キーワードで検索

富士フイルムBI、ハイエンドモデル「Revoria Press PC1120」がBLI 2022 PRO Award受賞

1パス6色印刷の色域表現が「ハイボリューム CMYK+機」部門で史上初の最高評価獲得

2022年6月24日ニュース

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(浜直樹社長・CEO)は、プロダクションカラープリンター「Revoria Press PC1120」が、ビジネスユーザー向け印刷機器の独立評価機関である米国のKeypoint Intelligence社より「Buyers Lab(BLI) 2022 PRO Award」をハイボリューム CMYK+機部門で受賞したことを発表した。
ハイボリュームCMYK+機部門で史上初となる最高評価の5つ星を獲得
 「Buyers Lab PRO Award」は、Keypoint Intelligence社が実施する印刷機器の評価において、生産性、画質、操作性、用紙対応力などの項目の合計点で、最高点を獲得した製品に授与されるもの。「Revoria Press PC1120」は、1パス6色プリントエンジンを搭載し、一度のプリントで多彩な色を表現できることから、色の再現性が、とくに優れていることが評価された。中でも、印刷可能な色域の広さの評価では、ハイボリュームCMYK+機部門で史上初となる最高評価の5つ星を獲得。また、色の再現性を計るPANTONEマッチング分析では、難易度が最も高い色域をより忠実に再現した点が評価されたことに加え、色の濃淡を微細な網点で表すハーフトーン画像の描画においても高評価を得ている。
Revoria Press PC1120
 「Revoria Press PC1120」は、120ページ/分(A4ヨコ)の高速プリント、2,400dpiの出力解像度と業界最小クラスのトナー粒径を有するSuper EA-Ecoトナーにより高精細・高画質を実現したプロダクションカラープリンター。1パス6色プリントエンジンを採用し、CMYKトナーに加えて、ゴールド、シルバー、クリア、ホワイト、ピンク、カスタムレッドといった特殊トナーから最大2色を搭載できる。これによりメタリックカラーや肌の自然な質感表現など、付加価値の高い印刷を実現し、デジタル印刷にかつてない表現力をもたらす。

 なお、同社のプロダクションカラープリンターが同賞を受賞するのは、2021年の「Versant 3100i Press」に続き今回が2機種目となる。

最新ニュース

dp_is29s_in_tn.jpg

KOMORI、29インチ枚葉UVインクジェット「インプレミアIS29s」のデモ動画を公開

2022年8月9日

(株)小森コーポレーションが運営するYouTubeチャンネル「Komori Japan」では、新たな動画コンテンツとして「2022 KOMORI特別内覧会 インプレミアIS29s」の配...全文を読む

mimaki_digipark_202207_dp_tn.jpg

ミマキ、長野・佐久市「デジファブパーク」に3Dプリンタで展示協力

2022年7月26日

 (株)ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、池田和明社長)は、7月23日から9月4日にかけて、佐久市子ども未来館(長野県)で開催される「デジファブパーク」に展示協力し、フルカラ...全文を読む

dp_hp10000cpo_cri_tn.jpg

日本HP、クリエイトに「HP Indigo 10000 CPOデジタル印刷機」を納入

2022年7月21日

 (株)日本HP(本社/東京都港区、岡戸伸樹社長)は、紙袋の製造、販売を行う(株)クリエイト(本社/大阪府大阪市、谷元進社長、以下「クリエイト」)が、B2対応デジタル印刷機「HP In...全文を読む

dp_ac_dx_tn.jpg

コニカミノルタ、共創プラットフォーム「AccurioDX」の運用開始

2022年7月15日

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、大幸利充社長)は7月7日、デジタル印刷で人と企業のコミュニケーションを革新する共創プラットフォーム「AccurioDX(アキュリオディーエ...全文を読む

dj_atomi_indigo_7900_tn.jpg

アトミ、クリエイティブ力の強化を目的に「HP Indigo 7900デジタル印刷機」導入

2022年7月6日

 (株)アトミ(本社/東京都小平市、髙橋学社長)は、(株)日本HP(本社/東京都港区、岡戸伸樹社長)のデジタル印刷機「HP Indigo 7900デジタル印刷機」を今年4月に新規導入し...全文を読む

新着トピックス

ffgs_sdgs22_maeda_tn.jpg

FFGS、持続可能な印刷産業を目指すために - 最優先課題は「人材育成」

2022年8月9日企業・経営

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(山田周一郎社長、以下「FFGS」)では、印刷会社およそ60社に対して「持続可能な印刷産業を目指すために何が必要か」をテーマとしたヒ...全文を読む

create_hp_indigocpo_tn.jpg

クリエイト、紙袋分野でIndigo 10000 CPOモデル導入[HP認定中古機販売プログラム活用]

2022年8月8日ケーススタディ

 Web上でオリジナル紙袋を受注販売する(株)クリエイト(大阪市城東区鴫野東3-28-12、谷元進社長)は今年7月初旬、HP認定中古機販売プログラム(CPOプログラム)を通じてB2サイ...全文を読む

koenigandbauer_interview2022_tn.jpg

インタビュー|Koenig&Bauer、大きなポテンシャル秘めるデジタル印刷市場

2022年8月3日スペシャリスト

 印刷機メーカーとして世界でもっとも長い歴史を持つドイツ・Koenig&Bauer社。200年以上にわたって革新的な技術やオーダーメイドのプロセス、そして多彩なサービスプログラムによっ...全文を読む

富士フイルムBI、ハイエンドモデル「Revoria Press PC1120」がBLI 2022 PRO Award受賞

1パス6色印刷の色域表現が「ハイボリューム CMYK+機」部門で史上初の最高評価獲得

2022年6月24日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(浜直樹社長・CEO)は、プロダクションカラープリンター「Revoria Press PC1120」が、ビジネスユーザー向け印刷機器の独立評価機関である米国のKeypoint Intelligence社より「Buyers Lab(BLI) 2022 PRO Award」をハイボリューム CMYK+機部門で受賞したことを発表した。
ハイボリュームCMYK+機部門で史上初となる最高評価の5つ星を獲得
 「Buyers Lab PRO Award」は、Keypoint Intelligence社が実施する印刷機器の評価において、生産性、画質、操作性、用紙対応力などの項目の合計点で、最高点を獲得した製品に授与されるもの。「Revoria Press PC1120」は、1パス6色プリントエンジンを搭載し、一度のプリントで多彩な色を表現できることから、色の再現性が、とくに優れていることが評価された。中でも、印刷可能な色域の広さの評価では、ハイボリュームCMYK+機部門で史上初となる最高評価の5つ星を獲得。また、色の再現性を計るPANTONEマッチング分析では、難易度が最も高い色域をより忠実に再現した点が評価されたことに加え、色の濃淡を微細な網点で表すハーフトーン画像の描画においても高評価を得ている。
Revoria Press PC1120
 「Revoria Press PC1120」は、120ページ/分(A4ヨコ)の高速プリント、2,400dpiの出力解像度と業界最小クラスのトナー粒径を有するSuper EA-Ecoトナーにより高精細・高画質を実現したプロダクションカラープリンター。1パス6色プリントエンジンを採用し、CMYKトナーに加えて、ゴールド、シルバー、クリア、ホワイト、ピンク、カスタムレッドといった特殊トナーから最大2色を搭載できる。これによりメタリックカラーや肌の自然な質感表現など、付加価値の高い印刷を実現し、デジタル印刷にかつてない表現力をもたらす。

 なお、同社のプロダクションカラープリンターが同賞を受賞するのは、2021年の「Versant 3100i Press」に続き今回が2機種目となる。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP