キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • リコージャパン、カラープロダクションプリンターのフラッグシップモデ...

リコージャパン、カラープロダクションプリンターのフラッグシップモデルがUVニス圧着ハガキに対応

訴求力の高いダイレクトメールを低コストでオンデマンド印刷による生産が可能に

2021年3月8日ニュース

 リコージャパン(株)(坂主智弘社長)は、カラープロダクションプリンターのフラッグシップモデル「RICOH Pro C9210/C9200」を用いてV折りやZ折りのハガキをUVニスで圧着することを可能にした。これにより、情報量が多く訴求力の高いダイレクトメールなどもカラープロダクションプリンターを生産機とした低コストのオンデマンド印刷が可能となる。
RICOH Pro C9210(オプション装着)
 新型コロナウイルスの感染拡大により、営業活動において、顧客への訪問活動が制限されるなか、販売促進の手段の一つとしてダイレクトメールの活用ニーズが拡大している。とくに近年は、顧客の宛名や住所のほか、属性や指向にあわせて訴求したい情報を差し替えたOne to Oneマーケティングが広がっている。また、見積もり依頼などをWebサイトで登録した顧客に対して速やかにダイレクトメールを送付するために、多品種小ロット印刷が可能なプリントオンデマンド(POD)機の活用が拡大している。

 圧着ハガキを作成するための圧着方式には、UVニス圧着のほか、PPフィルム圧着やフチ糊圧着がある。これまでカラープロダクションプリンターで印刷し、UVニス圧着ハガキ加工を行うと印刷面が剥離しやすく、圧着時の強度などに課題があった。

 今回、リコーのカラープロダクションプリンター「RICOH Pro C9210/C9200」に広瀬鉄工社のニスコーター「広瀬鉄工製SAC-18」や互応化学工業社のUV圧着ニス「プラスサイズOP-5267」といった各社の汎用性の高い市販品を組み合わせることで、UVニス圧着を可能とした。PPフィルム圧着と比べてコスト面で優位なほか、環境対応の一環で一部の自治体で求められているハガキとPPフィルムの分別廃棄の手間がかからないため、より手軽に圧着ハガキを活用できる。

最新ニュース

knowledge_place_osaka_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、ニューノーマル対応の新ショールーム開設

2021年4月7日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(安藤博教社長)は、本社(大阪市中央区玉造)R&Dセンター敷地内に新たな施設「ナレッジプラス大阪」を開設。4月6日に開所式が執り行われた。  ...全文を読む

dp_metal_semina_tn.jpg

リコージャパン、新色のゴールドとシルバーの活用方法を紹介するオンラインイベント開催

2021年4月6日

 リコージャパン(株)は4月14日、「ゴールドとシルバーも加わった、色とりどりの特色トナーの世界!」と題したオンラインイベントを開催する。  同社では今年2月より、5色目が使えるミドル...全文を読む

fujifilm20210331_dp_tn.jpg

富士フイルム、グラフィック事業領域で新組織設立 - 新規ビジネス創出加速へ

2021年3月31日

 富士フイルムホールディングス(株)(助野健児社長)は、ヘルスケア、イメージング、グラフィックそれぞれの事業領域において、さらなるシナジーと新規ビジネス創出を加速させるために新組織を設...全文を読む

dp_ipa_hyosyo_tn.jpg

富士ゼロックス、2020年度「イノベーション・プリント・アワード」表彰式をオンラインで開催

2021年3月30日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は3月26日、東京・中野坂上のショウルーム「グラフィック コミュニケーション サービス東京」において、2020年度「Innovation Prin...全文を読む

swissQprint、UVプリントインクにネオンカラーを追加

2021年3月26日

 swissQprintは、UVプリントインクにネオンカラーを追加した。同インクは、swissQprintのすべてのLEDモデルに搭載可能で、すでに販売を開始している。  ネオンカラー...全文を読む

新着トピックス

K・Dサービス、段ボール×デジタル印刷技術でSDGsの実現へ

2021年4月6日スペシャリスト

 「段ボールというマテリアルの優位性を社会にアピールし、様々な商品の素材を段ボールに切り替えることのメリットを周知していきたい」。K・Dサービス(株)池田大樹社長が掲げてきたこの構想が...全文を読む

dp_levit_tn.jpg

HP、コロナ禍の逆風をデジタル技術で追い風に

2021年4月5日企業・経営

 2020年、新型コロナウイルス感染症の猛威は、国や地域を問わず、多くの社会・経済に深刻なダメージを与えた。その激変する市場環境において、ワールドワイドで事業を展開するHP社(本社/米...全文を読む

dp_proc7200s_silver_tn.jpg

リコージャパン、スペシャルカラーにゴールドとシルバー追加

2021年4月1日製品・テクノロジー

 従来のCMYKの4色トナーに加え、ホワイト、クリア、ネオンイエロー、ネオンピンク、インビジブルレッドのスペシャルカラーで印刷物の付加価値創造を支援してきたリコーのカラープロダクション...全文を読む

リコージャパン、カラープロダクションプリンターのフラッグシップモデルがUVニス圧着ハガキに対応

訴求力の高いダイレクトメールを低コストでオンデマンド印刷による生産が可能に

2021年3月8日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 リコージャパン(株)(坂主智弘社長)は、カラープロダクションプリンターのフラッグシップモデル「RICOH Pro C9210/C9200」を用いてV折りやZ折りのハガキをUVニスで圧着することを可能にした。これにより、情報量が多く訴求力の高いダイレクトメールなどもカラープロダクションプリンターを生産機とした低コストのオンデマンド印刷が可能となる。
RICOH Pro C9210(オプション装着)
 新型コロナウイルスの感染拡大により、営業活動において、顧客への訪問活動が制限されるなか、販売促進の手段の一つとしてダイレクトメールの活用ニーズが拡大している。とくに近年は、顧客の宛名や住所のほか、属性や指向にあわせて訴求したい情報を差し替えたOne to Oneマーケティングが広がっている。また、見積もり依頼などをWebサイトで登録した顧客に対して速やかにダイレクトメールを送付するために、多品種小ロット印刷が可能なプリントオンデマンド(POD)機の活用が拡大している。

 圧着ハガキを作成するための圧着方式には、UVニス圧着のほか、PPフィルム圧着やフチ糊圧着がある。これまでカラープロダクションプリンターで印刷し、UVニス圧着ハガキ加工を行うと印刷面が剥離しやすく、圧着時の強度などに課題があった。

 今回、リコーのカラープロダクションプリンター「RICOH Pro C9210/C9200」に広瀬鉄工社のニスコーター「広瀬鉄工製SAC-18」や互応化学工業社のUV圧着ニス「プラスサイズOP-5267」といった各社の汎用性の高い市販品を組み合わせることで、UVニス圧着を可能とした。PPフィルム圧着と比べてコスト面で優位なほか、環境対応の一環で一部の自治体で求められているハガキとPPフィルムの分別廃棄の手間がかからないため、より手軽に圧着ハガキを活用できる。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP