キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • キヤノン、商業印刷向けB3サイズ対応インクジェット「varioPR...

キヤノン、商業印刷向けB3サイズ対応インクジェット「varioPRINT iX1700」発売

2023年10月13日ニュース

 キヤノンは、商業印刷向けB3サイズ対応インクジェットデジタルプレスの新製品として、「varioPRINT iX1700」を2024年4月に発売する。
varioPRINT ix1700
 「varioPRINT iX1700」は、A4サイズで毎分170枚、B3サイズで毎分73枚の高速印刷が可能なデジタル印刷機。新開発のインク循環機構搭載の高精細プリントヘッドと高濃度ラテックスインクの採用によって、高い稼働率を達成しながら高品位印刷に優位とされるオフセット印刷に迫る印刷品位を実現する。

 2,400×1,200dpiの高解像度を実現する新開発のプリントヘッドは、インク循環機構を搭載し、インクを吐出するノズル内のインク粘度を最適化。また、高度な加工技術によって精緻な流路を実現したことで、高密度で配置したノズル一つひとつの先端までインクが循環し、安定した印字ができる。さらに、所定の累計印刷時間ごとに自動でクリーニングを行うメンテナンスシステムでプリントヘッドのインク吐出部分を良好な状態に保つため、高い印刷品位で長時間の連続印刷が可能。

 広色域の印刷が可能な新開発のラテックスインクを採用。これによりオフセット印刷と同等の薄いインク層で、用紙の風合いを生かした印刷ができ、表面の質感に特徴のあるラフ紙を使用した冊子や鮮やかな画像が好まれるカタログなどの制作で高い表現力を発揮する。定着工程では、耐擦過性に優れた強固なラテックス膜が形成されるため、人手に触れる機会の多いメニューなどの印刷にも適している。
凹凸や光沢など用紙の風合いを生かした印刷サンプル(イメージ)
 さらに用紙の斜行と横位置のずれを同時に補正する新開発のレジ補正機構で、高い画像位置合わせ精度を達成している。また、給紙時に用紙の進行方向前側から空気を吹き付けるエア給紙システムにより、密着しやすいコート紙なども一枚ずつ搬送できるほか、進行方向後ろ側にもファンを追加したことで、長尺用紙などサイズの大きな用紙の分離性能も向上し、安定した用紙搬送を実現している。

最新ニュース

rolanddg_mo-240_dp_tn.jpg

ローランドDG、UVフラットベッドプリンター「VersaOBJECT MO-240」発売

2024年1月15日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、立体物にダイレクト印刷が行える「VersaOBJECT(バーサオブジェクト)」シリーズの新製品として、UV-LEDフラットベッドインクジェットプリ...全文を読む

dp_akita_epson_tn.jpg

秋田エプソン、インクジェットプリンター用ヘッド製造の新棟竣工

2023年12月25日

 セイコーエプソン(株)(以下、エプソン)のグループ会社である秋田エプソン(株)(以下、秋田エプソン)は、インクジェットプリンター用ヘッド(以下、プリントヘッド)の生産能力増強のため、...全文を読む

morisawafair24_dp_tn.jpg

モリサワ、「MORISAWA FAIR 2024」ハイブリッドで開催

2023年12月20日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は1月23日、本社(大阪市浪速区敷津東2-6-25)において恒例の新春イベント「MORISAWA FAIR 2024」を会場(オフライン)、オンラインの...全文を読む

mimaki_m2coa_dp_tn.jpg

ミマキ、アームロボ導入でオペレーターの作業時間を90%削減

2023年12月15日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、UVプリンタ製品と連動して自動的に印刷媒体を配置・回収し、オーダーグッズや工業製品のプリント工程を自動化するパッケージシステム「M2C...全文を読む

dp_z75_20231214_tn.jpg

リコー、B2サイズ対応の枚葉インクジェット「RICOH Pro Z75」発売開始

2023年12月15日

 (株)リコー(大山晃社長)は、国内商用印刷市場向けに枚葉式の高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」の発売を2023年12月19日に開始する。  新...全文を読む

新着トピックス

dp_fe_pc_tn.jpg

富士フイルムBI、DX実証の場へと進化した「Future Edge」

2024年1月11日企業・経営

 最新の大型インクジェットプリンターなどの生産設備と、IoT技術を活用した最先端の生産工場「FUJIFILM Smart Factory」を体感できる「Future Edge(フューチ...全文を読む

osakainsatsu_swiss_q_op2_23_tn.jpg

大阪印刷、swissQprint UV IJプリンタ「Oryx4」「Impala4」導入

2023年12月27日ケーススタディ

 同人誌印刷やアクリル商品で急成長する大阪印刷(株)(大阪市西淀川区御幣島5-5-23、根田貴裕社長)。コロナ禍の2021年売上は5億2,000万円ほどであったが、2023年は18億円...全文を読む

zip_dm23_sample_dp_tn.jpg

ジップ、年間3億通を封入発送〜独自のダイレクトマーケティング事業展開

2023年12月27日企業・経営

 「感動で繋がる」──年間3億通にのぼる郵便物の発送代行業務を手掛ける(株)ジップ(本社/岡山県瀬戸内市長船町長船301-11、三鍋英治社長)。通販事業をトータルにサポートする「ダイレ...全文を読む

キヤノン、商業印刷向けB3サイズ対応インクジェット「varioPRINT iX1700」発売

2023年10月13日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 キヤノンは、商業印刷向けB3サイズ対応インクジェットデジタルプレスの新製品として、「varioPRINT iX1700」を2024年4月に発売する。
varioPRINT ix1700
 「varioPRINT iX1700」は、A4サイズで毎分170枚、B3サイズで毎分73枚の高速印刷が可能なデジタル印刷機。新開発のインク循環機構搭載の高精細プリントヘッドと高濃度ラテックスインクの採用によって、高い稼働率を達成しながら高品位印刷に優位とされるオフセット印刷に迫る印刷品位を実現する。

 2,400×1,200dpiの高解像度を実現する新開発のプリントヘッドは、インク循環機構を搭載し、インクを吐出するノズル内のインク粘度を最適化。また、高度な加工技術によって精緻な流路を実現したことで、高密度で配置したノズル一つひとつの先端までインクが循環し、安定した印字ができる。さらに、所定の累計印刷時間ごとに自動でクリーニングを行うメンテナンスシステムでプリントヘッドのインク吐出部分を良好な状態に保つため、高い印刷品位で長時間の連続印刷が可能。

 広色域の印刷が可能な新開発のラテックスインクを採用。これによりオフセット印刷と同等の薄いインク層で、用紙の風合いを生かした印刷ができ、表面の質感に特徴のあるラフ紙を使用した冊子や鮮やかな画像が好まれるカタログなどの制作で高い表現力を発揮する。定着工程では、耐擦過性に優れた強固なラテックス膜が形成されるため、人手に触れる機会の多いメニューなどの印刷にも適している。
凹凸や光沢など用紙の風合いを生かした印刷サンプル(イメージ)
 さらに用紙の斜行と横位置のずれを同時に補正する新開発のレジ補正機構で、高い画像位置合わせ精度を達成している。また、給紙時に用紙の進行方向前側から空気を吹き付けるエア給紙システムにより、密着しやすいコート紙なども一枚ずつ搬送できるほか、進行方向後ろ側にもファンを追加したことで、長尺用紙などサイズの大きな用紙の分離性能も向上し、安定した用紙搬送を実現している。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP