キーワードで検索

甲南堂、デジタル加飾で「感動を与える印刷」提供

価格への反映、顧客も納得。営業活動のフックに、社内に「新しい風」

2019年7月31日ケーススタディ

 (株)甲南堂(水落充社長)の「KONANDO Labo」(所在地:兵庫県神戸市中央区港島南町4-7-9)は、B2枚葉UVインクジェット印刷機「Accurio Jet KM-1」ならびにデジタルUVスポットニスコーター「JET vernish 3D」を設備する西日本唯一の印刷研究施設。インクジェットによりニス・箔などを版・型不要で施すことができる自社のデジタル加飾技術を「デコレーションタッチ」として商標登録し、「感動を与える印刷」の研究を進めている。コニカミノルタジャパンとの戦略的提携のもと、世界に先駆けてデジタル加飾技術を追求する同社の取り組みを紹介する。

水落社長(左)と水落常務

 同社は1929年5月に現社長の祖父が創業し、今年で90周年を迎えた老舗の印刷会社。これを機に、今年5月には従来の社名である「甲南堂印刷」から「印刷」の文字を取り、新社名のもと事業展開を進めている。これについて同社の水落翔常務取締役は「当社はデザイン、制作を得意とする会社であり、業務は広告代理店のような内容が中心である。このため、社名に『印刷』の文字が付いていることは逆に違和感を感じていた」と説明しており、今後は「印刷もできる広告代理店」という企業イメージを目指して事業展開していく考えだ。

 そんな同社が「デジタル加飾」という技術に興味を持ち始めたのは2018年の初めごろのこと。同社は同年1月に本社機能を本社のある神戸市東灘区からポートアイランドのモードピア(神戸市中央区港島中町6-5-1-6F)に移転。ここにはオンデマンド印刷機も設備し、制作関係を中心に営業、工務、経理、データ部門の社員など、約100名の社員が勤務しているが、「一般的な印刷物だけでは...という思いが以前からあり、もっと付加価値の高い高品質な印刷物を作りたいという気持ちがあった」(水落社長)ようだ。そんな中、コニカミノルタジャパンからデジタル印刷機「Accurio Jet KM-1」とデジタルUVスポットニスコーター「JET vernish 3D」の導入による産業印刷分野での戦略的提携の提案が持ちかけられ、話は急速に進展。同年夏にはモードピアから車で数分のポートアイランド内に「KONANDO Labo」の用地を取得。そして昨年のIGAS2018において、両機導入によるコニカミノルタジャパンとの戦略的提携を大々的に発表し、印刷会社としては世界で唯一、両機を設備する印刷会社としてコニカミノルタジャパンの協力も得ながら、デジタル加飾技術による「感動を与える印刷」の研究を進めている。

関連記事

新着トピックス

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

最新ニュース

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

甲南堂、デジタル加飾で「感動を与える印刷」提供

価格への反映、顧客も納得。営業活動のフックに、社内に「新しい風」

2019年7月31日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)甲南堂(水落充社長)の「KONANDO Labo」(所在地:兵庫県神戸市中央区港島南町4-7-9)は、B2枚葉UVインクジェット印刷機「Accurio Jet KM-1」ならびにデジタルUVスポットニスコーター「JET vernish 3D」を設備する西日本唯一の印刷研究施設。インクジェットによりニス・箔などを版・型不要で施すことができる自社のデジタル加飾技術を「デコレーションタッチ」として商標登録し、「感動を与える印刷」の研究を進めている。コニカミノルタジャパンとの戦略的提携のもと、世界に先駆けてデジタル加飾技術を追求する同社の取り組みを紹介する。

水落社長(左)と水落常務

 同社は1929年5月に現社長の祖父が創業し、今年で90周年を迎えた老舗の印刷会社。これを機に、今年5月には従来の社名である「甲南堂印刷」から「印刷」の文字を取り、新社名のもと事業展開を進めている。これについて同社の水落翔常務取締役は「当社はデザイン、制作を得意とする会社であり、業務は広告代理店のような内容が中心である。このため、社名に『印刷』の文字が付いていることは逆に違和感を感じていた」と説明しており、今後は「印刷もできる広告代理店」という企業イメージを目指して事業展開していく考えだ。

 そんな同社が「デジタル加飾」という技術に興味を持ち始めたのは2018年の初めごろのこと。同社は同年1月に本社機能を本社のある神戸市東灘区からポートアイランドのモードピア(神戸市中央区港島中町6-5-1-6F)に移転。ここにはオンデマンド印刷機も設備し、制作関係を中心に営業、工務、経理、データ部門の社員など、約100名の社員が勤務しているが、「一般的な印刷物だけでは...という思いが以前からあり、もっと付加価値の高い高品質な印刷物を作りたいという気持ちがあった」(水落社長)ようだ。そんな中、コニカミノルタジャパンからデジタル印刷機「Accurio Jet KM-1」とデジタルUVスポットニスコーター「JET vernish 3D」の導入による産業印刷分野での戦略的提携の提案が持ちかけられ、話は急速に進展。同年夏にはモードピアから車で数分のポートアイランド内に「KONANDO Labo」の用地を取得。そして昨年のIGAS2018において、両機導入によるコニカミノルタジャパンとの戦略的提携を大々的に発表し、印刷会社としては世界で唯一、両機を設備する印刷会社としてコニカミノルタジャパンの協力も得ながら、デジタル加飾技術による「感動を与える印刷」の研究を進めている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP