キーワードで検索

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

大型広告の制作業務を革新〜最高453平方メートル/時の出力可能

2019年11月14日ニュース

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を開始した。
JETI TAURO H3300 LED
 同機は、解像度1,200dpi、最高453平方メートル/時の出力が可能で、実用的な印刷モードであるプロダクションモードで226平方メートル/時を誇る。3.2メートル幅・50メートル巻きのロールメディアを1本あたり40分ほどで印刷が完了する。一方、ロールユニットは直径600ミリまでのジャンボロールが搭載可能である。

 印刷テーブルはコンベアシステムを採用し、シートの印刷も可能なため、ロールメディアをセットすることなく、手軽に色校正や試し刷りなどが行える。

 UVインクは、JETI TAURO専用にアグフアが自社開発した高濃度インクを採用。CMYK、ライトブラック、ライトマゼンタに加え、オプションでホワイト、プライマーを搭載でき、いずれもインク消費量が少なく、膜厚の薄い仕上りとなる。プリントヘッドは、最新の高解像度ヘッドを最大60本搭載する。

 同社では、「大型の広告幕、懸垂幕などの出力時間を大幅に短縮するほか、独自の搬送システムにより大型幕の出力・生産工程に革新をもたらす」としている。

関連記事

最新ニュース

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

エプソン、2020年2月1日より大判インクジェットプリンター消耗品の標準価格改定

2019年11月13日

 エプソン販売(株)(鈴村文徳社長)は、大判インクジェットプリンターの一部消耗品(インクカートリッジ、クリーニング液)の標準価格を、2020年2月1日より改定することを発表した。  エ...全文を読む

drupa_d_club_dp_tn.jpg

メッセ・デュッセルドルフ、東京で「drupaデュッセルCLUB」開催

2019年11月12日

 世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2016」開催を来年6月に控え、主催するメッセ・デュッセルドルフでは12月2日、業界団体・メディア、drupa20...全文を読む

共進ペイパー&パッケージ、「Primefire106」国内1号機が稼働開始

2019年11月7日

 (株)共進ペイパー&パッケージ関東工場(千葉市花見川区)に国内1号機で導入されたB1デジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が11月7日、稼働を開始した。  同...全文を読む

新着トピックス

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

大型広告の制作業務を革新〜最高453平方メートル/時の出力可能

2019年11月14日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を開始した。
JETI TAURO H3300 LED
 同機は、解像度1,200dpi、最高453平方メートル/時の出力が可能で、実用的な印刷モードであるプロダクションモードで226平方メートル/時を誇る。3.2メートル幅・50メートル巻きのロールメディアを1本あたり40分ほどで印刷が完了する。一方、ロールユニットは直径600ミリまでのジャンボロールが搭載可能である。

 印刷テーブルはコンベアシステムを採用し、シートの印刷も可能なため、ロールメディアをセットすることなく、手軽に色校正や試し刷りなどが行える。

 UVインクは、JETI TAURO専用にアグフアが自社開発した高濃度インクを採用。CMYK、ライトブラック、ライトマゼンタに加え、オプションでホワイト、プライマーを搭載でき、いずれもインク消費量が少なく、膜厚の薄い仕上りとなる。プリントヘッドは、最新の高解像度ヘッドを最大60本搭載する。

 同社では、「大型の広告幕、懸垂幕などの出力時間を大幅に短縮するほか、独自の搬送システムにより大型幕の出力・生産工程に革新をもたらす」としている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP