キーワードで検索

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

イベントを盛り上げるクリスマス・ウィンタースムージーラベル

 ハイブリッドラベル印刷システム ガルスラベルファイアは、フレキソ印刷やスクリーン印刷あるいはコールドフォイル加工といった従来の印刷方式とUVインクジェットデジタル印刷を組み合わせることによってラベル印刷会社と加工会社に柔軟性をもたらした。

 ガルスは、ブリュッセルで開催されたラベル展示会「Labelexpo Europe 2019」において、ガルスラベルファイアによるフルバリアブルデータを印刷する方法を披露した。「Your Smoothie」キャンペーンでは、原材料の種類や量に応じて印刷プロセスの中でデザインが変更されるため、異なるラベルが印刷される。会場では、クリスマス・ウィンタースムージーのラベルがサンプルとして披露された。
Labelexpo Europe 2019でガルスラベルファイアはクリスマスらしいスムージーラベルを印刷
 ガルスラベルファイアでは、「インダストリアルバリアブルデータプリンティング」を標準としている。そのため少部数印刷の需要が高まっているバーコードや2Dコード、シリアル化やパーソナライズされたラベル印刷にも対応できる。

 さらにデジタル印刷のみ、あるいはハイブリッド印刷まで、ガルスラベルファイアは、従来の加工や装飾の範囲を完全に網羅している。これには、プライマー、スポットカラー、セキュリティ、コールドフォイル、ニス、ラミネートなどが含まれている。

 ガルスラベルファイアは、Labelexpoで統合されたデジタル加飾ユニット(DEU)とともに展示された。デジタル印刷向けに最適化されたインラインフィニッシングプロセスによって、ガルスラベルファイアは、インラインでニスや装飾、仕上げ加工にも対応する。これにより、フィニッシングプロセスを含めたインラインによるデジタルラベル印刷が可能となり、ヤレを削減するだけでなく、生産時間の短縮も実現できる。

関連記事

新着トピックス

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 コダック社は、6月16日に開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、優れた投資対効果(ROI)の達成をめざした新しいデジタル印刷ソリューションを発表。とくに、インクジェットプレ...全文を読む

iridesse_chibap_dp_tn.jpg

千葉印刷、特殊紙+特色による多彩な提案で受注拡大

2020年6月22日ケーススタディ

 東京・渋谷区に本社を置く(株)千葉印刷(本社/東京都渋谷区円山町25-5、柳川満生社長)は、2018年11月にカラーオンデマンド・パブリッシング・システム「富士ゼロックス Iride...全文を読む

最新ニュース

risapress_c14000_202008_dp_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESS Colorに初のヘビープロダクション機

2020年8月3日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、RISAPRESSカラーシリーズの新製品として、フルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESS Color14000/12000...全文を読む

エプソン、子会社ロブステリ社とフォルテックス社の合併を決定

2020年7月30日

 セイコーエプソン(株)(以下、「エプソン」)は7月30日、グループ会社であるFratelli Robustelli S.r.l.(以下、「ロブステリ社」)によるFor.Tex S.r...全文を読む

dp_km_online_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、新製品発表会とウェビナーで構成するオンラインイベントを8月18日に開催

2020年7月28日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は8月18日14時より、新製品発表会と特別講師によるウェビナーで構成されるオンラインイベント「New Normalにおけ...全文を読む

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

イベントを盛り上げるクリスマス・ウィンタースムージーラベル

 ハイブリッドラベル印刷システム ガルスラベルファイアは、フレキソ印刷やスクリーン印刷あるいはコールドフォイル加工といった従来の印刷方式とUVインクジェットデジタル印刷を組み合わせることによってラベル印刷会社と加工会社に柔軟性をもたらした。

 ガルスは、ブリュッセルで開催されたラベル展示会「Labelexpo Europe 2019」において、ガルスラベルファイアによるフルバリアブルデータを印刷する方法を披露した。「Your Smoothie」キャンペーンでは、原材料の種類や量に応じて印刷プロセスの中でデザインが変更されるため、異なるラベルが印刷される。会場では、クリスマス・ウィンタースムージーのラベルがサンプルとして披露された。
Labelexpo Europe 2019でガルスラベルファイアはクリスマスらしいスムージーラベルを印刷
 ガルスラベルファイアでは、「インダストリアルバリアブルデータプリンティング」を標準としている。そのため少部数印刷の需要が高まっているバーコードや2Dコード、シリアル化やパーソナライズされたラベル印刷にも対応できる。

 さらにデジタル印刷のみ、あるいはハイブリッド印刷まで、ガルスラベルファイアは、従来の加工や装飾の範囲を完全に網羅している。これには、プライマー、スポットカラー、セキュリティ、コールドフォイル、ニス、ラミネートなどが含まれている。

 ガルスラベルファイアは、Labelexpoで統合されたデジタル加飾ユニット(DEU)とともに展示された。デジタル印刷向けに最適化されたインラインフィニッシングプロセスによって、ガルスラベルファイアは、インラインでニスや装飾、仕上げ加工にも対応する。これにより、フィニッシングプロセスを含めたインラインによるデジタルラベル印刷が可能となり、ヤレを削減するだけでなく、生産時間の短縮も実現できる。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP