キーワードで検索

共進ペイパー&パッケージ、「デジタル印刷で柱を立てる」2020年に通販サービスで売上20億円へ

2018年12月7日ケーススタディ

 そして、そのデジタル印刷としての柱と海外展開の柱を融合させた取り組みとして注目されるのが、「ハコプレ」の海外ローカライズ版のフランチャイズ提供である。昨年に第1弾として韓国企業とのビジネスマッチングが実現したが、「韓国企業の滑り出しは順調に進んでいる。来年にはアジア圏を中心に2〜4社と契約する見込みである。ヨーロッパや北米からの引き合いもあるので、通販サービスの海外展開も進めながら売上拡大に努めていきたい」(鍛治川常務)とのことだ。

通販サービス「ハコプレ」

 一方、デジタル印刷で柱を立てていくための国内戦略として鍛治川常務は、「高付加価値の商品をロットの塊で取ってくるのがデジタル印刷ビジネスの成功パターンであると認識している。そのために必要な投資は今後も積極的に行っていく」としており、来年にはB1機も含めたさらなるデジタル印刷機の増設も検討しているようだ。

 さらに、通販サービスのユーザビリティを向上させる取り組みも進めている。イラストレーターを使えないユーザーでもパッケージデザインを行うことができるデザインツールを「ハコプレ」だけでなく、来年にかけてその他の通販サービスにも展開していく予定だ。

 今年4月には、関東工場向かいに2棟建ての新事務所棟を竣工した。そのうちの1棟は将来的にはショールームとして活用していく考えだという。デジタル印刷を活用した通販サービスを軸に成長を続ける同社の今後に注目したい。

2棟建ての関東工場新事務所棟。将来的にはそのうち1棟の1Fをショールームにする計画

関連記事

新着トピックス

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

最新ニュース

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

共進ペイパー&パッケージ、「デジタル印刷で柱を立てる」2020年に通販サービスで売上20億円へ

2018年12月7日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 そして、そのデジタル印刷としての柱と海外展開の柱を融合させた取り組みとして注目されるのが、「ハコプレ」の海外ローカライズ版のフランチャイズ提供である。昨年に第1弾として韓国企業とのビジネスマッチングが実現したが、「韓国企業の滑り出しは順調に進んでいる。来年にはアジア圏を中心に2〜4社と契約する見込みである。ヨーロッパや北米からの引き合いもあるので、通販サービスの海外展開も進めながら売上拡大に努めていきたい」(鍛治川常務)とのことだ。

通販サービス「ハコプレ」

 一方、デジタル印刷で柱を立てていくための国内戦略として鍛治川常務は、「高付加価値の商品をロットの塊で取ってくるのがデジタル印刷ビジネスの成功パターンであると認識している。そのために必要な投資は今後も積極的に行っていく」としており、来年にはB1機も含めたさらなるデジタル印刷機の増設も検討しているようだ。

 さらに、通販サービスのユーザビリティを向上させる取り組みも進めている。イラストレーターを使えないユーザーでもパッケージデザインを行うことができるデザインツールを「ハコプレ」だけでなく、来年にかけてその他の通販サービスにも展開していく予定だ。

 今年4月には、関東工場向かいに2棟建ての新事務所棟を竣工した。そのうちの1棟は将来的にはショールームとして活用していく考えだという。デジタル印刷を活用した通販サービスを軸に成長を続ける同社の今後に注目したい。

2棟建ての関東工場新事務所棟。将来的にはそのうち1棟の1Fをショールームにする計画

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP