キーワードで検索

先進のデータ駆動型マーケティング技術における印刷物の役割

2018年8月10日マーケティングスペシャリスト

一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

企業は多くのデータに関するニーズをアウトソースする

 ほとんどのマーケティング部門にとって、本格的なデータ駆動型マーケティングは未だに初期段階にある。その結果、多くのマーケターは、実際のソリューションを提供する信頼性のあるパートナーに、これらのサービスをアウトソースしうる。これは、1,000人以上の従業員を雇っている大規模の企業の場合、とくに当てはまる。

あなたの会社にとって、データ品質および拡充のサービスを第三者に頼む可能性がどのぐらいありますか?(会社規模別)

 マーケティングを行っている企業がデータインフラストラクチャの構築に投資しつつある中で、前向きな印刷会社は、より高度なデータ管理サービスを提供し、統合されたデジタル機能によって、そのサービスを増強している。 DMのキャンペーンは、既にデータサービス機能によって強化されているが、今後は増加しているリード創出のためのマーケティング活動が、データ駆動のサービスに大きな機会を与える。印刷会社にとってのスイートスポットであるオンラインとオフラインの統合こそが、サードパーティーにデータの品質管理と拡充を依頼する最大の理由である。

あなたの会社はデータ品質および拡充を行うために、なぜ第三者を利用しますか?

印刷会社はどのように付加価値できるか?

 マーケターは印刷会社とのデータ駆動型マーケティングのサービスのためのパートナーシップを探求する際に要件としている機能は一般的に下記の通り。

・複数のソースおよびチャネルからのデータの集約
・セグメンテーション/ターゲティングのための顧客の挙動や他の行動に関するデータの入手
・効果的なコンテンツの配信およびコンプライアンスのために、正しいデータを保つ
・考察やセグメンテーションを制限する異種、あるいは不完全なデータセットを排除すること
・ウェブサイト、電子メール、検索、ソーシャル、モバイル、DMを含むすべての重要なタッチポイントから一貫した顧客体験を提供すること
・マーケティングのコンテンツとそれぞれのチャネルの測定結果およびアトリビューションを行うこと
・さまざまなメッセージ、チャネル、セグメンテーション・スキーム(決定方法)が、ビジネスにどう影響を与えるかをテストすること
・顧客の活動やアトリビュートに基づいた、リアルタイムを配信するためのパーソナライズされたコンテンツ配信のプロセスを自動化すること
・データセキュリティ、コンプライアンス、規制課題の管理

 各会社それぞれに独特な課題があるため、印刷会社にとって顧客のニーズに合わせ、サービスをカスタマイズすることによって、さらに付加価値を向上させることができる。InfoTrendsがインタビューした大手印刷会社の上級副社長の話によれば、「通常はワークフローを決め、データを毎日、毎週、毎月それぞれのベースで製作し、受け取ることを可能とします。多数のABテストを行い、顧客が最良のレスポンスを獲得するためのサポートを行い、そしてレスポンス率を高めるための提案の開発をサポートします。次に、Webのマーケティングオートメーションプラットフォームによって、これらの変更を適用し、結果測定を行います」。

結論

 最終的には、データ駆動マーケティングのサービスは、印刷会社にとって大きな成長機会である。DMA(データ・マーケティング・アソシエーション)は、データ駆動型マーケティング分野が966,000人の雇用を占め、米国経済に2,020億ドルの収益をもたらすと推計している。マーケターは、さまざまな理由からデータ駆動キャンペーンを実施するのに苦労している。その理由として、ITへの投資が不十分で、社内の既存のスキルや資源の不足である。現在のマーケターは、データ駆動型アプローチをキャンペーンに活かすことを望んでいるが、高品質なデータの不足、異なるデータソース、そして不十分なスキル/技術/専門知識のため、大きな課題がある。さらに、多くのマーケターはキャンペーンを設計する際に、複数の顧客と見込み客のデータベースを管理する課題に立ち向かっている。その結果、データ品質を向上させ、データを拡充、向上させ、分析と測定を行うために、第三者を利用することは徐々に一般的となった。これは、今まで提供してきたサービスをダイレクトマーケティングのバリューチェーンの新しい範囲に拡大したい印刷会社に機会を提供する。

 最後のメッセージは、データ駆動マーケティングは印刷物を促進する。印刷会社は、マーケティング業界に、統合されたキャンペーンのひとつの要素として、印刷物を受け取った人をデジタルチャネルまで誘導するために、印刷物が果たす役割を伝える必要がある。我々は印刷会社としてこの分野の専門家であり、我々以外に誰ができるというのか?

[1] 出典: Tech "Democratization" Seen Fueling Analytics Boom, Datanami 2016

http://whattheythink.com
By:Jennifer Bergin
Published:2016年3月30日
原文:http://whattheythink.com/articles/84665-advanced-data-driven-marketing-techniques-role-print/

関連記事

新着トピックス

kodak-prosper-ultra-520-press_dp_tn.jpg

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

2020年6月16日製品・テクノロジー

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。 PROSPER ULTRA 520プレス  高いインクカバレ...全文を読む

dp_hp_ indigo_100k_p_tn.jpg

日本HP、革新技術を搭載した次世代モデルを市場投入

2020年6月9日製品・テクノロジー

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は4月9日開催の新製品発表会において、印刷業界における「アナログtoデジタル」を支援するデジタル印刷機10機種を発表した。今回、その中...全文を読む

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

先進のデータ駆動型マーケティング技術における印刷物の役割

2018年8月10日マーケティングスペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

企業は多くのデータに関するニーズをアウトソースする

 ほとんどのマーケティング部門にとって、本格的なデータ駆動型マーケティングは未だに初期段階にある。その結果、多くのマーケターは、実際のソリューションを提供する信頼性のあるパートナーに、これらのサービスをアウトソースしうる。これは、1,000人以上の従業員を雇っている大規模の企業の場合、とくに当てはまる。

あなたの会社にとって、データ品質および拡充のサービスを第三者に頼む可能性がどのぐらいありますか?(会社規模別)

 マーケティングを行っている企業がデータインフラストラクチャの構築に投資しつつある中で、前向きな印刷会社は、より高度なデータ管理サービスを提供し、統合されたデジタル機能によって、そのサービスを増強している。 DMのキャンペーンは、既にデータサービス機能によって強化されているが、今後は増加しているリード創出のためのマーケティング活動が、データ駆動のサービスに大きな機会を与える。印刷会社にとってのスイートスポットであるオンラインとオフラインの統合こそが、サードパーティーにデータの品質管理と拡充を依頼する最大の理由である。

あなたの会社はデータ品質および拡充を行うために、なぜ第三者を利用しますか?

印刷会社はどのように付加価値できるか?

 マーケターは印刷会社とのデータ駆動型マーケティングのサービスのためのパートナーシップを探求する際に要件としている機能は一般的に下記の通り。

・複数のソースおよびチャネルからのデータの集約
・セグメンテーション/ターゲティングのための顧客の挙動や他の行動に関するデータの入手
・効果的なコンテンツの配信およびコンプライアンスのために、正しいデータを保つ
・考察やセグメンテーションを制限する異種、あるいは不完全なデータセットを排除すること
・ウェブサイト、電子メール、検索、ソーシャル、モバイル、DMを含むすべての重要なタッチポイントから一貫した顧客体験を提供すること
・マーケティングのコンテンツとそれぞれのチャネルの測定結果およびアトリビューションを行うこと
・さまざまなメッセージ、チャネル、セグメンテーション・スキーム(決定方法)が、ビジネスにどう影響を与えるかをテストすること
・顧客の活動やアトリビュートに基づいた、リアルタイムを配信するためのパーソナライズされたコンテンツ配信のプロセスを自動化すること
・データセキュリティ、コンプライアンス、規制課題の管理

 各会社それぞれに独特な課題があるため、印刷会社にとって顧客のニーズに合わせ、サービスをカスタマイズすることによって、さらに付加価値を向上させることができる。InfoTrendsがインタビューした大手印刷会社の上級副社長の話によれば、「通常はワークフローを決め、データを毎日、毎週、毎月それぞれのベースで製作し、受け取ることを可能とします。多数のABテストを行い、顧客が最良のレスポンスを獲得するためのサポートを行い、そしてレスポンス率を高めるための提案の開発をサポートします。次に、Webのマーケティングオートメーションプラットフォームによって、これらの変更を適用し、結果測定を行います」。

結論

 最終的には、データ駆動マーケティングのサービスは、印刷会社にとって大きな成長機会である。DMA(データ・マーケティング・アソシエーション)は、データ駆動型マーケティング分野が966,000人の雇用を占め、米国経済に2,020億ドルの収益をもたらすと推計している。マーケターは、さまざまな理由からデータ駆動キャンペーンを実施するのに苦労している。その理由として、ITへの投資が不十分で、社内の既存のスキルや資源の不足である。現在のマーケターは、データ駆動型アプローチをキャンペーンに活かすことを望んでいるが、高品質なデータの不足、異なるデータソース、そして不十分なスキル/技術/専門知識のため、大きな課題がある。さらに、多くのマーケターはキャンペーンを設計する際に、複数の顧客と見込み客のデータベースを管理する課題に立ち向かっている。その結果、データ品質を向上させ、データを拡充、向上させ、分析と測定を行うために、第三者を利用することは徐々に一般的となった。これは、今まで提供してきたサービスをダイレクトマーケティングのバリューチェーンの新しい範囲に拡大したい印刷会社に機会を提供する。

 最後のメッセージは、データ駆動マーケティングは印刷物を促進する。印刷会社は、マーケティング業界に、統合されたキャンペーンのひとつの要素として、印刷物を受け取った人をデジタルチャネルまで誘導するために、印刷物が果たす役割を伝える必要がある。我々は印刷会社としてこの分野の専門家であり、我々以外に誰ができるというのか?

[1] 出典: Tech "Democratization" Seen Fueling Analytics Boom, Datanami 2016

http://whattheythink.com
By:Jennifer Bergin
Published:2016年3月30日
原文:http://whattheythink.com/articles/84665-advanced-data-driven-marketing-techniques-role-print/

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP