キーワードで検索

swissQprint 、ロールtoロールプリンタ「Karibu」国内初公開

第61回サイン&ディスプレイショウ2019で独創的な機能に注目集まる

2019年10月1日製品・テクノロジー

  swissQprint Japan(株)(本社/横浜市港北区、大野透社長)は、第61回サイン&ディスプレイショウ2019において、swissQprint製品初となるロールtoロールプリンタ「Karibu(カリブ)」の実機を国内初公開し、その独創的な機能に注目が集まった。そこで今回、同機の詳細な機能にスポットを当てて解説する。

Karibu(カリブ)

プリントヘッドが前後に動作〜メッシュプリントとズレ補正に効果

 新製品「Karibu」は、幅3.4mまでのロールメディアに対応するUVインクジェットプリンタ。効率性、信頼性、汎用性の向上に役立つ独創的な機能の数々を搭載している。新開発のカセットシステムにより、ロールメディアのセットから印刷準備完了までわずか数分で行える。「圧力のセンサーが入っているため、オペレーターは勘ではなく、メディアの張り具合や左右のバランスなどを、ステータスバーを見ながら簡単にセットすることができる」(大野社長)。

 そして、特筆すべきは印刷テーブルにメッシュキットが装備されていることだ。印刷前の追加セットアップ、印刷後のクリーニングは不要。プリントビームはX軸(前後方向)に動作可能で、クリック1つで通常の位置からメッシュ印刷ポジションへ移動する。移動後、ただちに印刷を開始することが可能だ。

プリントヘッドは前後にも移動しメッシュプリントにストレスフリーで移行できる。手前はジョブの進捗状況を確認できる「ステータスインジケーター」

 大野社長は「この機能により、メッシュプリントにストレスフリーで移行できる。下にレシート紙のような巻紙が走っており、それがヘッドキャリッジと一緒に動いてインクを吸い取る仕組みとなっている。また、ロール紙の場合、どうしても搬送のズレが起きることがあるが、プリントヘッドの前後の動きによってこれも補正することができる」と説明する。さらに、450mm長までならフラットベッド部分をテストプリント・サンプル作成に使用することもできるという。

関連記事

新着トピックス

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

swissQprint 、ロールtoロールプリンタ「Karibu」国内初公開

第61回サイン&ディスプレイショウ2019で独創的な機能に注目集まる

2019年10月1日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

  swissQprint Japan(株)(本社/横浜市港北区、大野透社長)は、第61回サイン&ディスプレイショウ2019において、swissQprint製品初となるロールtoロールプリンタ「Karibu(カリブ)」の実機を国内初公開し、その独創的な機能に注目が集まった。そこで今回、同機の詳細な機能にスポットを当てて解説する。

Karibu(カリブ)

プリントヘッドが前後に動作〜メッシュプリントとズレ補正に効果

 新製品「Karibu」は、幅3.4mまでのロールメディアに対応するUVインクジェットプリンタ。効率性、信頼性、汎用性の向上に役立つ独創的な機能の数々を搭載している。新開発のカセットシステムにより、ロールメディアのセットから印刷準備完了までわずか数分で行える。「圧力のセンサーが入っているため、オペレーターは勘ではなく、メディアの張り具合や左右のバランスなどを、ステータスバーを見ながら簡単にセットすることができる」(大野社長)。

 そして、特筆すべきは印刷テーブルにメッシュキットが装備されていることだ。印刷前の追加セットアップ、印刷後のクリーニングは不要。プリントビームはX軸(前後方向)に動作可能で、クリック1つで通常の位置からメッシュ印刷ポジションへ移動する。移動後、ただちに印刷を開始することが可能だ。

プリントヘッドは前後にも移動しメッシュプリントにストレスフリーで移行できる。手前はジョブの進捗状況を確認できる「ステータスインジケーター」

 大野社長は「この機能により、メッシュプリントにストレスフリーで移行できる。下にレシート紙のような巻紙が走っており、それがヘッドキャリッジと一緒に動いてインクを吸い取る仕組みとなっている。また、ロール紙の場合、どうしても搬送のズレが起きることがあるが、プリントヘッドの前後の動きによってこれも補正することができる」と説明する。さらに、450mm長までならフラットベッド部分をテストプリント・サンプル作成に使用することもできるという。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP