キーワードで検索

エイエイピー、色安定性・広色域で新たな需要創出に成功[Jet Press 750S 導入事例]

作業効率・生産性が一段と高まり、より人を活かしやすい環境に

2021年12月17日ケーススタディ

 静岡に本社を置き、さまざまなメディアを駆使したプロモーション支援を手がける(株)エイエイピー(本社/静岡県静岡市駿河区森下町3-6、土屋康一社長)は、2020年3月に富士フイルムの枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入し、本紙校正や小ロットの印刷物に活用しながら、製版部門・印刷部門の作業効率向上・働き方改革にも活かしている。また、専門の営業部隊によって、広色域やバリアブルなどの強みを活かした新たな付加価値提案も進めている。具体的な活用状況やメリットなどについて、専務取締役・土屋範之氏、事業本部事業部長・稲木龍司氏、事業本部プリントメディア事業部部長・狩野真司氏に伺った。

オフセットからJet Press 750Sへの移行進める

旅館向け印刷業から総合広告商社へ

 同社は、熱海の旅館で支配人をしていた初代社長が1953年に創業。旅館の集客には印刷物で首都圏をはじめ全国にPRすることが必要だと考えたが、当時、地元には高品質な印刷物を依頼できる印刷会社がなかったという。そこで、自ら印刷会社を立ち上げたのが始まりである。

 創業当初はパンフレットやDMなどの印刷物が中心だったが、次第に館内・客室の備品の販売やペーパーバッグ(紙袋)、箸袋、お膳紙などの消耗品類、旅館で開催される各種イベントなど、旅館の集客支援をおこなう「総合広告商社」へと業容を拡大。その中で、ショッピングセンターや交通関連、メーカーほか一般企業の広報宣伝、販売支援も手がけるようになっていった。近年では、印刷物以外にも、イベント開催を始め、HPや動画の制作、Web広告、ドローンでの撮影、顧客管理、営業支援システムの開発・販売など、デジタル事業も積極的に展開している。

 現在、全国に7支店・4営業所を持ち、各地域のニーズを踏まえた営業活動を行っている。グループ全体の社員数は約400名で、うち営業が約200名、クリエイター・デザイナーが約100人、制作や印刷・商品開発などの事業部が約100名となっている。

新着トピックス

佐川印刷、「Sakawa Digital Printing Factory」オープン

2022年1月5日企業・経営

 宇和島から世界へ--。愛媛県松山市に本社を置く佐川印刷(株)(佐川正純社長)は、リコー(株)とオープンイノベーション契約を締結予定で、愛媛県宇和島市の吉田工場で生産した製品を日本全国...全文を読む

eikoh_2021t_indigo_tn.jpg

栄光、HP Indigo 7K導入で同人誌の広色域ニーズに対応

2021年12月8日ケーススタディ

 同人誌印刷の国内最大手である(株)栄光(本社/広島県福山市、岡田一社長、https://www.eikou.com)が「HP Indigo 7K デジタル印刷機」を導入した。同機は、...全文を読む

最新ニュース

komori_usa_pack_tn.jpg

コモリ・アメリカとSpectrum Printing社、Digital Packaging Summit 2021の紙器部門で部門賞

2021年12月17日

 コモリ・アメリカ・コーポレーションと米国の印刷会社Spectrum Printing社は、11月8日から10日にフロリダ州ポンテベドラビーチで開催されたDigital Packagi...全文を読む

hp_indigo25k_epac_tn.jpg

HPとePac、アジア太平洋地域における軟包装の需要拡大にIndigoで対応

2021年12月15日

 HP Inc.(以下「HP」)は、ePac Flexible Packaging(以下「ePac」)との連携を拡大し、アジア太平洋地域における中小規模のブランドに、高品質で持続可能な...全文を読む

hp_17_webinar_dp_tn.jpg

日本HP、12月17日「FSDU」テーマにオンラインセミナー開催

2021年12月9日

 日本HPは、12月17日(金)15時から「自立式ディスプレイユニット(FSDU)で機会を拡大する方法」をテーマに大判プリンターオンラインセミナーを開催する。  セミナーでは、市場規模...全文を読む

エイエイピー、色安定性・広色域で新たな需要創出に成功[Jet Press 750S 導入事例]

作業効率・生産性が一段と高まり、より人を活かしやすい環境に

2021年12月17日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line

 静岡に本社を置き、さまざまなメディアを駆使したプロモーション支援を手がける(株)エイエイピー(本社/静岡県静岡市駿河区森下町3-6、土屋康一社長)は、2020年3月に富士フイルムの枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入し、本紙校正や小ロットの印刷物に活用しながら、製版部門・印刷部門の作業効率向上・働き方改革にも活かしている。また、専門の営業部隊によって、広色域やバリアブルなどの強みを活かした新たな付加価値提案も進めている。具体的な活用状況やメリットなどについて、専務取締役・土屋範之氏、事業本部事業部長・稲木龍司氏、事業本部プリントメディア事業部部長・狩野真司氏に伺った。

オフセットからJet Press 750Sへの移行進める

旅館向け印刷業から総合広告商社へ

 同社は、熱海の旅館で支配人をしていた初代社長が1953年に創業。旅館の集客には印刷物で首都圏をはじめ全国にPRすることが必要だと考えたが、当時、地元には高品質な印刷物を依頼できる印刷会社がなかったという。そこで、自ら印刷会社を立ち上げたのが始まりである。

 創業当初はパンフレットやDMなどの印刷物が中心だったが、次第に館内・客室の備品の販売やペーパーバッグ(紙袋)、箸袋、お膳紙などの消耗品類、旅館で開催される各種イベントなど、旅館の集客支援をおこなう「総合広告商社」へと業容を拡大。その中で、ショッピングセンターや交通関連、メーカーほか一般企業の広報宣伝、販売支援も手がけるようになっていった。近年では、印刷物以外にも、イベント開催を始め、HPや動画の制作、Web広告、ドローンでの撮影、顧客管理、営業支援システムの開発・販売など、デジタル事業も積極的に展開している。

 現在、全国に7支店・4営業所を持ち、各地域のニーズを踏まえた営業活動を行っている。グループ全体の社員数は約400名で、うち営業が約200名、クリエイター・デザイナーが約100人、制作や印刷・商品開発などの事業部が約100名となっている。

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP