キーワードで検索

クラリアント、新たなインクジェット用顔料で色域を拡大

2018年5月22日ニュース

 クラリアント社は、新顔料で色域を拡大し、デジタル印刷向けインク/トナー用顔料、染料、加工顔料用分散剤の製品レンジを拡大した。

 クラリアントは、これまでにもインクジェットインクやプリントの色彩を豊かにする数多くのソリューションを提供してきた。しかし今回、「Ink Jet Magenta E-S VP6057」と「Ink Jet Orange GR VP6102」の2つの新製品を導入し、その色彩の範囲をさらに拡大する。

 インクジェットインク用顔料である両製品は、水性インク、溶媒系インク、UV系インクに使用できる。いずれの顔料も優れた耐光性と耐候性を備えており、屋外・屋内のさまざまな用途に使用できる。また、カチオン含有量が少なく、優れたインク安定性や信頼性の高い印刷性能に必要な要件も満たしている。

 Ink Jet Magenta E-S VP6057は、青みが強いマゼンタ顔料であり、優れた流動特性と長期の粘度安定性を備えている。その特徴は、非常に高い透明度と超微粒子、シャープな粒径分布にある。その非常に優れた流動性と鮮明な色合い(高彩度)が組み合わされることにより、現在市販されている他のPR122グレード(キナクリドン顔料)を上回る品質を実現している。

 Ink Jet Orange GR VP6102は、デジタルインク専用に設計されたピグメントオレンジ43グレード顔料としては唯一の市販品となる。あらゆるオレンジ顔料の中でも最も鮮明にオレンジ色を発色する顔料の1つである。

 クラリアント顔料ビジネスユニット、日本のマーケティング&セールス長である宮谷隆義氏は、「従来のCMYK4色システム(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)で表現できる色域には、若干の制限があった。そのため現在では、印刷用の顔料を増やす傾向が高まっている。オレンジ、さらには緑や紫を追加して色域を拡大すれば、とくにグラフィックアート(フライヤー、パンフレット)や包装材(ラベル、食品パッケージ)での注目をさらに集めることができる」と話している。

 クラリアントでは、様々なデジタルパッケージ印刷用ソリューションに関する情報を提供している。ソリューションにはインク用顔料のほか、ラベル/包装材向け液体トナー用顔料も含まれる。また、短期間のデジタル出版印刷用カラーソリューションも提供している。クラリアントでは、あらゆるプロセスカラーとシェーディングカラーを生産している。

 クラリアント顔料ビジネスユニットNIP&カラーフィルターのグローバルテクニカルマネジャーRüdiger Baur氏は、「クラリアントは、ノンインパクト印刷を構成する様々な要素で使用される専用品を全世界の市場に提供している。その製品には、Duasyn SF(無塩)精製インクジェットグレードや加工顔料であるHostacopy、インクジェット用分散体であるHostajet、電荷制御剤(CCA)のほか、一部地域向けのトナー用焼成シリカが含まれている」と話している。

関連記事

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

mutoh_xpertjet_dp_tn.jpg

武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

2019年7月18日

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、早川信正社長)は、高品質・高画質のエコソルベントプリンタ「XpertJet 1682SR」と「同1641SR」を発売する。  「XpertJet...全文を読む

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

新着トピックス

swissq1_tn.jpg

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年7月19日ケーススタディ

 スイスに本社を構えるswissQprint社は、ワイドフォーマットハイエンドUVフラットベッドプリンタのメーカーとして2007年に設立した。同社製品は世界中でユーザーを拡大しており、...全文を読む

shanon_Jpmd20190717_dp_tn.jpg

シャノンとJPMD、DMの自動印刷・発送機能とMAサービスを連携

2019年7月17日マーケティング

 (株)シャノン(東京都港区、中村健一郎社長)と日本郵政グループの(株)JPメディアダイレクト(東京都港区、中島直樹CEO、以下「JPMD」)は、シャノンが提供するマーケティングオート...全文を読む

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

クラリアント、新たなインクジェット用顔料で色域を拡大

2018年5月22日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • ノンインパクト印刷向けインクジェットおよびトナー専用製品を網羅ノンインパクト印刷向けインクジェットおよびトナー専用製品を網羅

 クラリアント社は、新顔料で色域を拡大し、デジタル印刷向けインク/トナー用顔料、染料、加工顔料用分散剤の製品レンジを拡大した。

 クラリアントは、これまでにもインクジェットインクやプリントの色彩を豊かにする数多くのソリューションを提供してきた。しかし今回、「Ink Jet Magenta E-S VP6057」と「Ink Jet Orange GR VP6102」の2つの新製品を導入し、その色彩の範囲をさらに拡大する。

 インクジェットインク用顔料である両製品は、水性インク、溶媒系インク、UV系インクに使用できる。いずれの顔料も優れた耐光性と耐候性を備えており、屋外・屋内のさまざまな用途に使用できる。また、カチオン含有量が少なく、優れたインク安定性や信頼性の高い印刷性能に必要な要件も満たしている。

 Ink Jet Magenta E-S VP6057は、青みが強いマゼンタ顔料であり、優れた流動特性と長期の粘度安定性を備えている。その特徴は、非常に高い透明度と超微粒子、シャープな粒径分布にある。その非常に優れた流動性と鮮明な色合い(高彩度)が組み合わされることにより、現在市販されている他のPR122グレード(キナクリドン顔料)を上回る品質を実現している。

 Ink Jet Orange GR VP6102は、デジタルインク専用に設計されたピグメントオレンジ43グレード顔料としては唯一の市販品となる。あらゆるオレンジ顔料の中でも最も鮮明にオレンジ色を発色する顔料の1つである。

 クラリアント顔料ビジネスユニット、日本のマーケティング&セールス長である宮谷隆義氏は、「従来のCMYK4色システム(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)で表現できる色域には、若干の制限があった。そのため現在では、印刷用の顔料を増やす傾向が高まっている。オレンジ、さらには緑や紫を追加して色域を拡大すれば、とくにグラフィックアート(フライヤー、パンフレット)や包装材(ラベル、食品パッケージ)での注目をさらに集めることができる」と話している。

 クラリアントでは、様々なデジタルパッケージ印刷用ソリューションに関する情報を提供している。ソリューションにはインク用顔料のほか、ラベル/包装材向け液体トナー用顔料も含まれる。また、短期間のデジタル出版印刷用カラーソリューションも提供している。クラリアントでは、あらゆるプロセスカラーとシェーディングカラーを生産している。

 クラリアント顔料ビジネスユニットNIP&カラーフィルターのグローバルテクニカルマネジャーRüdiger Baur氏は、「クラリアントは、ノンインパクト印刷を構成する様々な要素で使用される専用品を全世界の市場に提供している。その製品には、Duasyn SF(無塩)精製インクジェットグレードや加工顔料であるHostacopy、インクジェット用分散体であるHostajet、電荷制御剤(CCA)のほか、一部地域向けのトナー用焼成シリカが含まれている」と話している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP