キーワードで検索

swissQprint 、ロールtoロールプリンタ「Karibu」国内初公開

第61回サイン&ディスプレイショウ2019で独創的な機能に注目集まる

2019年10月1日製品・テクノロジー

  swissQprint Japan(株)(本社/横浜市港北区、大野透社長)は、第61回サイン&ディスプレイショウ2019において、swissQprint製品初となるロールtoロールプリンタ「Karibu(カリブ)」の実機を国内初公開し、その独創的な機能に注目が集まった。そこで今回、同機の詳細な機能にスポットを当てて解説する。

Karibu(カリブ)

プリントヘッドが前後に動作〜メッシュプリントとズレ補正に効果

 新製品「Karibu」は、幅3.4mまでのロールメディアに対応するUVインクジェットプリンタ。効率性、信頼性、汎用性の向上に役立つ独創的な機能の数々を搭載している。新開発のカセットシステムにより、ロールメディアのセットから印刷準備完了までわずか数分で行える。「圧力のセンサーが入っているため、オペレーターは勘ではなく、メディアの張り具合や左右のバランスなどを、ステータスバーを見ながら簡単にセットすることができる」(大野社長)。

 そして、特筆すべきは印刷テーブルにメッシュキットが装備されていることだ。印刷前の追加セットアップ、印刷後のクリーニングは不要。プリントビームはX軸(前後方向)に動作可能で、クリック1つで通常の位置からメッシュ印刷ポジションへ移動する。移動後、ただちに印刷を開始することが可能だ。

プリントヘッドは前後にも移動しメッシュプリントにストレスフリーで移行できる。手前はジョブの進捗状況を確認できる「ステータスインジケーター」

 大野社長は「この機能により、メッシュプリントにストレスフリーで移行できる。下にレシート紙のような巻紙が走っており、それがヘッドキャリッジと一緒に動いてインクを吸い取る仕組みとなっている。また、ロール紙の場合、どうしても搬送のズレが起きることがあるが、プリントヘッドの前後の動きによってこれも補正することができる」と説明する。さらに、450mm長までならフラットベッド部分をテストプリント・サンプル作成に使用することもできるという。

関連記事

新着トピックス

gpcenter_dp_tn.jpg

ジーピーセンター、ものづくり本来の喜びを[アナプルナ導入事例]

2020年4月1日ケーススタディ

 「表現をもっと自由に」─「桶狭間の戦い」の舞台となった愛知県豊明市に本社を置く総合印刷会社(株)ジーピーセンター(本社/愛知県豊明市栄町三ツ池下33-3、青木昭憲社長)は一昨年11月...全文を読む

大洞印刷、プラットフォーマーとしての力を強化 - 「PaaS(パース)」提唱

2020年3月31日ケーススタディ

 「我々は印刷もできるIT企業。印刷を使ったサービスを提供している。印刷物はその結果に過ぎない」。このように語るのは、大洞印刷(株)(本社/岐阜県本巣市)の大洞広和専務だ。印刷業界のプ...全文を読む

最新ニュース

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

swissQprint 、ロールtoロールプリンタ「Karibu」国内初公開

第61回サイン&ディスプレイショウ2019で独創的な機能に注目集まる

2019年10月1日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

  swissQprint Japan(株)(本社/横浜市港北区、大野透社長)は、第61回サイン&ディスプレイショウ2019において、swissQprint製品初となるロールtoロールプリンタ「Karibu(カリブ)」の実機を国内初公開し、その独創的な機能に注目が集まった。そこで今回、同機の詳細な機能にスポットを当てて解説する。

Karibu(カリブ)

プリントヘッドが前後に動作〜メッシュプリントとズレ補正に効果

 新製品「Karibu」は、幅3.4mまでのロールメディアに対応するUVインクジェットプリンタ。効率性、信頼性、汎用性の向上に役立つ独創的な機能の数々を搭載している。新開発のカセットシステムにより、ロールメディアのセットから印刷準備完了までわずか数分で行える。「圧力のセンサーが入っているため、オペレーターは勘ではなく、メディアの張り具合や左右のバランスなどを、ステータスバーを見ながら簡単にセットすることができる」(大野社長)。

 そして、特筆すべきは印刷テーブルにメッシュキットが装備されていることだ。印刷前の追加セットアップ、印刷後のクリーニングは不要。プリントビームはX軸(前後方向)に動作可能で、クリック1つで通常の位置からメッシュ印刷ポジションへ移動する。移動後、ただちに印刷を開始することが可能だ。

プリントヘッドは前後にも移動しメッシュプリントにストレスフリーで移行できる。手前はジョブの進捗状況を確認できる「ステータスインジケーター」

 大野社長は「この機能により、メッシュプリントにストレスフリーで移行できる。下にレシート紙のような巻紙が走っており、それがヘッドキャリッジと一緒に動いてインクを吸い取る仕組みとなっている。また、ロール紙の場合、どうしても搬送のズレが起きることがあるが、プリントヘッドの前後の動きによってこれも補正することができる」と説明する。さらに、450mm長までならフラットベッド部分をテストプリント・サンプル作成に使用することもできるという。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP