キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • セイコーエプソン、インクジェット双方向印刷における印刷ムラ低減法の...

セイコーエプソン、インクジェット双方向印刷における印刷ムラ低減法の発明が全国発明表彰「文部科学大臣賞」

2022年6月1日ニュース

 セイコーエプソン(株)の「インクジェット双方向印刷における印刷ムラ低減法の発明(特許第4635762号)」が、このほど(公社)発明協会が主催する令和4年度全国発明表彰において「文部科学大臣賞」を受賞した。同社が同賞を受賞したのは、平成18年度の「プリチャージ駆動方式の液晶表示装置の発明(特許第2669418号)」以来2回目、また、全国発明表彰における受賞は、昨年の「内閣総理大臣賞」に続いて2年連続となる。

 全国発明表彰は、日本における優れた発明・意匠を完成した者、並びに発明の実施及び奨励に関し、功績のあった方々を顕彰することにより発明の奨励・育成を図り、我が国科学技術の向上と産業の振興に寄与することを目的に開催されるもの。
 
 今回受賞した文部科学大臣賞は、科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ顕著な実施効果を挙げている発明などを対象とする第1表彰区分において、恩賜発明賞、内閣総理大臣賞に次ぐ賞となる。
同発明と従来技術におけるドット配置と印刷結果の比較例
 今回表彰の対象となった発明は、プリントヘッドを往復走査する双方向印刷を行うインクジェットプリンターにおいて、往走査と復走査の各走査でのインク吐出により形成されるドットパターンをおのおののドット分布に偏りがないように分散配置することによって、双方向印刷時の画像ざらつき発生を防止した技術が評価された。同技術により、ホーム・ビジネス、写真、商業産業のさまざまな分野への高速・高画質印刷のインクジェットプリンターの提供を実現した。

 なお、表彰式は6月30日、The Okura Tokyo(東京都港区)において開催される予定。

最新ニュース

dp_bli_tn.jpg

富士フイルムBI、ハイエンドモデル「Revoria Press PC1120」がBLI 2022 PRO Award受賞

2022年6月24日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(浜直樹社長・CEO)は、プロダクションカラープリンター「Revoria Press PC1120」が、ビジネスユーザー向け印刷機器の独立評...全文を読む

dp_ml_32000_tn.jpg

エプソン、高生産性と高い印捺品質・安定稼働を実現したインクジェットデジタル捺染機発売

2022年6月23日

 エプソンは、インクジェットデジタル捺染機Monna Lisa(モナリザ)シリーズの新商品として、高生産性と高い印捺品質、安定稼働を実現した「ML-32000」の発売を6月22日より開...全文を読む

toppanf20220623_dp_tn.jpg

トッパン・フォームズ、小ロット対応のセキュリティプリントサービス開発

2022年6月23日

 トッパン・フォームズ(株)は、偽造防止効果が得られるセキュリティプリントサービス「ヒドンワードII」の販売を開始した。  複合機などでコピーをすると「COPY」などの隠し文字が現れる...全文を読む

kodak_prosper_7000_dp_tn.jpg

コダック社、毎分最大410mのIJウェブプレス「PROSPER7000 Turbo Press」発表

2022年6月17日

 コダック社は、オハイオ州デイトンのインクジェットR&D/デモセンターにおいて「KODAK PROSPER7000 Turbo Press」を発表した。  Streamインクジェットテ...全文を読む

dp_gia_tn.jpg

コニカミノルタ、バーチャルショールームプラットフォームがドイツイノベーションアワード2022受賞

2022年6月17日

 コニカミノルタ(株)は、このほど欧州地域の統括販売会社であるコニカミノルタヨーロッパとリーニエンフルークデザイン社が、プロフェッショナルプリント事業におけるバーチャルショールームプラ...全文を読む

新着トピックス

shiseisya_nishikawap_tn.jpg

新星社西川印刷、立体表現で新事業領域へ - 創造力に寄り添う大判インクジェット事業

2022年6月24日ケーススタディ

 「古き良きアナログの精神と技術を受け継ぎ、進化し続けるデジタルとの融合を目指す」─商業印刷の新星社西川印刷(株)(本社/東京都台東区松が谷4-26-4、西川晴重社長)は今年2月、アグ...全文を読む

medic_dp_tn.jpg

メディック、商業施設の「賑わい空間づくり」に貢献

2022年6月22日ケーススタディ

 チラシやポスター、POP、ウインドウシートなど、「販売促進」という幅広い事業領域において、大判インクジェットプリンタによるアウトプット・制作業務を手掛ける(株)メディック(本社/東京...全文を読む

dp_sirahashi_ipa2021_tn.jpg

白橋、若手の想像力をカタチに〜企画力が評価されIPA2021で入賞

2022年5月30日企業・経営

 (株)白橋(東京都中央区、白橋明夫社長)は、2021年度の「Innovation Print Awards(イノベーション・プリント・アワード、以下『IPA』)」において、「『non...全文を読む

セイコーエプソン、インクジェット双方向印刷における印刷ムラ低減法の発明が全国発明表彰「文部科学大臣賞」

2022年6月1日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 セイコーエプソン(株)の「インクジェット双方向印刷における印刷ムラ低減法の発明(特許第4635762号)」が、このほど(公社)発明協会が主催する令和4年度全国発明表彰において「文部科学大臣賞」を受賞した。同社が同賞を受賞したのは、平成18年度の「プリチャージ駆動方式の液晶表示装置の発明(特許第2669418号)」以来2回目、また、全国発明表彰における受賞は、昨年の「内閣総理大臣賞」に続いて2年連続となる。

 全国発明表彰は、日本における優れた発明・意匠を完成した者、並びに発明の実施及び奨励に関し、功績のあった方々を顕彰することにより発明の奨励・育成を図り、我が国科学技術の向上と産業の振興に寄与することを目的に開催されるもの。
 
 今回受賞した文部科学大臣賞は、科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ顕著な実施効果を挙げている発明などを対象とする第1表彰区分において、恩賜発明賞、内閣総理大臣賞に次ぐ賞となる。
同発明と従来技術におけるドット配置と印刷結果の比較例
 今回表彰の対象となった発明は、プリントヘッドを往復走査する双方向印刷を行うインクジェットプリンターにおいて、往走査と復走査の各走査でのインク吐出により形成されるドットパターンをおのおののドット分布に偏りがないように分散配置することによって、双方向印刷時の画像ざらつき発生を防止した技術が評価された。同技術により、ホーム・ビジネス、写真、商業産業のさまざまな分野への高速・高画質印刷のインクジェットプリンターの提供を実現した。

 なお、表彰式は6月30日、The Okura Tokyo(東京都港区)において開催される予定。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP