キーワードで検索

ミマキ、3Dプリンタで世界初1,000万色以上のフルカラー造形

積層ピッチは最小20μm、ディテールまで再現できる精巧さ誇る

2018年4月3日製品・テクノロジー

 (株)ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、池田和明社長)は昨年11月、1,000万色以上のフルカラー造形を実現するUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-553」を発売し、同社が業務用インクジェットプリンタ分野でイノベーターとして牽引してきたサイングラフィックス市場、インダストリアル・プロダクツ市場に向け、圧倒的な色表現と造形力で魅せる3Dプリンタとして訴求している。
3DUJ-553
 3Dプリンタ市場は、北米、ヨーロッパをはじめ世界中で拡大を続け、その用途は製造業を中心に教育、建築、医療といった分野へと広がりを見せている。同社が提案する3Dプリンタ「3DUJ-553」は、これまでの2Dの高画質業務用インクジェットプリンタ開発で培ってきた技術を活かし、世界初となる1,000万色以上のフルカラー造形を実現。造形後の色付けでは難しかった豊かな色彩表現により、立体造形のオブジェクト看板や建築模型といった最終製品用途で活用できる。

 造形には、UV硬化インクを使用。積層ピッチは最小20μmを実現し、ディテールまで再現できる精巧さを誇る。また、水溶性のサポート材インクを採用することで、繊細なデザインの場合でも造形物を破損させることなく、簡単にサポート材を除去することができる。

JapanColorに対して89%の色域をカバー

▽UV硬化インクジェット方式を採用
 UVインク(C、M、Y、K、ホワイト、クリア)を1層ずつプリントし、それを積み上げることで造形する「UV硬化インクジェット方式」を採用。造形後に着色するのではなく、カラーインクを使用して造形していくため美しいフルカラー表現が可能。
▽高発色なフルカラー造形
 カラーインクで造形・着色することでJapanColorに対して89%の色域をカバー。透明度の高いカラーインクで造形することで、外部からの光が白色インク層で反射し、白色インク層を背景に発色の良い造形を実現する。
▽世界初!色の再現性を高めるカラープロファイルを採用
 インクジェット方式3Dプリンタとしては世界初となるカラープロファイルを採用。Adobe Photoshopにカラーマネジメントソフト「MPM3」(オプション)で作成したカラーシュミレートプロファイルをインストールすることにより、PCのモニター上でプリント後の色が確認でき、モニター上の色と造形物の色を近づけることが可能。
▽フルカラーインク×クリアインクで、デザインをもっと自由に
 クリアインクを用いた透明表現はもちろん、クリアインクとカラーインクを同時に使用することで、半透明のカラー表現が可能。内部からライトを当てると見え方が変わる仕掛けサインなどにも使用できる。
お雛様(サンプル)

関連記事

新着トピックス

mediadruckwerk_dp_tn.jpg

メディアドルックヴェルク社(ドイツ)、Jet Press 750Sの品質・スピードの進化評価

2019年5月16日ケーススタディ

 ドイツの総合印刷会社・メディアドルックヴェルク社は、世界の先陣を切って、富士フイルムの最新枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入する。同社は、198...全文を読む

ffid_2_tn.jpg

フィード、商品企画の自由度拡大 〜 ホテルアメニティ分野で新たな価値

2019年4月26日ケーススタディ

【導入背景】小ロットの別注品ニーズにフレキソ印刷で対応  (株)フィード(福岡県遠賀郡遠賀町尾崎馬場久保、舟越丈夫社長)は、ホテルや旅館などの宿泊施設向けアメニティグッズをはじめ、化粧...全文を読む

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

ミマキ、3Dプリンタで世界初1,000万色以上のフルカラー造形

積層ピッチは最小20μm、ディテールまで再現できる精巧さ誇る

2018年4月3日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、池田和明社長)は昨年11月、1,000万色以上のフルカラー造形を実現するUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-553」を発売し、同社が業務用インクジェットプリンタ分野でイノベーターとして牽引してきたサイングラフィックス市場、インダストリアル・プロダクツ市場に向け、圧倒的な色表現と造形力で魅せる3Dプリンタとして訴求している。
3DUJ-553
 3Dプリンタ市場は、北米、ヨーロッパをはじめ世界中で拡大を続け、その用途は製造業を中心に教育、建築、医療といった分野へと広がりを見せている。同社が提案する3Dプリンタ「3DUJ-553」は、これまでの2Dの高画質業務用インクジェットプリンタ開発で培ってきた技術を活かし、世界初となる1,000万色以上のフルカラー造形を実現。造形後の色付けでは難しかった豊かな色彩表現により、立体造形のオブジェクト看板や建築模型といった最終製品用途で活用できる。

 造形には、UV硬化インクを使用。積層ピッチは最小20μmを実現し、ディテールまで再現できる精巧さを誇る。また、水溶性のサポート材インクを採用することで、繊細なデザインの場合でも造形物を破損させることなく、簡単にサポート材を除去することができる。

JapanColorに対して89%の色域をカバー

▽UV硬化インクジェット方式を採用
 UVインク(C、M、Y、K、ホワイト、クリア)を1層ずつプリントし、それを積み上げることで造形する「UV硬化インクジェット方式」を採用。造形後に着色するのではなく、カラーインクを使用して造形していくため美しいフルカラー表現が可能。
▽高発色なフルカラー造形
 カラーインクで造形・着色することでJapanColorに対して89%の色域をカバー。透明度の高いカラーインクで造形することで、外部からの光が白色インク層で反射し、白色インク層を背景に発色の良い造形を実現する。
▽世界初!色の再現性を高めるカラープロファイルを採用
 インクジェット方式3Dプリンタとしては世界初となるカラープロファイルを採用。Adobe Photoshopにカラーマネジメントソフト「MPM3」(オプション)で作成したカラーシュミレートプロファイルをインストールすることにより、PCのモニター上でプリント後の色が確認でき、モニター上の色と造形物の色を近づけることが可能。
▽フルカラーインク×クリアインクで、デザインをもっと自由に
 クリアインクを用いた透明表現はもちろん、クリアインクとカラーインクを同時に使用することで、半透明のカラー表現が可能。内部からライトを当てると見え方が変わる仕掛けサインなどにも使用できる。
お雛様(サンプル)

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP