キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 富士ゼロックス、スマートファクトリー化を支援する「Producti...

富士ゼロックス、スマートファクトリー化を支援する「Production Cockpit 3.0 」発売

オフセットとデジタル印刷の統合管理と自動化・可視化機能を強化

2020年9月9日ニュース

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、印刷の全工程を一元的に管理する統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン「Production Cockpit 3.0 (プロダクション コックピット 3.0 )」を9月17日より国内発売を開始する。

 Production Cockpitとは、印刷工程におけるさまざまなメーカーのシステム・機器をひとつのユーザーインターフェイス(UI)から一元管理できるソフトウェア。新たに発売するProductionCockpit 3.0は、オフセット/デジタル印刷の統合管理や印刷機や加工機などの各機器のスケジューリングの自動化および稼働実績の可視化といった機能強化により、さらなる生産性向上と業務改善に貢献し、印刷会社のスマートファクトリー化を実現する。

 さらに富士フイルムの次世代ハイブリッドワークフローシステム「XMF」と連携し、オフセット印刷とデジタル印刷の統合管理を一段と進化。印刷のプリプレス工程注を管理するXMFとの連携により、XMFが持つプリプレス工程の面付け機能や印刷工程のステータス確認・実績入力機能が、印刷工程全体を管理するProduction Cockpit 3.0から利用可能となった。これによりデジタル印刷に加えてオフセット印刷の工程管理機能を強化することで双方をシームレスに併用できるワークフローを確立し、印刷業務の生産性向上と業務改善を図ることができる。
XMF連携時のワークフロー
 Production Cockpit 3.0では、印刷機や加工機など各機器の「自動スケジューリング機能」を強化。印刷枚数・加工処理数や各機器の稼働状況・処理能力に基づいた自動スケジューリングが可能となっている。また、自動スケジューリング後も、稼働状況に応じて手動で微調整ができるため、柔軟な運用にも対応可能。さらにProduction Cockpit 3.0より「最適スケジューリング機能」を新たに搭載。自動スケジューリング後、最適化ボタンを押すと、総生産時間や各機器の作業時間などの指標を基に、推奨スケジュールが複数提示される。提示された候補から、各指標の優先度に応じて最適なスケジュールを選択することが可能。これまで熟練したオペレーターが行っていたスケジューリングを自動化・最適化することで、効率的な印刷を実現する。
ダッシュボード機能
 さらに、印刷機や加工機など各機器の稼働実績データを集計し、可視化する「ダッシュボード機能」を新たに搭載。顧客別受注件数の内訳や各機器の稼働状況などのグラフ表示により、受注・生産状況を把握した上での迅速な経営判断を支援する。さらに外部BI( Business Intelligence)ツールと連携させることで、稼働実績データを詳細に分析するなど、さらなる業務改善に繋げることもできる。

関連記事

最新ニュース

dp_imagepressc10010vp_tn.jpg

キヤノン、成果物の多様化と作業の効率化を実現する旗艦モデル発売

2020年9月11日

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの新製品として、「imagePRESS C10010VP/C9010VP」を10月中旬に発売する...全文を読む

drupa_d_20200910_dp_tn.jpg

drupa、デジタルサービス「drupa preview」でハイブリッド展開

2020年9月11日

 drupaは、「drupa preview」を10月からスタートさせ、デジタルサービスを拡充する。  実際に行われるメッセにデジタルコンテンツを融合させることで、drupaが開幕する...全文を読む

dp_ricoh_gp_tn.jpg

リコー、日印産連の「2020 GP資機材環境大賞・機材部門」受賞

2020年9月11日

 (株)リコーは、(一社)日本印刷産業連合会(日印産連)の2020グリーンプリンティング(GP)認定制度の表彰において、「2020 GP資機材環境大賞・機材部門」を受賞した。  日印産...全文を読む

goof_print4_dp_tn.jpg

グーフ、Print of Thingsサービス強化で印刷会社4社と資本業務提携

2020年9月10日

 (株)グーフ(本社/東京都品川区、岡本幸憲CEO)は、錦明印刷(株)(塚田司郎社長)、(株)研文社(網野勝彦社長)、(株)小松総合印刷(小松肇彦社長)、西川コミュニケーションズ(株)...全文を読む

dp_pagewide_5000_tn.jpg

HP社、HP PageWide Web Pressシリーズによる印刷枚数が累計5,000億ページ達成

2020年9月4日

 HP社は、インクジェットプロダクションプリンティングソリューション「HP PageWide Web Press」シリーズによる印刷ページ数が世界市場で、累計で5,000億ページを達成...全文を読む

新着トピックス

toshop_11000inkjetpress_tn.jpg

図書印刷、「DSR戦略」の新たな力に[11000 Inkjet Press導入事例]

2020年8月25日ケーススタディ

 図書印刷(株)(本社/東京都北区東十条3-10-36、川田和照社長)は2018年10月、主力生産拠点のひとつである沼津工場(静岡県沼津市大塚15)に、高速デジタル印刷・加工設備とWe...全文を読む

inouesougo_jetpress_tn.jpg

井上総合印刷、独創的提案で新規獲得[Jet Press 750S導入事例]

2020年8月18日ケーススタディ

 (株)井上総合印刷(栃木県宇都宮市岩曽町1355、井上加容子社長)は2020年2月、クライアントへの提案力強化のための新戦力として、B2サイズのインクジェットデジタルプレス「Jet ...全文を読む

dp_c14000_demo_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、高次元の自動化を実現〜多彩な後加工もワンパス処理

2020年8月4日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、今年6月17日よりデジタル印刷システムのカラー最上位機種「AccurioPress(アキュリオ プレス)C14000...全文を読む

富士ゼロックス、スマートファクトリー化を支援する「Production Cockpit 3.0 」発売

オフセットとデジタル印刷の統合管理と自動化・可視化機能を強化

2020年9月9日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、印刷の全工程を一元的に管理する統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン「Production Cockpit 3.0 (プロダクション コックピット 3.0 )」を9月17日より国内発売を開始する。

 Production Cockpitとは、印刷工程におけるさまざまなメーカーのシステム・機器をひとつのユーザーインターフェイス(UI)から一元管理できるソフトウェア。新たに発売するProductionCockpit 3.0は、オフセット/デジタル印刷の統合管理や印刷機や加工機などの各機器のスケジューリングの自動化および稼働実績の可視化といった機能強化により、さらなる生産性向上と業務改善に貢献し、印刷会社のスマートファクトリー化を実現する。

 さらに富士フイルムの次世代ハイブリッドワークフローシステム「XMF」と連携し、オフセット印刷とデジタル印刷の統合管理を一段と進化。印刷のプリプレス工程注を管理するXMFとの連携により、XMFが持つプリプレス工程の面付け機能や印刷工程のステータス確認・実績入力機能が、印刷工程全体を管理するProduction Cockpit 3.0から利用可能となった。これによりデジタル印刷に加えてオフセット印刷の工程管理機能を強化することで双方をシームレスに併用できるワークフローを確立し、印刷業務の生産性向上と業務改善を図ることができる。
XMF連携時のワークフロー
 Production Cockpit 3.0では、印刷機や加工機など各機器の「自動スケジューリング機能」を強化。印刷枚数・加工処理数や各機器の稼働状況・処理能力に基づいた自動スケジューリングが可能となっている。また、自動スケジューリング後も、稼働状況に応じて手動で微調整ができるため、柔軟な運用にも対応可能。さらにProduction Cockpit 3.0より「最適スケジューリング機能」を新たに搭載。自動スケジューリング後、最適化ボタンを押すと、総生産時間や各機器の作業時間などの指標を基に、推奨スケジュールが複数提示される。提示された候補から、各指標の優先度に応じて最適なスケジュールを選択することが可能。これまで熟練したオペレーターが行っていたスケジューリングを自動化・最適化することで、効率的な印刷を実現する。
ダッシュボード機能
 さらに、印刷機や加工機など各機器の稼働実績データを集計し、可視化する「ダッシュボード機能」を新たに搭載。顧客別受注件数の内訳や各機器の稼働状況などのグラフ表示により、受注・生産状況を把握した上での迅速な経営判断を支援する。さらに外部BI( Business Intelligence)ツールと連携させることで、稼働実績データを詳細に分析するなど、さらなる業務改善に繋げることもできる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP