キーワードで検索

共進ペイパー&パッケージ、「デジタル印刷で柱を立てる」2020年に通販サービスで売上20億円へ

2018年12月7日ケーススタディ

 そして、そのデジタル印刷としての柱と海外展開の柱を融合させた取り組みとして注目されるのが、「ハコプレ」の海外ローカライズ版のフランチャイズ提供である。昨年に第1弾として韓国企業とのビジネスマッチングが実現したが、「韓国企業の滑り出しは順調に進んでいる。来年にはアジア圏を中心に2〜4社と契約する見込みである。ヨーロッパや北米からの引き合いもあるので、通販サービスの海外展開も進めながら売上拡大に努めていきたい」(鍛治川常務)とのことだ。

通販サービス「ハコプレ」

 一方、デジタル印刷で柱を立てていくための国内戦略として鍛治川常務は、「高付加価値の商品をロットの塊で取ってくるのがデジタル印刷ビジネスの成功パターンであると認識している。そのために必要な投資は今後も積極的に行っていく」としており、来年にはB1機も含めたさらなるデジタル印刷機の増設も検討しているようだ。

 さらに、通販サービスのユーザビリティを向上させる取り組みも進めている。イラストレーターを使えないユーザーでもパッケージデザインを行うことができるデザインツールを「ハコプレ」だけでなく、来年にかけてその他の通販サービスにも展開していく予定だ。

 今年4月には、関東工場向かいに2棟建ての新事務所棟を竣工した。そのうちの1棟は将来的にはショールームとして活用していく考えだという。デジタル印刷を活用した通販サービスを軸に成長を続ける同社の今後に注目したい。

2棟建ての関東工場新事務所棟。将来的にはそのうち1棟の1Fをショールームにする計画

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

共進ペイパー&パッケージ、「デジタル印刷で柱を立てる」2020年に通販サービスで売上20億円へ

2018年12月7日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 そして、そのデジタル印刷としての柱と海外展開の柱を融合させた取り組みとして注目されるのが、「ハコプレ」の海外ローカライズ版のフランチャイズ提供である。昨年に第1弾として韓国企業とのビジネスマッチングが実現したが、「韓国企業の滑り出しは順調に進んでいる。来年にはアジア圏を中心に2〜4社と契約する見込みである。ヨーロッパや北米からの引き合いもあるので、通販サービスの海外展開も進めながら売上拡大に努めていきたい」(鍛治川常務)とのことだ。

通販サービス「ハコプレ」

 一方、デジタル印刷で柱を立てていくための国内戦略として鍛治川常務は、「高付加価値の商品をロットの塊で取ってくるのがデジタル印刷ビジネスの成功パターンであると認識している。そのために必要な投資は今後も積極的に行っていく」としており、来年にはB1機も含めたさらなるデジタル印刷機の増設も検討しているようだ。

 さらに、通販サービスのユーザビリティを向上させる取り組みも進めている。イラストレーターを使えないユーザーでもパッケージデザインを行うことができるデザインツールを「ハコプレ」だけでなく、来年にかけてその他の通販サービスにも展開していく予定だ。

 今年4月には、関東工場向かいに2棟建ての新事務所棟を竣工した。そのうちの1棟は将来的にはショールームとして活用していく考えだという。デジタル印刷を活用した通販サービスを軸に成長を続ける同社の今後に注目したい。

2棟建ての関東工場新事務所棟。将来的にはそのうち1棟の1Fをショールームにする計画

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP