キーワードで検索

クラリアント、新たなインクジェット用顔料で色域を拡大

2018年5月22日ニュース

 クラリアント社は、新顔料で色域を拡大し、デジタル印刷向けインク/トナー用顔料、染料、加工顔料用分散剤の製品レンジを拡大した。

 クラリアントは、これまでにもインクジェットインクやプリントの色彩を豊かにする数多くのソリューションを提供してきた。しかし今回、「Ink Jet Magenta E-S VP6057」と「Ink Jet Orange GR VP6102」の2つの新製品を導入し、その色彩の範囲をさらに拡大する。

 インクジェットインク用顔料である両製品は、水性インク、溶媒系インク、UV系インクに使用できる。いずれの顔料も優れた耐光性と耐候性を備えており、屋外・屋内のさまざまな用途に使用できる。また、カチオン含有量が少なく、優れたインク安定性や信頼性の高い印刷性能に必要な要件も満たしている。

 Ink Jet Magenta E-S VP6057は、青みが強いマゼンタ顔料であり、優れた流動特性と長期の粘度安定性を備えている。その特徴は、非常に高い透明度と超微粒子、シャープな粒径分布にある。その非常に優れた流動性と鮮明な色合い(高彩度)が組み合わされることにより、現在市販されている他のPR122グレード(キナクリドン顔料)を上回る品質を実現している。

 Ink Jet Orange GR VP6102は、デジタルインク専用に設計されたピグメントオレンジ43グレード顔料としては唯一の市販品となる。あらゆるオレンジ顔料の中でも最も鮮明にオレンジ色を発色する顔料の1つである。

 クラリアント顔料ビジネスユニット、日本のマーケティング&セールス長である宮谷隆義氏は、「従来のCMYK4色システム(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)で表現できる色域には、若干の制限があった。そのため現在では、印刷用の顔料を増やす傾向が高まっている。オレンジ、さらには緑や紫を追加して色域を拡大すれば、とくにグラフィックアート(フライヤー、パンフレット)や包装材(ラベル、食品パッケージ)での注目をさらに集めることができる」と話している。

 クラリアントでは、様々なデジタルパッケージ印刷用ソリューションに関する情報を提供している。ソリューションにはインク用顔料のほか、ラベル/包装材向け液体トナー用顔料も含まれる。また、短期間のデジタル出版印刷用カラーソリューションも提供している。クラリアントでは、あらゆるプロセスカラーとシェーディングカラーを生産している。

 クラリアント顔料ビジネスユニットNIP&カラーフィルターのグローバルテクニカルマネジャーRüdiger Baur氏は、「クラリアントは、ノンインパクト印刷を構成する様々な要素で使用される専用品を全世界の市場に提供している。その製品には、Duasyn SF(無塩)精製インクジェットグレードや加工顔料であるHostacopy、インクジェット用分散体であるHostajet、電荷制御剤(CCA)のほか、一部地域向けのトナー用焼成シリカが含まれている」と話している。

関連記事

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

uteco-kinyosha-start_dp_tn.jpg

金羊社グループ、軟包装向け水性インクジェットプレス「Sapphire EVO」世界1号機が稼働開始

2020年1月30日

 日本のエンターテインメント印刷最大手および水性フレキソパッケージ印刷で知られる(株)金羊社(本社/東京都大田区)は、コダックとUTECO社との提携で開発した軟包装向け水性インクジェッ...全文を読む

dp_kyocera_task_tn.jpg

京セラドキュメントソリューションズ、商業用インクジェット事業に本格参入

2020年1月30日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は1月27日、京セラドキュメントソリューションズジャパン(株)(長井孝社長)東京本社に設置されたショールーム「ナレッジプラス」...全文を読む

新着トピックス

dp_future_edge_tn.jpg

富士ゼロックス、顧客とともに変革に挑戦する「Future Edge」

2020年1月21日企業・経営

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)が2018年5月、神奈川県海老名市の同社・海老名事業所内に開設した「Future Edge(フューチャー・エッジ)」は、グラフィ...全文を読む

kd1_tn.jpg

K・Dサービス(神崎紙器グループ)、段ボール用IJ印刷機で新領域へ挑戦

2020年1月8日ケーススタディ

 段ボールシート・ケースのトータル生産システムを開発し、各種段ボールの製造販売を行う神崎紙器工業(株)(本社/兵庫県尼崎市)のデジタル印刷事業会社であるK・Dサービス(株)(池田大樹社...全文を読む

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

クラリアント、新たなインクジェット用顔料で色域を拡大

2018年5月22日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • ノンインパクト印刷向けインクジェットおよびトナー専用製品を網羅ノンインパクト印刷向けインクジェットおよびトナー専用製品を網羅

 クラリアント社は、新顔料で色域を拡大し、デジタル印刷向けインク/トナー用顔料、染料、加工顔料用分散剤の製品レンジを拡大した。

 クラリアントは、これまでにもインクジェットインクやプリントの色彩を豊かにする数多くのソリューションを提供してきた。しかし今回、「Ink Jet Magenta E-S VP6057」と「Ink Jet Orange GR VP6102」の2つの新製品を導入し、その色彩の範囲をさらに拡大する。

 インクジェットインク用顔料である両製品は、水性インク、溶媒系インク、UV系インクに使用できる。いずれの顔料も優れた耐光性と耐候性を備えており、屋外・屋内のさまざまな用途に使用できる。また、カチオン含有量が少なく、優れたインク安定性や信頼性の高い印刷性能に必要な要件も満たしている。

 Ink Jet Magenta E-S VP6057は、青みが強いマゼンタ顔料であり、優れた流動特性と長期の粘度安定性を備えている。その特徴は、非常に高い透明度と超微粒子、シャープな粒径分布にある。その非常に優れた流動性と鮮明な色合い(高彩度)が組み合わされることにより、現在市販されている他のPR122グレード(キナクリドン顔料)を上回る品質を実現している。

 Ink Jet Orange GR VP6102は、デジタルインク専用に設計されたピグメントオレンジ43グレード顔料としては唯一の市販品となる。あらゆるオレンジ顔料の中でも最も鮮明にオレンジ色を発色する顔料の1つである。

 クラリアント顔料ビジネスユニット、日本のマーケティング&セールス長である宮谷隆義氏は、「従来のCMYK4色システム(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)で表現できる色域には、若干の制限があった。そのため現在では、印刷用の顔料を増やす傾向が高まっている。オレンジ、さらには緑や紫を追加して色域を拡大すれば、とくにグラフィックアート(フライヤー、パンフレット)や包装材(ラベル、食品パッケージ)での注目をさらに集めることができる」と話している。

 クラリアントでは、様々なデジタルパッケージ印刷用ソリューションに関する情報を提供している。ソリューションにはインク用顔料のほか、ラベル/包装材向け液体トナー用顔料も含まれる。また、短期間のデジタル出版印刷用カラーソリューションも提供している。クラリアントでは、あらゆるプロセスカラーとシェーディングカラーを生産している。

 クラリアント顔料ビジネスユニットNIP&カラーフィルターのグローバルテクニカルマネジャーRüdiger Baur氏は、「クラリアントは、ノンインパクト印刷を構成する様々な要素で使用される専用品を全世界の市場に提供している。その製品には、Duasyn SF(無塩)精製インクジェットグレードや加工顔料であるHostacopy、インクジェット用分散体であるHostajet、電荷制御剤(CCA)のほか、一部地域向けのトナー用焼成シリカが含まれている」と話している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP