キーワードで検索

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印刷会社にとってクリスマスは、さらなる注文獲得の絶好の機会となっている。プライムファイア106、バーサファイア、そしてガルス ラベルファイア(日本国内はDKSHジャパン(株)が販売)を含むハイデルベルグ社(ドイツ)のデジタル印刷システムは、その創造性と品質で制作者の狙い通りのパーソナライズした印刷物の生産を可能にしている。

ドアからドアへ-24日間楽しめるパーソナライズアドベントカレンダー

   カラードルック・バイヤースブロン社では、2005年からスピードマスターでアドベントカレンダーを生産していた。ヨーロッパ全土で事業展開するこのサービスプロバイダーは、2009年に「パッケージングサービス」という新たなビジネス部門を設立し、カレンダーにお菓子などを詰めて発送するサービスを開始。そしてカラードルック・バイヤースブロン社は3年前から「パッケージングデジタル」というビジネス分野を立ち上げ、オンラインショップ「Design your Packaging」を介して、革新的なパッケージの制作をロット数「1」から受けている。

 「2018年から、私たちのお客様はWeb-to-Packショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを発注できるようになった。個人のお客様だけではなく法人のお客様も、心のこもったパーソナライズしたメッセージを送ることができる。私たちは、お客様の創造性とポジティブなフィードバックにとても驚いている」と、カラードルック・バイヤースブロン社の取締役トーマス・プフェファレ氏は説明する。
Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる
 今年の生産は、昨年の2倍になり、カラードルック・バイヤースブロン社は、とくにBtoB領域において新たな顧客グループを獲得することができたという。

 印刷は、350g/平米の用紙を使い、プライムファイア106で行った。「B1フォーマットであること、色の高い一貫性と再現性、明度、そして素材の対応力を高く評価している」と、パッケージングデジタル部門を率いるトム・シュトレーフケルク氏は述べている。B1フォーマットが可能なことで、カラードルック・バイヤースブロン社は、以前はオフセット印刷のみに使用していたポストプレスのダイカッティングツールをデジタル印刷でも使用できるようになった。

 デジタル印刷に加え、同社は高度に自動化された最新世代のスピードマスター4台で高級パッケージを印刷している。「私たちとハイデルベルグの関係は、パートナシップと建設的な意見交換によって成り立っている。私たちはハイデルベルグとともに、オフセットとデジタル印刷という、お互いに影響を与え合う関係を未来のための現実的なポテンシャルに変えてきた」と、トーマス・プフェファレ氏は説明する。

 カラードルック・バイヤースブロン社は、オフセットとデジタル印刷の統合による柔軟性を獲得し、あらゆるロットおいて効率のよい印刷を実現できるようになった。

関連記事

新着トピックス

flatsytem_samba_jpc_dp_tn.jpg

富士フイルム、Jet Pressの基幹部品を提供[Samba JPC]

2020年9月30日製品・テクノロジー

 富士フイルム(株)(助野健児社長)では、商業印刷やパッケージ印刷向け産業用シングルパスインクジェット印刷装置の製品化に必要な基幹部品やソフトウェアなどのインクジェットコンポーネントを...全文を読む

toshop_11000inkjetpress_tn.jpg

図書印刷、「DSR戦略」の新たな力に[11000 Inkjet Press導入事例]

2020年8月25日ケーススタディ

 図書印刷(株)(本社/東京都北区東十条3-10-36、川田和照社長)は2018年10月、主力生産拠点のひとつである沼津工場(静岡県沼津市大塚15)に、高速デジタル印刷・加工設備とWe...全文を読む

最新ニュース

dp_horizon_ht_300_tn.jpg

ホリゾン、バリアブル加工に対応する新製品2機種を発売

2020年10月21日

 (株)ホリゾンは、三方断裁機「iCE TRIMMER HT-300」と4クランプ無線綴じ製本機「iCE BINDER BQ-500」の2機種を10月中旬より発売する。  iCE TR...全文を読む

dp_plus_insatu_tn.jpg

日本HP、新コンテンツ「印刷会社の未来が変わる物語 」を10月27日にオンライン配信

2020年10月20日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では、新たなコン...全文を読む

taskalfa-pro-15000c_20200703_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、中国の商業用インクジェット市場に新規参入

2020年10月15日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は、10月12日から上海新国際博覧センターで開催されている展示会「All in Print China 2020」に商業用印刷...全文を読む

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印刷会社にとってクリスマスは、さらなる注文獲得の絶好の機会となっている。プライムファイア106、バーサファイア、そしてガルス ラベルファイア(日本国内はDKSHジャパン(株)が販売)を含むハイデルベルグ社(ドイツ)のデジタル印刷システムは、その創造性と品質で制作者の狙い通りのパーソナライズした印刷物の生産を可能にしている。

ドアからドアへ-24日間楽しめるパーソナライズアドベントカレンダー

   カラードルック・バイヤースブロン社では、2005年からスピードマスターでアドベントカレンダーを生産していた。ヨーロッパ全土で事業展開するこのサービスプロバイダーは、2009年に「パッケージングサービス」という新たなビジネス部門を設立し、カレンダーにお菓子などを詰めて発送するサービスを開始。そしてカラードルック・バイヤースブロン社は3年前から「パッケージングデジタル」というビジネス分野を立ち上げ、オンラインショップ「Design your Packaging」を介して、革新的なパッケージの制作をロット数「1」から受けている。

 「2018年から、私たちのお客様はWeb-to-Packショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを発注できるようになった。個人のお客様だけではなく法人のお客様も、心のこもったパーソナライズしたメッセージを送ることができる。私たちは、お客様の創造性とポジティブなフィードバックにとても驚いている」と、カラードルック・バイヤースブロン社の取締役トーマス・プフェファレ氏は説明する。
Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる
 今年の生産は、昨年の2倍になり、カラードルック・バイヤースブロン社は、とくにBtoB領域において新たな顧客グループを獲得することができたという。

 印刷は、350g/平米の用紙を使い、プライムファイア106で行った。「B1フォーマットであること、色の高い一貫性と再現性、明度、そして素材の対応力を高く評価している」と、パッケージングデジタル部門を率いるトム・シュトレーフケルク氏は述べている。B1フォーマットが可能なことで、カラードルック・バイヤースブロン社は、以前はオフセット印刷のみに使用していたポストプレスのダイカッティングツールをデジタル印刷でも使用できるようになった。

 デジタル印刷に加え、同社は高度に自動化された最新世代のスピードマスター4台で高級パッケージを印刷している。「私たちとハイデルベルグの関係は、パートナシップと建設的な意見交換によって成り立っている。私たちはハイデルベルグとともに、オフセットとデジタル印刷という、お互いに影響を与え合う関係を未来のための現実的なポテンシャルに変えてきた」と、トーマス・プフェファレ氏は説明する。

 カラードルック・バイヤースブロン社は、オフセットとデジタル印刷の統合による柔軟性を獲得し、あらゆるロットおいて効率のよい印刷を実現できるようになった。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP