キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • キヤノン、成果物の多様化と作業の効率化を実現する旗艦モデル発売

キヤノン、成果物の多様化と作業の効率化を実現する旗艦モデル発売

2020年9月11日ニュース

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの新製品として、「imagePRESS C10010VP/C9010VP」を10月中旬に発売する。
imagePRESS C10010VP
 「imagePRESS C10010VP/C9010VP」(出力速度はそれぞれ毎分100枚、毎分90枚。ともにA4ヨコ)は、従来機種の高画質・高信頼性・高生産性を継承し、さらに長尺用紙や厚紙、合成紙などの用紙への対応力を強化している。

 用紙の搬送力向上により、400g/平米までの厚紙に対応可能となり、重厚で高級感のある名刺やポストカードなども作成できる。また、合成紙への対応も強化し、耐水・耐久性が求められる飲食店のメニューなどの印刷も可能。

 用紙の安定した搬送を実現するために、用紙搬送路を直線にしたストレートパスを採用。これにより最長1300mm(片面)までの長尺用紙に対応し、長尺POPや中吊りポスターなどを作成することが可能。また、最長762mmまでの長尺用紙の自動両面印刷に対応することで、A4サイズ3面の見開き折りのメニューやパンフレットなどの両面印刷物も容易に作成できる。

 さらに、「PODデッキライトXL-A2」(2020年10月下旬発売)との接続で最長762mmの長尺用紙(300g/平米)を1,000枚まで給紙でき、大量の長尺用紙の連続印刷を可能としている。
「PODデッキライト XL-A2」装着時
 また、用紙の種類により搬送経路を変えるデュアル定着システムを採用により、厚さの異なる用紙が混在する冊子やパンフレットなども出力速度を落とすことなく印刷可能。加えて内蔵の分光センサーにより、ボタンを押すだけで簡単に色味の確認やエンジン/コントローラーの色味調整ができ、測色器による測色の手間を削減する。

 32本の赤色マルチレーザーを照射する「R-VCSEL(Red-Vertical Cavity Surface Emitting Laser)」を採用したレーザースキャナーを搭載することにより、プリント解像度2,400dpi×2,400dpiの高精細な画質を実現。これにより文字や細線の忠実な再現や、粒状感を抑えた滑らかな表現が可能となっている。

関連記事

最新ニュース

dp_hp_indigo_25k_epac_tn.jpg

HP社、デジタル軟包装サービスを展開するePacがHP Indigoデジタル印刷機26台を追加導入

2020年9月16日

 HP社(以下「HP」)は、デジタル軟包装市場のリーディング企業の1社であるePac Flexible Packaging(以下「ePac」)が、HP Indigoデジタル印刷機26台...全文を読む

dp_colorwave3800_tn.jpg

キヤノンMJとキヤノンPPS、広幅デジタルカラー複合機「ColorWave3600/3800」発売

2020年9月16日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、広幅デジタルカラー複合機「ColorWave3600/...全文を読む

drupa_d_20200910_dp_tn.jpg

drupa、デジタルサービス「drupa preview」でハイブリッド展開

2020年9月11日

 drupaは、「drupa preview」を10月からスタートさせ、デジタルサービスを拡充する。  実際に行われるメッセにデジタルコンテンツを融合させることで、drupaが開幕する...全文を読む

dp_ricoh_gp_tn.jpg

リコー、日印産連の「2020 GP資機材環境大賞・機材部門」受賞

2020年9月11日

 (株)リコーは、(一社)日本印刷産業連合会(日印産連)の2020グリーンプリンティング(GP)認定制度の表彰において、「2020 GP資機材環境大賞・機材部門」を受賞した。  日印産...全文を読む

goof_print4_dp_tn.jpg

グーフ、Print of Thingsサービス強化で印刷会社4社と資本業務提携

2020年9月10日

 (株)グーフ(本社/東京都品川区、岡本幸憲CEO)は、錦明印刷(株)(塚田司郎社長)、(株)研文社(網野勝彦社長)、(株)小松総合印刷(小松肇彦社長)、西川コミュニケーションズ(株)...全文を読む

新着トピックス

toshop_11000inkjetpress_tn.jpg

図書印刷、「DSR戦略」の新たな力に[11000 Inkjet Press導入事例]

2020年8月25日ケーススタディ

 図書印刷(株)(本社/東京都北区東十条3-10-36、川田和照社長)は2018年10月、主力生産拠点のひとつである沼津工場(静岡県沼津市大塚15)に、高速デジタル印刷・加工設備とWe...全文を読む

inouesougo_jetpress_tn.jpg

井上総合印刷、独創的提案で新規獲得[Jet Press 750S導入事例]

2020年8月18日ケーススタディ

 (株)井上総合印刷(栃木県宇都宮市岩曽町1355、井上加容子社長)は2020年2月、クライアントへの提案力強化のための新戦力として、B2サイズのインクジェットデジタルプレス「Jet ...全文を読む

dp_c14000_demo_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、高次元の自動化を実現〜多彩な後加工もワンパス処理

2020年8月4日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、今年6月17日よりデジタル印刷システムのカラー最上位機種「AccurioPress(アキュリオ プレス)C14000...全文を読む

キヤノン、成果物の多様化と作業の効率化を実現する旗艦モデル発売

2020年9月11日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの新製品として、「imagePRESS C10010VP/C9010VP」を10月中旬に発売する。
imagePRESS C10010VP
 「imagePRESS C10010VP/C9010VP」(出力速度はそれぞれ毎分100枚、毎分90枚。ともにA4ヨコ)は、従来機種の高画質・高信頼性・高生産性を継承し、さらに長尺用紙や厚紙、合成紙などの用紙への対応力を強化している。

 用紙の搬送力向上により、400g/平米までの厚紙に対応可能となり、重厚で高級感のある名刺やポストカードなども作成できる。また、合成紙への対応も強化し、耐水・耐久性が求められる飲食店のメニューなどの印刷も可能。

 用紙の安定した搬送を実現するために、用紙搬送路を直線にしたストレートパスを採用。これにより最長1300mm(片面)までの長尺用紙に対応し、長尺POPや中吊りポスターなどを作成することが可能。また、最長762mmまでの長尺用紙の自動両面印刷に対応することで、A4サイズ3面の見開き折りのメニューやパンフレットなどの両面印刷物も容易に作成できる。

 さらに、「PODデッキライトXL-A2」(2020年10月下旬発売)との接続で最長762mmの長尺用紙(300g/平米)を1,000枚まで給紙でき、大量の長尺用紙の連続印刷を可能としている。
「PODデッキライト XL-A2」装着時
 また、用紙の種類により搬送経路を変えるデュアル定着システムを採用により、厚さの異なる用紙が混在する冊子やパンフレットなども出力速度を落とすことなく印刷可能。加えて内蔵の分光センサーにより、ボタンを押すだけで簡単に色味の確認やエンジン/コントローラーの色味調整ができ、測色器による測色の手間を削減する。

 32本の赤色マルチレーザーを照射する「R-VCSEL(Red-Vertical Cavity Surface Emitting Laser)」を採用したレーザースキャナーを搭載することにより、プリント解像度2,400dpi×2,400dpiの高精細な画質を実現。これにより文字や細線の忠実な再現や、粒状感を抑えた滑らかな表現が可能となっている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP