キーワードで検索

ミマキ、3Dプリンタで世界初1,000万色以上のフルカラー造形

積層ピッチは最小20μm、ディテールまで再現できる精巧さ誇る

2018年4月3日製品・テクノロジー

Mimaki技術を結集。精巧な造形表現

▽2Dプリントで培った高い着弾精度
 業務用インクジェットプリンタ開発で培ってきた同社独自の波形コントロール技術と高精度なインク吐出技術により、狙った場所に正確にインクを着弾させる。
▽粒状感の少ない造形へ導くバリアブルドット機能
 3つのドットサイズにインクを打ち分けるバリアブルドット機能を搭載し、常に最適なドロップサイズで造形。粒状感の少ない美しいグラデーション表現や高精度なフルカラー造形が可能。
熊本城の天守閣(サンプル)

オーバーコート・穴あけも可能。優れた後加工性

 インクはアクリル系樹脂を使用し、ABS樹脂同等の強度を実現しているため、ドリル等を使用した穴あけやネジの取り付けが可能。また、オーバーコートも使用できるため、最終製品としてより美しく仕上げられるとともに、耐候性に優れ固定することが求められる看板用途などにも活用できる。

「造りやすさ」を追求したユーザビリティ

▽水に溶けるサポート材。手間なく、美しい仕上がりへ
 造形の過程で必要となるサポート材には、水溶性のサポート材インクを採用。水に浸けることでサポート材を除去でき、削り取る必要がない。繊細なデザインも造形物を破損することなく簡単にサポート材を除去できる。

ロスを最小限にとどめる安心運転サポート

▽インク循環ヘッドを搭載。ノズル抜けを軽減
 インクを循環させ、顔料の沈殿を防止する「循環ヘッド」を搭載することで、安定したインク吐出を実現。また、ノズル抜けの要因となる気泡をインクの循環により除去し、常に最適な状態でインク吐出を可能にする。
▽自動でノズル抜けを検出&解決する「NCU」
 「NCU」(Nozzle Check Unit)は、ノズルの状態を赤外線センサーが自動で検知。ノズル抜けを発見した場合は、自動でクリーニングを実施し、ノズル抜けの解消を行う。ノズルの状態を確認するタイミングは造形データごと、時間単位で設定が可能。ノズル抜け発生以降の造形物を無駄にすることを未然に防ぐ。
▽仕事を見守る監視用カメラユニット搭載
 3Dプリンタの動作状況、造形の進捗状況が遠隔地から確認できる「造形監視用カメラユニット」を搭載。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

ミマキ、3Dプリンタで世界初1,000万色以上のフルカラー造形

積層ピッチは最小20μm、ディテールまで再現できる精巧さ誇る

2018年4月3日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

Mimaki技術を結集。精巧な造形表現

▽2Dプリントで培った高い着弾精度
 業務用インクジェットプリンタ開発で培ってきた同社独自の波形コントロール技術と高精度なインク吐出技術により、狙った場所に正確にインクを着弾させる。
▽粒状感の少ない造形へ導くバリアブルドット機能
 3つのドットサイズにインクを打ち分けるバリアブルドット機能を搭載し、常に最適なドロップサイズで造形。粒状感の少ない美しいグラデーション表現や高精度なフルカラー造形が可能。
熊本城の天守閣(サンプル)

オーバーコート・穴あけも可能。優れた後加工性

 インクはアクリル系樹脂を使用し、ABS樹脂同等の強度を実現しているため、ドリル等を使用した穴あけやネジの取り付けが可能。また、オーバーコートも使用できるため、最終製品としてより美しく仕上げられるとともに、耐候性に優れ固定することが求められる看板用途などにも活用できる。

「造りやすさ」を追求したユーザビリティ

▽水に溶けるサポート材。手間なく、美しい仕上がりへ
 造形の過程で必要となるサポート材には、水溶性のサポート材インクを採用。水に浸けることでサポート材を除去でき、削り取る必要がない。繊細なデザインも造形物を破損することなく簡単にサポート材を除去できる。

ロスを最小限にとどめる安心運転サポート

▽インク循環ヘッドを搭載。ノズル抜けを軽減
 インクを循環させ、顔料の沈殿を防止する「循環ヘッド」を搭載することで、安定したインク吐出を実現。また、ノズル抜けの要因となる気泡をインクの循環により除去し、常に最適な状態でインク吐出を可能にする。
▽自動でノズル抜けを検出&解決する「NCU」
 「NCU」(Nozzle Check Unit)は、ノズルの状態を赤外線センサーが自動で検知。ノズル抜けを発見した場合は、自動でクリーニングを実施し、ノズル抜けの解消を行う。ノズルの状態を確認するタイミングは造形データごと、時間単位で設定が可能。ノズル抜け発生以降の造形物を無駄にすることを未然に防ぐ。
▽仕事を見守る監視用カメラユニット搭載
 3Dプリンタの動作状況、造形の進捗状況が遠隔地から確認できる「造形監視用カメラユニット」を搭載。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP