キーワードで検索

コダック社、毎分最大410mのIJウェブプレス「PROSPER7000 Turbo Press」発表

2022年6月17日ニュース

 コダック社は、オハイオ州デイトンのインクジェットR&D/デモセンターにおいて「KODAK PROSPER7000 Turbo Press」を発表した。

KODAK PROSPER7000 Turbo Press

 Streamインクジェットテクノロジーにより、毎分最大410m(毎分1,345フィート)、またはA4用紙で毎分最大5,523枚という印刷速度を実現したインクジェットウェブプレス。これは類似・競合製品と比較して約35%高速で、「商業印刷、出版印刷、新聞印刷を手掛ける各印刷会社が、より多くのロングランジョブを従来の印刷プロセスからインクジェット印刷へ移行できる」としている。

 また、アプリケーションや用紙の多様性も大きな特長。ロール紙幅最大648ミリ(25.5インチ)、可変カットオフレングス最大1,372ミリ(54インチ)で、コート紙、上質紙、新聞用紙、特殊紙、再生紙など幅広い用紙に対応する。

 また、3種類の最適化された印刷モードを搭載。印刷会社が生産プロセスを最適化し、常に最高のスピードと解像度で印刷することをサポートする。クオリティーモードは、200lpi(80L/センチ)のスクリーン線数を使用してオフセット印刷とほぼ同等の仕上がりで、ダイレクトメール、カタログ、雑誌などに適している。パフォーマンスモード(オフセット換算133lpi/52L/センチ)は教科書や小説本など、中等度の合計インク量のアプリケーションに適し、またターボモード(85〜100lpi/<40L/センチ)は合計インク量の少ない新聞印刷に適している。

 インクは、環境に優しいKODAK水性ナノ粒子顔料系CMYKインクを使用。幅広い色域を提供し、独自のインク配合により、最速で印刷する場合も効率よく乾燥する。また、近赤外線(NIR)技術を使用したステーション間乾燥機能を搭載している。

 さらに、全ページをモニタリングし、スティッチ、色見当、表裏見当の最適化を自動で行うコダックインテリジェントプリントシステム(IPS)を採用している。

 「サプライチェーンの問題が今後もプリプレスのコストを増加させるため、オフセットを補完するものとして、デジタルテクノロジーはますます重要になる。この新しい印刷機は、業界が進化する中でお客様の成功を支援するイノベーションに投資していくという、我々のコミットメントを表している」(エグゼクティブチェアマン兼CEO ジム・コンティネンザ氏)

最新ニュース

dp_bli_tn.jpg

富士フイルムBI、ハイエンドモデル「Revoria Press PC1120」がBLI 2022 PRO Award受賞

2022年6月24日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(浜直樹社長・CEO)は、プロダクションカラープリンター「Revoria Press PC1120」が、ビジネスユーザー向け印刷機器の独立評...全文を読む

dp_ml_32000_tn.jpg

エプソン、高生産性と高い印捺品質・安定稼働を実現したインクジェットデジタル捺染機発売

2022年6月23日

 エプソンは、インクジェットデジタル捺染機Monna Lisa(モナリザ)シリーズの新商品として、高生産性と高い印捺品質、安定稼働を実現した「ML-32000」の発売を6月22日より開...全文を読む

toppanf20220623_dp_tn.jpg

トッパン・フォームズ、小ロット対応のセキュリティプリントサービス開発

2022年6月23日

 トッパン・フォームズ(株)は、偽造防止効果が得られるセキュリティプリントサービス「ヒドンワードII」の販売を開始した。  複合機などでコピーをすると「COPY」などの隠し文字が現れる...全文を読む

dp_gia_tn.jpg

コニカミノルタ、バーチャルショールームプラットフォームがドイツイノベーションアワード2022受賞

2022年6月17日

 コニカミノルタ(株)は、このほど欧州地域の統括販売会社であるコニカミノルタヨーロッパとリーニエンフルークデザイン社が、プロフェッショナルプリント事業におけるバーチャルショールームプラ...全文を読む

dp_artbook2022_tn.jpg

富士フイルムBI、最新デジタル印刷技術を活用して制作されたアートブックを展示する企画展開催

2022年6月8日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(富士フイルムBI)は、時代を切り拓くアーティストたちが、富士フイルムグループの最新のデジタル印刷技術を活用して制作された個性あふれるアートブ...全文を読む

新着トピックス

shiseisya_nishikawap_tn.jpg

新星社西川印刷、立体表現で新事業領域へ - 創造力に寄り添う大判インクジェット事業

2022年6月24日ケーススタディ

 「古き良きアナログの精神と技術を受け継ぎ、進化し続けるデジタルとの融合を目指す」─商業印刷の新星社西川印刷(株)(本社/東京都台東区松が谷4-26-4、西川晴重社長)は今年2月、アグ...全文を読む

medic_dp_tn.jpg

メディック、商業施設の「賑わい空間づくり」に貢献

2022年6月22日ケーススタディ

 チラシやポスター、POP、ウインドウシートなど、「販売促進」という幅広い事業領域において、大判インクジェットプリンタによるアウトプット・制作業務を手掛ける(株)メディック(本社/東京...全文を読む

dp_sirahashi_ipa2021_tn.jpg

白橋、若手の想像力をカタチに〜企画力が評価されIPA2021で入賞

2022年5月30日企業・経営

 (株)白橋(東京都中央区、白橋明夫社長)は、2021年度の「Innovation Print Awards(イノベーション・プリント・アワード、以下『IPA』)」において、「『non...全文を読む

コダック社、毎分最大410mのIJウェブプレス「PROSPER7000 Turbo Press」発表

2022年6月17日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 コダック社は、オハイオ州デイトンのインクジェットR&D/デモセンターにおいて「KODAK PROSPER7000 Turbo Press」を発表した。

KODAK PROSPER7000 Turbo Press

 Streamインクジェットテクノロジーにより、毎分最大410m(毎分1,345フィート)、またはA4用紙で毎分最大5,523枚という印刷速度を実現したインクジェットウェブプレス。これは類似・競合製品と比較して約35%高速で、「商業印刷、出版印刷、新聞印刷を手掛ける各印刷会社が、より多くのロングランジョブを従来の印刷プロセスからインクジェット印刷へ移行できる」としている。

 また、アプリケーションや用紙の多様性も大きな特長。ロール紙幅最大648ミリ(25.5インチ)、可変カットオフレングス最大1,372ミリ(54インチ)で、コート紙、上質紙、新聞用紙、特殊紙、再生紙など幅広い用紙に対応する。

 また、3種類の最適化された印刷モードを搭載。印刷会社が生産プロセスを最適化し、常に最高のスピードと解像度で印刷することをサポートする。クオリティーモードは、200lpi(80L/センチ)のスクリーン線数を使用してオフセット印刷とほぼ同等の仕上がりで、ダイレクトメール、カタログ、雑誌などに適している。パフォーマンスモード(オフセット換算133lpi/52L/センチ)は教科書や小説本など、中等度の合計インク量のアプリケーションに適し、またターボモード(85〜100lpi/<40L/センチ)は合計インク量の少ない新聞印刷に適している。

 インクは、環境に優しいKODAK水性ナノ粒子顔料系CMYKインクを使用。幅広い色域を提供し、独自のインク配合により、最速で印刷する場合も効率よく乾燥する。また、近赤外線(NIR)技術を使用したステーション間乾燥機能を搭載している。

 さらに、全ページをモニタリングし、スティッチ、色見当、表裏見当の最適化を自動で行うコダックインテリジェントプリントシステム(IPS)を採用している。

 「サプライチェーンの問題が今後もプリプレスのコストを増加させるため、オフセットを補完するものとして、デジタルテクノロジーはますます重要になる。この新しい印刷機は、業界が進化する中でお客様の成功を支援するイノベーションに投資していくという、我々のコミットメントを表している」(エグゼクティブチェアマン兼CEO ジム・コンティネンザ氏)

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP