キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • キヤノン、成果物の多様化と作業の効率化を実現する旗艦モデル発売

キヤノン、成果物の多様化と作業の効率化を実現する旗艦モデル発売

2020年9月11日ニュース

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの新製品として、「imagePRESS C10010VP/C9010VP」を10月中旬に発売する。
imagePRESS C10010VP
 「imagePRESS C10010VP/C9010VP」(出力速度はそれぞれ毎分100枚、毎分90枚。ともにA4ヨコ)は、従来機種の高画質・高信頼性・高生産性を継承し、さらに長尺用紙や厚紙、合成紙などの用紙への対応力を強化している。

 用紙の搬送力向上により、400g/平米までの厚紙に対応可能となり、重厚で高級感のある名刺やポストカードなども作成できる。また、合成紙への対応も強化し、耐水・耐久性が求められる飲食店のメニューなどの印刷も可能。

 用紙の安定した搬送を実現するために、用紙搬送路を直線にしたストレートパスを採用。これにより最長1300mm(片面)までの長尺用紙に対応し、長尺POPや中吊りポスターなどを作成することが可能。また、最長762mmまでの長尺用紙の自動両面印刷に対応することで、A4サイズ3面の見開き折りのメニューやパンフレットなどの両面印刷物も容易に作成できる。

 さらに、「PODデッキライトXL-A2」(2020年10月下旬発売)との接続で最長762mmの長尺用紙(300g/平米)を1,000枚まで給紙でき、大量の長尺用紙の連続印刷を可能としている。
「PODデッキライト XL-A2」装着時
 また、用紙の種類により搬送経路を変えるデュアル定着システムを採用により、厚さの異なる用紙が混在する冊子やパンフレットなども出力速度を落とすことなく印刷可能。加えて内蔵の分光センサーにより、ボタンを押すだけで簡単に色味の確認やエンジン/コントローラーの色味調整ができ、測色器による測色の手間を削減する。

 32本の赤色マルチレーザーを照射する「R-VCSEL(Red-Vertical Cavity Surface Emitting Laser)」を採用したレーザースキャナーを搭載することにより、プリント解像度2,400dpi×2,400dpiの高精細な画質を実現。これにより文字や細線の忠実な再現や、粒状感を抑えた滑らかな表現が可能となっている。

最新ニュース

dp_sc_t7750d_tn.jpg

エプソン、レッドインクやグレーインクを搭載したSureColorシリーズの6色モデル発売

2021年7月5日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター SureColorシリーズ新商品として、本体とスタンドが一体となったスタイリッシュなデザインで、鮮やかな赤を含むPOPポスター...全文を読む

dp_sc_f10050h_tn.jpg

エプソン、6色インク搭載で高画質と高速プリントを両立した昇華転写プリンター発売

2021年7月5日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター SureColorシリーズ新商品として、6色インクを搭載し、粒状感の少ない美しい高画質と高速プリントを両立した76インチ対応の...全文を読む

dp_cf168_tn.jpg

富士フイルムビジネスイノベーション、新ブランドの基幹業務用モノクロ高速連帳プリンター発売

2021年7月1日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(本社/東京都港区、真茅久則社長・CEO)は、プロダクション関連商品の新たなブランド「Revoria(レヴォリア)」より、コンピュータープリン...全文を読む

dp_ccl_35k_tn.jpg

HP、ラベル・パッケージソリューションを提供するCCLが100台目のHP Indigoを導入

2021年7月1日

 HP(米国)は、CCL Industries Inc.(以下、「CCL」)が100台目となるHP Indigoデジタル印刷機を導入したことを発表した。  CCLは、グローバル企業、政...全文を読む

dp_healthya_tn.jpg

リコー、可変情報印字を可能とするインライン高速印刷ソリューションを発売

2021年6月29日

 (株)リコーは、高速生産ラインの速度に追従しながら可変情報印字を可能とするインライン(生産工程)プリンティングソリューション「RICOH FC-LDA Printer 500」の発売...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

キヤノン、成果物の多様化と作業の効率化を実現する旗艦モデル発売

2020年9月11日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの新製品として、「imagePRESS C10010VP/C9010VP」を10月中旬に発売する。
imagePRESS C10010VP
 「imagePRESS C10010VP/C9010VP」(出力速度はそれぞれ毎分100枚、毎分90枚。ともにA4ヨコ)は、従来機種の高画質・高信頼性・高生産性を継承し、さらに長尺用紙や厚紙、合成紙などの用紙への対応力を強化している。

 用紙の搬送力向上により、400g/平米までの厚紙に対応可能となり、重厚で高級感のある名刺やポストカードなども作成できる。また、合成紙への対応も強化し、耐水・耐久性が求められる飲食店のメニューなどの印刷も可能。

 用紙の安定した搬送を実現するために、用紙搬送路を直線にしたストレートパスを採用。これにより最長1300mm(片面)までの長尺用紙に対応し、長尺POPや中吊りポスターなどを作成することが可能。また、最長762mmまでの長尺用紙の自動両面印刷に対応することで、A4サイズ3面の見開き折りのメニューやパンフレットなどの両面印刷物も容易に作成できる。

 さらに、「PODデッキライトXL-A2」(2020年10月下旬発売)との接続で最長762mmの長尺用紙(300g/平米)を1,000枚まで給紙でき、大量の長尺用紙の連続印刷を可能としている。
「PODデッキライト XL-A2」装着時
 また、用紙の種類により搬送経路を変えるデュアル定着システムを採用により、厚さの異なる用紙が混在する冊子やパンフレットなども出力速度を落とすことなく印刷可能。加えて内蔵の分光センサーにより、ボタンを押すだけで簡単に色味の確認やエンジン/コントローラーの色味調整ができ、測色器による測色の手間を削減する。

 32本の赤色マルチレーザーを照射する「R-VCSEL(Red-Vertical Cavity Surface Emitting Laser)」を採用したレーザースキャナーを搭載することにより、プリント解像度2,400dpi×2,400dpiの高精細な画質を実現。これにより文字や細線の忠実な再現や、粒状感を抑えた滑らかな表現が可能となっている。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP