キーワードで検索

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

大型広告の制作業務を革新〜最高453平方メートル/時の出力可能

2019年11月14日ニュース

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を開始した。
JETI TAURO H3300 LED
 同機は、解像度1,200dpi、最高453平方メートル/時の出力が可能で、実用的な印刷モードであるプロダクションモードで226平方メートル/時を誇る。3.2メートル幅・50メートル巻きのロールメディアを1本あたり40分ほどで印刷が完了する。一方、ロールユニットは直径600ミリまでのジャンボロールが搭載可能である。

 印刷テーブルはコンベアシステムを採用し、シートの印刷も可能なため、ロールメディアをセットすることなく、手軽に色校正や試し刷りなどが行える。

 UVインクは、JETI TAURO専用にアグフアが自社開発した高濃度インクを採用。CMYK、ライトブラック、ライトマゼンタに加え、オプションでホワイト、プライマーを搭載でき、いずれもインク消費量が少なく、膜厚の薄い仕上りとなる。プリントヘッドは、最新の高解像度ヘッドを最大60本搭載する。

 同社では、「大型の広告幕、懸垂幕などの出力時間を大幅に短縮するほか、独自の搬送システムにより大型幕の出力・生産工程に革新をもたらす」としている。

関連記事

最新ニュース

dp_est480_tn.jpg

桂川電機とマークス、昇華転写プリントの効率化を加速する「KIP EST480」発売

2020年1月9日

 桂川電機(株)(本社/東京都大田区、渡邉正禮社長)と各種ウェアおよび各種用品のマーキング加工を手がける(株)マークス(本社/熊本県熊本市、田中博社長)は、デジタルテキスタイル印刷にお...全文を読む

agfa-greenguard-gold-vector-logo_dp_tn.jpg

アグフア、UVインクジェットインクが「GREENGUARDゴールド認定」取得

2019年12月18日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、サイン&ディスプレイ向けUVインクジェットインクである「Anuvia(アヌビア)1250/1551」と「Anapurna(アナプルナ)...全文を読む

dp_scs80650l_tn.jpg

エプソン、インクの交換頻度と保管スペースを削減するエコソルベントインク搭載大判IJ機発売

2019年12月18日

 エプソンは、サイン&ディスプレイ業界向けエコソルベントインク搭載大判インクジェットプリンターの新商品として、インクパックを採用した10色インク搭載「SC-S80650L」、および4色...全文を読む

日本HP、HP Indigo 7900 デジタル印刷機に対応するシルバーインキの販売開始

2019年12月18日

 (株)日本HP(本社/東京都江東区)は、商業印刷向け「HP Indigo 7900 デジタル印刷機」に対応する特色インキ「HP Indigoエレクトロインキシルバー」の販売を開始する...全文を読む

dp_ev_ep_sampl_tn.jpg

ハイデルベルグ社、バーサファイアの新たな後加工オプションの提供開始

2019年12月18日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほどプリネクトDFEをアップデートし、デジタルソリューション「バーサファイアEV/EP」のインラインフィニッシングのオプションとして新しいハードウェ...全文を読む

新着トピックス

kd1_tn.jpg

K・Dサービス(神崎紙器グループ)、段ボール用IJ印刷機で新領域へ挑戦

2020年1月8日ケーススタディ

 段ボールシート・ケースのトータル生産システムを開発し、各種段ボールの製造販売を行う神崎紙器工業(株)(本社/兵庫県尼崎市)のデジタル印刷事業会社であるK・Dサービス(株)(池田大樹社...全文を読む

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

大型広告の制作業務を革新〜最高453平方メートル/時の出力可能

2019年11月14日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を開始した。
JETI TAURO H3300 LED
 同機は、解像度1,200dpi、最高453平方メートル/時の出力が可能で、実用的な印刷モードであるプロダクションモードで226平方メートル/時を誇る。3.2メートル幅・50メートル巻きのロールメディアを1本あたり40分ほどで印刷が完了する。一方、ロールユニットは直径600ミリまでのジャンボロールが搭載可能である。

 印刷テーブルはコンベアシステムを採用し、シートの印刷も可能なため、ロールメディアをセットすることなく、手軽に色校正や試し刷りなどが行える。

 UVインクは、JETI TAURO専用にアグフアが自社開発した高濃度インクを採用。CMYK、ライトブラック、ライトマゼンタに加え、オプションでホワイト、プライマーを搭載でき、いずれもインク消費量が少なく、膜厚の薄い仕上りとなる。プリントヘッドは、最新の高解像度ヘッドを最大60本搭載する。

 同社では、「大型の広告幕、懸垂幕などの出力時間を大幅に短縮するほか、独自の搬送システムにより大型幕の出力・生産工程に革新をもたらす」としている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP