キーワードで検索

エイエイピー、色安定性・広色域で新たな需要創出に成功[Jet Press 750S 導入事例]

作業効率・生産性が一段と高まり、より人を活かしやすい環境に

2021年12月17日ケーススタディ

 静岡に本社を置き、さまざまなメディアを駆使したプロモーション支援を手がける(株)エイエイピー(本社/静岡県静岡市駿河区森下町3-6、土屋康一社長)は、2020年3月に富士フイルムの枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入し、本紙校正や小ロットの印刷物に活用しながら、製版部門・印刷部門の作業効率向上・働き方改革にも活かしている。また、専門の営業部隊によって、広色域やバリアブルなどの強みを活かした新たな付加価値提案も進めている。具体的な活用状況やメリットなどについて、専務取締役・土屋範之氏、事業本部事業部長・稲木龍司氏、事業本部プリントメディア事業部部長・狩野真司氏に伺った。

オフセットからJet Press 750Sへの移行進める

旅館向け印刷業から総合広告商社へ

 同社は、熱海の旅館で支配人をしていた初代社長が1953年に創業。旅館の集客には印刷物で首都圏をはじめ全国にPRすることが必要だと考えたが、当時、地元には高品質な印刷物を依頼できる印刷会社がなかったという。そこで、自ら印刷会社を立ち上げたのが始まりである。

 創業当初はパンフレットやDMなどの印刷物が中心だったが、次第に館内・客室の備品の販売やペーパーバッグ(紙袋)、箸袋、お膳紙などの消耗品類、旅館で開催される各種イベントなど、旅館の集客支援をおこなう「総合広告商社」へと業容を拡大。その中で、ショッピングセンターや交通関連、メーカーほか一般企業の広報宣伝、販売支援も手がけるようになっていった。近年では、印刷物以外にも、イベント開催を始め、HPや動画の制作、Web広告、ドローンでの撮影、顧客管理、営業支援システムの開発・販売など、デジタル事業も積極的に展開している。

 現在、全国に7支店・4営業所を持ち、各地域のニーズを踏まえた営業活動を行っている。グループ全体の社員数は約400名で、うち営業が約200名、クリエイター・デザイナーが約100人、制作や印刷・商品開発などの事業部が約100名となっている。

新着トピックス

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

2022年4月11日スペシャリスト

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業  日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えること...全文を読む

国府印刷社、デジタル加飾で自由度の高いメタリック表現を実現

2022年4月8日ケーススタディ

 「印刷+α」のサービスで高付加価値な印刷物を提供する(株)国府印刷社(本社/福井県越前市、有定耕平社長)に新サービスが誕生した。これは、2022年1月に導入したデジタル加飾印刷機「A...全文を読む

最新ニュース

tmdh_2022_dp_tn.jpg

東京ミッドタウン・デザインハブ、「日本のグラフィックデザイン2022」6月30日から開催

2022年5月27日

 東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学TUB)は、第97回企画展「日本のグラフィックデザイン...全文を読む

dp_tpl350uv_200_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UVシリーズ」が出荷台数200台を達成

2022年5月25日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)が開発・製造・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリ...全文を読む

エプソン、大判プリンターなど一部商品の出荷価格を改定

2022年5月24日

 エプソン販売(株)は、一部商品においての出荷価格を7月1日納品分より改定する。  同社では、これまで原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転...全文を読む

エイエイピー、色安定性・広色域で新たな需要創出に成功[Jet Press 750S 導入事例]

作業効率・生産性が一段と高まり、より人を活かしやすい環境に

2021年12月17日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line

 静岡に本社を置き、さまざまなメディアを駆使したプロモーション支援を手がける(株)エイエイピー(本社/静岡県静岡市駿河区森下町3-6、土屋康一社長)は、2020年3月に富士フイルムの枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入し、本紙校正や小ロットの印刷物に活用しながら、製版部門・印刷部門の作業効率向上・働き方改革にも活かしている。また、専門の営業部隊によって、広色域やバリアブルなどの強みを活かした新たな付加価値提案も進めている。具体的な活用状況やメリットなどについて、専務取締役・土屋範之氏、事業本部事業部長・稲木龍司氏、事業本部プリントメディア事業部部長・狩野真司氏に伺った。

オフセットからJet Press 750Sへの移行進める

旅館向け印刷業から総合広告商社へ

 同社は、熱海の旅館で支配人をしていた初代社長が1953年に創業。旅館の集客には印刷物で首都圏をはじめ全国にPRすることが必要だと考えたが、当時、地元には高品質な印刷物を依頼できる印刷会社がなかったという。そこで、自ら印刷会社を立ち上げたのが始まりである。

 創業当初はパンフレットやDMなどの印刷物が中心だったが、次第に館内・客室の備品の販売やペーパーバッグ(紙袋)、箸袋、お膳紙などの消耗品類、旅館で開催される各種イベントなど、旅館の集客支援をおこなう「総合広告商社」へと業容を拡大。その中で、ショッピングセンターや交通関連、メーカーほか一般企業の広報宣伝、販売支援も手がけるようになっていった。近年では、印刷物以外にも、イベント開催を始め、HPや動画の制作、Web広告、ドローンでの撮影、顧客管理、営業支援システムの開発・販売など、デジタル事業も積極的に展開している。

 現在、全国に7支店・4営業所を持ち、各地域のニーズを踏まえた営業活動を行っている。グループ全体の社員数は約400名で、うち営業が約200名、クリエイター・デザイナーが約100人、制作や印刷・商品開発などの事業部が約100名となっている。

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP