キーワードで検索

ミマキ、3Dプリンタで世界初1,000万色以上のフルカラー造形

積層ピッチは最小20μm、ディテールまで再現できる精巧さ誇る

2018年4月3日製品・テクノロジー

 (株)ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、池田和明社長)は昨年11月、1,000万色以上のフルカラー造形を実現するUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-553」を発売し、同社が業務用インクジェットプリンタ分野でイノベーターとして牽引してきたサイングラフィックス市場、インダストリアル・プロダクツ市場に向け、圧倒的な色表現と造形力で魅せる3Dプリンタとして訴求している。
3DUJ-553
 3Dプリンタ市場は、北米、ヨーロッパをはじめ世界中で拡大を続け、その用途は製造業を中心に教育、建築、医療といった分野へと広がりを見せている。同社が提案する3Dプリンタ「3DUJ-553」は、これまでの2Dの高画質業務用インクジェットプリンタ開発で培ってきた技術を活かし、世界初となる1,000万色以上のフルカラー造形を実現。造形後の色付けでは難しかった豊かな色彩表現により、立体造形のオブジェクト看板や建築模型といった最終製品用途で活用できる。

 造形には、UV硬化インクを使用。積層ピッチは最小20μmを実現し、ディテールまで再現できる精巧さを誇る。また、水溶性のサポート材インクを採用することで、繊細なデザインの場合でも造形物を破損させることなく、簡単にサポート材を除去することができる。

JapanColorに対して89%の色域をカバー

▽UV硬化インクジェット方式を採用
 UVインク(C、M、Y、K、ホワイト、クリア)を1層ずつプリントし、それを積み上げることで造形する「UV硬化インクジェット方式」を採用。造形後に着色するのではなく、カラーインクを使用して造形していくため美しいフルカラー表現が可能。
▽高発色なフルカラー造形
 カラーインクで造形・着色することでJapanColorに対して89%の色域をカバー。透明度の高いカラーインクで造形することで、外部からの光が白色インク層で反射し、白色インク層を背景に発色の良い造形を実現する。
▽世界初!色の再現性を高めるカラープロファイルを採用
 インクジェット方式3Dプリンタとしては世界初となるカラープロファイルを採用。Adobe Photoshopにカラーマネジメントソフト「MPM3」(オプション)で作成したカラーシュミレートプロファイルをインストールすることにより、PCのモニター上でプリント後の色が確認でき、モニター上の色と造形物の色を近づけることが可能。
▽フルカラーインク×クリアインクで、デザインをもっと自由に
 クリアインクを用いた透明表現はもちろん、クリアインクとカラーインクを同時に使用することで、半透明のカラー表現が可能。内部からライトを当てると見え方が変わる仕掛けサインなどにも使用できる。
お雛様(サンプル)

関連記事

新着トピックス

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

u-post_truepressjet520hd+_dp_tn.jpg

ユニバーサルポスト、SCREEN製連帳高速インクジェットで「統合メディア業」加速

2019年10月10日企業・経営

 (株)ユニバーサルポスト(本社/広島市西区商工センター、喜瀬清社長)はこのほど、SCREEN製フルカラーバリアブルプリンティングシステム「Truepress Jet520HD+」を導...全文を読む

最新ニュース

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

jeti-tauro-h3300_led_shadow_dp_tn.jpg

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

2019年11月14日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を...全文を読む

ミマキ、3Dプリンタで世界初1,000万色以上のフルカラー造形

積層ピッチは最小20μm、ディテールまで再現できる精巧さ誇る

2018年4月3日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、池田和明社長)は昨年11月、1,000万色以上のフルカラー造形を実現するUV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-553」を発売し、同社が業務用インクジェットプリンタ分野でイノベーターとして牽引してきたサイングラフィックス市場、インダストリアル・プロダクツ市場に向け、圧倒的な色表現と造形力で魅せる3Dプリンタとして訴求している。
3DUJ-553
 3Dプリンタ市場は、北米、ヨーロッパをはじめ世界中で拡大を続け、その用途は製造業を中心に教育、建築、医療といった分野へと広がりを見せている。同社が提案する3Dプリンタ「3DUJ-553」は、これまでの2Dの高画質業務用インクジェットプリンタ開発で培ってきた技術を活かし、世界初となる1,000万色以上のフルカラー造形を実現。造形後の色付けでは難しかった豊かな色彩表現により、立体造形のオブジェクト看板や建築模型といった最終製品用途で活用できる。

 造形には、UV硬化インクを使用。積層ピッチは最小20μmを実現し、ディテールまで再現できる精巧さを誇る。また、水溶性のサポート材インクを採用することで、繊細なデザインの場合でも造形物を破損させることなく、簡単にサポート材を除去することができる。

JapanColorに対して89%の色域をカバー

▽UV硬化インクジェット方式を採用
 UVインク(C、M、Y、K、ホワイト、クリア)を1層ずつプリントし、それを積み上げることで造形する「UV硬化インクジェット方式」を採用。造形後に着色するのではなく、カラーインクを使用して造形していくため美しいフルカラー表現が可能。
▽高発色なフルカラー造形
 カラーインクで造形・着色することでJapanColorに対して89%の色域をカバー。透明度の高いカラーインクで造形することで、外部からの光が白色インク層で反射し、白色インク層を背景に発色の良い造形を実現する。
▽世界初!色の再現性を高めるカラープロファイルを採用
 インクジェット方式3Dプリンタとしては世界初となるカラープロファイルを採用。Adobe Photoshopにカラーマネジメントソフト「MPM3」(オプション)で作成したカラーシュミレートプロファイルをインストールすることにより、PCのモニター上でプリント後の色が確認でき、モニター上の色と造形物の色を近づけることが可能。
▽フルカラーインク×クリアインクで、デザインをもっと自由に
 クリアインクを用いた透明表現はもちろん、クリアインクとカラーインクを同時に使用することで、半透明のカラー表現が可能。内部からライトを当てると見え方が変わる仕掛けサインなどにも使用できる。
お雛様(サンプル)

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP