キーワードで検索

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

イベントを盛り上げるクリスマス・ウィンタースムージーラベル

 ハイブリッドラベル印刷システム ガルスラベルファイアは、フレキソ印刷やスクリーン印刷あるいはコールドフォイル加工といった従来の印刷方式とUVインクジェットデジタル印刷を組み合わせることによってラベル印刷会社と加工会社に柔軟性をもたらした。

 ガルスは、ブリュッセルで開催されたラベル展示会「Labelexpo Europe 2019」において、ガルスラベルファイアによるフルバリアブルデータを印刷する方法を披露した。「Your Smoothie」キャンペーンでは、原材料の種類や量に応じて印刷プロセスの中でデザインが変更されるため、異なるラベルが印刷される。会場では、クリスマス・ウィンタースムージーのラベルがサンプルとして披露された。
Labelexpo Europe 2019でガルスラベルファイアはクリスマスらしいスムージーラベルを印刷
 ガルスラベルファイアでは、「インダストリアルバリアブルデータプリンティング」を標準としている。そのため少部数印刷の需要が高まっているバーコードや2Dコード、シリアル化やパーソナライズされたラベル印刷にも対応できる。

 さらにデジタル印刷のみ、あるいはハイブリッド印刷まで、ガルスラベルファイアは、従来の加工や装飾の範囲を完全に網羅している。これには、プライマー、スポットカラー、セキュリティ、コールドフォイル、ニス、ラミネートなどが含まれている。

 ガルスラベルファイアは、Labelexpoで統合されたデジタル加飾ユニット(DEU)とともに展示された。デジタル印刷向けに最適化されたインラインフィニッシングプロセスによって、ガルスラベルファイアは、インラインでニスや装飾、仕上げ加工にも対応する。これにより、フィニッシングプロセスを含めたインラインによるデジタルラベル印刷が可能となり、ヤレを削減するだけでなく、生産時間の短縮も実現できる。

関連記事

新着トピックス

dp_kawase_hp_indigo_7900_tn.jpg

大同至高印刷、小ロット対応の課題克服〜商品開発力にデジタル印刷を付加

2020年10月22日ケーススタディ

 世界の小売ブランドに高品質なカラー印刷を施したプラスチックシート製品を提供する大同至高印刷(株)(本社/愛知県名古屋市、川瀬康輝社長)は今年7月、新たな生産設備として導入した「HP ...全文を読む

dp_ij_mjp30axf_tn.jpg

ミヤコシ、軟包装用水性インクジェットを市場投入〜生産性と環境配慮を両立

2020年10月2日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年6月、軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の販売を開始した。同社では、この水性顔料インクを採用し...全文を読む

最新ニュース

kyoceradocumentsolutions_type_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、TASKalfa Proに大容量インクコンテナ搭載モデル

2020年11月18日

 京セラドキュメントソリューションズジャパン(株)(長井孝社長)は、インクジェットプロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」の新ラインアップとして、大容量インク...全文を読む

jp2020_poster_2-dp_tn.jpg

JP2020・ICTと印刷展、Withコロナ時代の印刷のあるべき姿提示[11月19日ー20日]

2020年11月16日

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催が延期されていた「JP2020・ICTと印刷展」(主催/JP産業展協会、西井幾雄会長)が11月19・20日の2日間、インテックス大阪5号館(大阪...全文を読む

dp_vabf_tn.jpg

富士ゼロックス、アートブックの祭典でIridesseの特殊色による印刷表現をアピール

2020年11月16日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、11月16日から23日まで、バーチャル空間で開催されているアートブックフェア「VIRTUAL ART BOOK FAIR(以...全文を読む

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

イベントを盛り上げるクリスマス・ウィンタースムージーラベル

 ハイブリッドラベル印刷システム ガルスラベルファイアは、フレキソ印刷やスクリーン印刷あるいはコールドフォイル加工といった従来の印刷方式とUVインクジェットデジタル印刷を組み合わせることによってラベル印刷会社と加工会社に柔軟性をもたらした。

 ガルスは、ブリュッセルで開催されたラベル展示会「Labelexpo Europe 2019」において、ガルスラベルファイアによるフルバリアブルデータを印刷する方法を披露した。「Your Smoothie」キャンペーンでは、原材料の種類や量に応じて印刷プロセスの中でデザインが変更されるため、異なるラベルが印刷される。会場では、クリスマス・ウィンタースムージーのラベルがサンプルとして披露された。
Labelexpo Europe 2019でガルスラベルファイアはクリスマスらしいスムージーラベルを印刷
 ガルスラベルファイアでは、「インダストリアルバリアブルデータプリンティング」を標準としている。そのため少部数印刷の需要が高まっているバーコードや2Dコード、シリアル化やパーソナライズされたラベル印刷にも対応できる。

 さらにデジタル印刷のみ、あるいはハイブリッド印刷まで、ガルスラベルファイアは、従来の加工や装飾の範囲を完全に網羅している。これには、プライマー、スポットカラー、セキュリティ、コールドフォイル、ニス、ラミネートなどが含まれている。

 ガルスラベルファイアは、Labelexpoで統合されたデジタル加飾ユニット(DEU)とともに展示された。デジタル印刷向けに最適化されたインラインフィニッシングプロセスによって、ガルスラベルファイアは、インラインでニスや装飾、仕上げ加工にも対応する。これにより、フィニッシングプロセスを含めたインラインによるデジタルラベル印刷が可能となり、ヤレを削減するだけでなく、生産時間の短縮も実現できる。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP