キーワードで検索

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

クリスマスカードの発送がスタート

 ベルリンのマーゲントゥア社は、デジタル印刷に特化した印刷会社。2002年に会社を設立し、現在は社員10人が働いている。「私たちは、規模の大きなオンライン印刷会社ができないサービスを提供している」と、同社の代表ギデオン・ドプスラフ氏は述べている。

 同社の顧客には、様々な素材に加飾と高品質の印刷を求める代理店、芸術家、美術学生が含まれている。マーゲントゥア社は、印刷会社として初めてベルリンファッションウィークに参加した企業であり、現在はファッション業界の企業とも提携している。仕事の半数は、ソフトカバー・ハードカバーの本が占め、その他はパーソナライズした製品を生産している。「とくにクリスマスの時期には、ディスカウントコードやバウチャーが付いた個別対応が求められるメーリングの仕事を多くしている」と、ドプスラウフ氏は続ける。

 ロット数が10,000〜50,000の仕事をこなし、ここ2週間だけで、150,000枚以上のポストカードを生産している。これらの大量の注文は、ホワイト、クリアといった5種類の特色やバナー印刷、製本フィニッシャーなど多様で高度なアプリケーションに対し、優れた特徴のあるハイデルベルグのバーサファイアで生産している。
マーゲントゥア社はクリスマスカードをバーサファイアで生産しており、素材の対応力と簡単な操作性、高い品質の安定性を評価している
 同社の重要な顧客の一つであるスタートアップのMyPostcard社が提供するサービスでは、顧客は専用のアプリでオリジナルの写真やレイアウトを自由に選択してカードを作成できるだけではなく、発送も依頼することができる。

 「通常のホリデイグリーティングはシンプルなものが多いが、クリスマスのグリーティングカードは、折り畳んで封入して発送する高価なカードである」と、ドプスラウフ氏は語る。一日に10,000枚のカードを発送することも同社にとっては珍しいことではない。クリスマスが近づくにつれ、その数はさらに増えていくという。

 「バーサファイアは、信頼のおける主要な印刷機として活躍している。他社製のデジタル印刷システムと比較すると素材への対応力が幅広く、操作は簡単、そして何よりも安定して得られる優れた品質によって、value for money つまり高い価値を感じさせてくれている」(ドプスラウフ氏)

 とくにドプスラウフ氏と代理店は、ハイデルベルグとの信頼関係と緊密な協力体制を非常に評価している。「今後も好調な受注が続けば、数年のうちにバーサファイアEPを導入することも検討している」と、ドプスラウフ氏は、将来の計画について語る。実際に折りたたみカードは、過去5年で20%成長している。

関連記事

新着トピックス

dp_kawase_hp_indigo_7900_tn.jpg

大同至高印刷、小ロット対応の課題克服〜商品開発力にデジタル印刷を付加

2020年10月22日ケーススタディ

 世界の小売ブランドに高品質なカラー印刷を施したプラスチックシート製品を提供する大同至高印刷(株)(本社/愛知県名古屋市、川瀬康輝社長)は今年7月、新たな生産設備として導入した「HP ...全文を読む

dp_ij_mjp30axf_tn.jpg

ミヤコシ、軟包装用水性インクジェットを市場投入〜生産性と環境配慮を両立

2020年10月2日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年6月、軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の販売を開始した。同社では、この水性顔料インクを採用し...全文を読む

最新ニュース

kyoceradocumentsolutions_type_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、TASKalfa Proに大容量インクコンテナ搭載モデル

2020年11月18日

 京セラドキュメントソリューションズジャパン(株)(長井孝社長)は、インクジェットプロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」の新ラインアップとして、大容量インク...全文を読む

jp2020_poster_2-dp_tn.jpg

JP2020・ICTと印刷展、Withコロナ時代の印刷のあるべき姿提示[11月19日ー20日]

2020年11月16日

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催が延期されていた「JP2020・ICTと印刷展」(主催/JP産業展協会、西井幾雄会長)が11月19・20日の2日間、インテックス大阪5号館(大阪...全文を読む

dp_vabf_tn.jpg

富士ゼロックス、アートブックの祭典でIridesseの特殊色による印刷表現をアピール

2020年11月16日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、11月16日から23日まで、バーチャル空間で開催されているアートブックフェア「VIRTUAL ART BOOK FAIR(以...全文を読む

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

クリスマスカードの発送がスタート

 ベルリンのマーゲントゥア社は、デジタル印刷に特化した印刷会社。2002年に会社を設立し、現在は社員10人が働いている。「私たちは、規模の大きなオンライン印刷会社ができないサービスを提供している」と、同社の代表ギデオン・ドプスラフ氏は述べている。

 同社の顧客には、様々な素材に加飾と高品質の印刷を求める代理店、芸術家、美術学生が含まれている。マーゲントゥア社は、印刷会社として初めてベルリンファッションウィークに参加した企業であり、現在はファッション業界の企業とも提携している。仕事の半数は、ソフトカバー・ハードカバーの本が占め、その他はパーソナライズした製品を生産している。「とくにクリスマスの時期には、ディスカウントコードやバウチャーが付いた個別対応が求められるメーリングの仕事を多くしている」と、ドプスラウフ氏は続ける。

 ロット数が10,000〜50,000の仕事をこなし、ここ2週間だけで、150,000枚以上のポストカードを生産している。これらの大量の注文は、ホワイト、クリアといった5種類の特色やバナー印刷、製本フィニッシャーなど多様で高度なアプリケーションに対し、優れた特徴のあるハイデルベルグのバーサファイアで生産している。
マーゲントゥア社はクリスマスカードをバーサファイアで生産しており、素材の対応力と簡単な操作性、高い品質の安定性を評価している
 同社の重要な顧客の一つであるスタートアップのMyPostcard社が提供するサービスでは、顧客は専用のアプリでオリジナルの写真やレイアウトを自由に選択してカードを作成できるだけではなく、発送も依頼することができる。

 「通常のホリデイグリーティングはシンプルなものが多いが、クリスマスのグリーティングカードは、折り畳んで封入して発送する高価なカードである」と、ドプスラウフ氏は語る。一日に10,000枚のカードを発送することも同社にとっては珍しいことではない。クリスマスが近づくにつれ、その数はさらに増えていくという。

 「バーサファイアは、信頼のおける主要な印刷機として活躍している。他社製のデジタル印刷システムと比較すると素材への対応力が幅広く、操作は簡単、そして何よりも安定して得られる優れた品質によって、value for money つまり高い価値を感じさせてくれている」(ドプスラウフ氏)

 とくにドプスラウフ氏と代理店は、ハイデルベルグとの信頼関係と緊密な協力体制を非常に評価している。「今後も好調な受注が続けば、数年のうちにバーサファイアEPを導入することも検討している」と、ドプスラウフ氏は、将来の計画について語る。実際に折りたたみカードは、過去5年で20%成長している。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP