFratelli Robustelli S.r.l.(以下、「ロブステリ社」)によるFor.Tex S.r.l.(以下、「フォルテックス社」)の吸収合併を決定したと発表した。

 ロブステリ社、フォルテックス社は、捺染産業の世界有数の集積地であるイタリアのコモ地域にあり、エプソンの捺染領域におけるDTF (Direct to Fabric)分野を担う中核となる子会社。ロブステリ社は、捺染印刷機の開発・製造、フォルテックス社は捺染用インクの販売、サポートなどを行っている。

 エプソンは、プリンティングソリューションズ事業の中でも捺染印刷の領域をインクジェットによるデジタル化の余地が大きい「成長領域」として位置付けており、従来の刷版印刷を中心としたアナログ印刷からのシフトにより事業拡大を目指している。そのため、現在、商品ラインアップの強化とともにオペレーションの強化も進めている。

 今回の合併により、経営の一体化を図ることで、これまで各社が個別に提供してきたインクジェットデジタル捺染機の本体、消耗品、サービスについて、ユーザーニーズに基づいたソリューションを、より的確に提供できる体制としていく。なお、合併完了は2020年内を予定している。

 捺染産業は、現在、嗜好やデザインの多様化などによる多品種少量生産や迅速な商品の供給、伝統的な価値を維持しつつ世界的な要請である低環境負荷を実現することが求められており、このような中、エプソンは、生産性向上と環境配慮を両立することができるインクジェット技術により、多品種少量生産、リードタイム短縮、低環境負荷など社会要請に基づく捺染業界のさまざまな課題の解決に寄与していく方針。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP