キーワードで検索

小森コーポレーション、技術開発も最終段階へ 〜 ランダ技術融合のB1デジタル機

DPS技術生産本部DPS開発部・遠藤泰治部長に聞く

2016年9月15日製品・テクノロジースペシャリスト

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、drupa2016において、ナノグラフィックプリンティングプロセスを搭載した革新的なB1デジタル印刷機「Impremia(インプレミア)NS40」を初公開した。ランダ社(イスラエル)との戦略的パートナーシップ契約締結から4年、ついに登場した「Impremia NS40」が、これからの印刷業界にもたらす可能性、そしてランダ社との今後のパートナーシップ関係などについて、同社・DPS技術生産本部DPS開発部の遠藤泰治部長に聞いた。

 KOMORIは、2012年にランダ社と戦略的ビジネスパートナーシップを結び、革新的な「ナノグラフィックプリンティングシステム」と印刷プロセスの開発を追求してきた。そして、生産機に必須である印刷品質・印刷速度・ページあたりのコスト・印刷サイズ・用紙適性を備えた「Impremia NS40」をdrupa2016で披露した。

 「Impremia NS40」は、KOMORIのオフセット技術と、ランダ社の技術であるナノグラフィックプリンティングプロセス(ナノグラフィー)を融合した画期的なシステムのデジタル印刷機である。B1サイズで最速6,500sphの高速・高生産に対応している。
 この革新的なシステムと印刷プロセスには、数十ナノメーターサイズのナノ顔料粒子を色材として含む、環境に配慮した独自開発の水性インク「ランダ ナノインク」を採用している。
Impremia NS40

革新的なナノグラフィー技術

 ナノグラフィックプリンティングプロセスでは、まず数十億個のインク滴を打ち出す。これはヘッドから原反に直接ではなくブランケットに射出される。それぞれのインク滴は、加熱されたブランケットに付着して広がると、すぐに水分が蒸発して、極めて薄いポリマー膜となる。転写のためにブランケットと原反が接触して圧力がかかると、この薄い500ナノメーターのインクの層は、原反に浸透することなく、強く瞬間的に接着する。転写された画像は摩耗に強く、印刷後の乾燥も不要で、ブランケット上のインク残りもない。また、プリコート不要ですべての既製印刷用原反(コート紙、上質紙、厚紙、プラスチック、特殊紙)が使用できる。

drupa展示モデルにはリジェクターを装備

 ナノ技術による薄いインク膜厚でページコストを削減するほか、オフセット印刷に近い高画質と、4色でも広い色域の再現が可能となっている。
 また、オプションのデジタルステーションにより、フロントのMISとのジョブ情報の連携、マシンへのワンタッチ/ジョブプリセッティング、PDFと印刷結果を照合したオフライン検査、オフセットとのカラーマネージメントなど、オフセットで培ったトータルワークフロー連携、そして品質保証が確実に行える。drupa会場での展示機では、品質信頼性を確実にする検査装置とリジェクターを装備し、印刷の新たなページを開く生産性を兼ね備えたデジタル印刷機の可能性を披露した。

関連記事

新着トピックス

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

小森コーポレーション、技術開発も最終段階へ 〜 ランダ技術融合のB1デジタル機

DPS技術生産本部DPS開発部・遠藤泰治部長に聞く

2016年9月15日製品・テクノロジースペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、drupa2016において、ナノグラフィックプリンティングプロセスを搭載した革新的なB1デジタル印刷機「Impremia(インプレミア)NS40」を初公開した。ランダ社(イスラエル)との戦略的パートナーシップ契約締結から4年、ついに登場した「Impremia NS40」が、これからの印刷業界にもたらす可能性、そしてランダ社との今後のパートナーシップ関係などについて、同社・DPS技術生産本部DPS開発部の遠藤泰治部長に聞いた。

 KOMORIは、2012年にランダ社と戦略的ビジネスパートナーシップを結び、革新的な「ナノグラフィックプリンティングシステム」と印刷プロセスの開発を追求してきた。そして、生産機に必須である印刷品質・印刷速度・ページあたりのコスト・印刷サイズ・用紙適性を備えた「Impremia NS40」をdrupa2016で披露した。

 「Impremia NS40」は、KOMORIのオフセット技術と、ランダ社の技術であるナノグラフィックプリンティングプロセス(ナノグラフィー)を融合した画期的なシステムのデジタル印刷機である。B1サイズで最速6,500sphの高速・高生産に対応している。
 この革新的なシステムと印刷プロセスには、数十ナノメーターサイズのナノ顔料粒子を色材として含む、環境に配慮した独自開発の水性インク「ランダ ナノインク」を採用している。
Impremia NS40

革新的なナノグラフィー技術

 ナノグラフィックプリンティングプロセスでは、まず数十億個のインク滴を打ち出す。これはヘッドから原反に直接ではなくブランケットに射出される。それぞれのインク滴は、加熱されたブランケットに付着して広がると、すぐに水分が蒸発して、極めて薄いポリマー膜となる。転写のためにブランケットと原反が接触して圧力がかかると、この薄い500ナノメーターのインクの層は、原反に浸透することなく、強く瞬間的に接着する。転写された画像は摩耗に強く、印刷後の乾燥も不要で、ブランケット上のインク残りもない。また、プリコート不要ですべての既製印刷用原反(コート紙、上質紙、厚紙、プラスチック、特殊紙)が使用できる。

drupa展示モデルにはリジェクターを装備

 ナノ技術による薄いインク膜厚でページコストを削減するほか、オフセット印刷に近い高画質と、4色でも広い色域の再現が可能となっている。
 また、オプションのデジタルステーションにより、フロントのMISとのジョブ情報の連携、マシンへのワンタッチ/ジョブプリセッティング、PDFと印刷結果を照合したオフライン検査、オフセットとのカラーマネージメントなど、オフセットで培ったトータルワークフロー連携、そして品質保証が確実に行える。drupa会場での展示機では、品質信頼性を確実にする検査装置とリジェクターを装備し、印刷の新たなページを開く生産性を兼ね備えたデジタル印刷機の可能性を披露した。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP