キーワードで検索

HP、HP PageWideの新たな段ボールパッケージソリューションを発表

2021年8月25日ニュース

 HP(米国)は、2021年8月に米国で開催されたパッケージングの見本市「SuperCorrExpo」に合わせ、パッケージのデジタル印刷において量産と高い収益性を実現する、HP PageWideの新たな段ボールパッケージ用ソリューションとして、新たなプリントヘッド技術を搭載したプレプリント対応段ボール用デジタル輪転印刷機「HP PageWide T1195i Press」などを発表した。
HP PageWide T1195i Press
 HPサーマルインクジェット技術と水性インクを搭載するHP PageWideは、段ボール市場向けにライナー原紙に印刷するプレプリントと、段ボールシートに直接印刷するポストプリントの両方に対応する。幅110インチの「HP PageWide T1195i Press」に搭載された新しいHPサーマルインクジェットプリントヘッドは、ロール給紙式印刷機の堅牢性と経済性を向上させている。これにより、デジタル印刷によるメインストリームの生産を促進し、コンバーターがさらに多くのジョブをフレキソプレプリントおよびオフセット印刷の合紙加工からデジタルに移行できるようになる。

 このプリントヘッド技術には、サーマルコントロール機能が組み込まれており、プレプリントシステムの性能が向上し、運用コストの削減につながる一方で、一貫性のある高品質な印刷を高速で提供する。新たなプリントヘッドを搭載した「HP PageWide T1195i Press」は、給紙機能の向上により、幅広いライナーとアプリケーションをサポートする。

 また、HPは、HP PageWideの持続可能性を高めるため、「HP PageWide C500」のデジタル段ボールパッケージ用インクの試験が完了し、家庭および産業システムにおける堆肥化の認証を取得したことを発表。堆肥化が可能な製品を認証するグローバルな独立機関であるドイツのDin Certcoは、「HP PageWide C500」用HP CV150インクの堆肥化プロセスに「適合マーク」を付与し、インクが「堆肥化プロセスに害をもたらさない添加剤」であることを確認している。
HP PageWide C500
 「HP PageWide C500」の堆肥化可能認証により、コンバーターとブランド企業は、需要に応じた数量の印刷、在庫の無駄の削減、環境への全体的な影響の軽減が可能になるほか、段ボールパッケージの持続可能性の認知度を向上させ、循環型経済に寄与することができる。

 これは「HP PageWide C500」による印刷が、欧州の堆肥化試験規格EN 13432などの主要な規格に準拠し、堆肥化と生分解により回収可能なパッケージに使用できることを証明するもの。また、ドイツのPapiertechnische Stiftung(PTS)の標準プロセスを用いてHP PageWide段ボール用インクの試験も実施され、リサイクル可能であることが確認されている。

 HPの水性インクは、食品用や繊細な製品のパッケージに使用でき、米国農務省(USDA)や食品医薬品局(FDA)の 連邦規則集第21巻(21 CFR)、ネスレガイダンス、スイス条例、EuPIAなどのグローバルな食品安全性および環境の主要ガイドラインに適合している。このインクにはUV反応性化学物質は含まれていないため、食品パッケージに使用する際に追加施策を必要としない。

最新ニュース

dp_ricoh_ij_2_tn.jpg

リコージャパン、インクジェットに特化したオンラインLIVEイベント第2弾を開催

2021年9月1日

 リコージャパン(株)は9月10日、「イッツ・ア・インクジェットワールドⅡ〜インクジェットが織りなす新たな印刷ビジネスの世界〜」と題したオンラインLIVEイベントを開催する。  同オン...全文を読む

dp_ri_2000_tn.jpg

リコー、白インク搭載の高速ガーメントプリンター「RICOH Ri 2000」発売

2021年8月24日

 (株)リコーは、Tシャツなどの服飾品生地(ガーメント)に直接印刷する ガーメントプリント市場に向けて、白インクを搭載した高速ガーメントプリンター「RICOH Ri 2000」を、20...全文を読む

dp_printcompass_8_30_tn.jpg

リコージャパン、8月度の「印刷業界Now!」で最新の印刷技術トレンドをLIVE配信

2021年8月23日

 リコージャパン(株)の情報発信サイト「Print Compass」が展開するオンラインLIVEイベント「印刷業界Now!」では8月30日、「virtual.drupaや各社動向に見る...全文を読む

dp_hpweb_8_27_tn.jpg

日本HP、9月10日「軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」をテーマにオンラインセミナー開催

2021年8月19日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは9月10日(8月27日から開催日が変更)、「海外成功事例に学...全文を読む

dp_surepress_100_tn.jpg

エプソン、デジタルラベル印刷機「SurePressシリーズ」が国内導入100台を達成

2021年8月10日

 エプソンのデジタルラベル印刷機「SurePress(シュアプレス)シリーズ」が、このほど国内導入100台を達成した。  同社は、2010年10月に独自のインクジェット技術でラベル印刷...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

HP、HP PageWideの新たな段ボールパッケージソリューションを発表

2021年8月25日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 HP(米国)は、2021年8月に米国で開催されたパッケージングの見本市「SuperCorrExpo」に合わせ、パッケージのデジタル印刷において量産と高い収益性を実現する、HP PageWideの新たな段ボールパッケージ用ソリューションとして、新たなプリントヘッド技術を搭載したプレプリント対応段ボール用デジタル輪転印刷機「HP PageWide T1195i Press」などを発表した。
HP PageWide T1195i Press
 HPサーマルインクジェット技術と水性インクを搭載するHP PageWideは、段ボール市場向けにライナー原紙に印刷するプレプリントと、段ボールシートに直接印刷するポストプリントの両方に対応する。幅110インチの「HP PageWide T1195i Press」に搭載された新しいHPサーマルインクジェットプリントヘッドは、ロール給紙式印刷機の堅牢性と経済性を向上させている。これにより、デジタル印刷によるメインストリームの生産を促進し、コンバーターがさらに多くのジョブをフレキソプレプリントおよびオフセット印刷の合紙加工からデジタルに移行できるようになる。

 このプリントヘッド技術には、サーマルコントロール機能が組み込まれており、プレプリントシステムの性能が向上し、運用コストの削減につながる一方で、一貫性のある高品質な印刷を高速で提供する。新たなプリントヘッドを搭載した「HP PageWide T1195i Press」は、給紙機能の向上により、幅広いライナーとアプリケーションをサポートする。

 また、HPは、HP PageWideの持続可能性を高めるため、「HP PageWide C500」のデジタル段ボールパッケージ用インクの試験が完了し、家庭および産業システムにおける堆肥化の認証を取得したことを発表。堆肥化が可能な製品を認証するグローバルな独立機関であるドイツのDin Certcoは、「HP PageWide C500」用HP CV150インクの堆肥化プロセスに「適合マーク」を付与し、インクが「堆肥化プロセスに害をもたらさない添加剤」であることを確認している。
HP PageWide C500
 「HP PageWide C500」の堆肥化可能認証により、コンバーターとブランド企業は、需要に応じた数量の印刷、在庫の無駄の削減、環境への全体的な影響の軽減が可能になるほか、段ボールパッケージの持続可能性の認知度を向上させ、循環型経済に寄与することができる。

 これは「HP PageWide C500」による印刷が、欧州の堆肥化試験規格EN 13432などの主要な規格に準拠し、堆肥化と生分解により回収可能なパッケージに使用できることを証明するもの。また、ドイツのPapiertechnische Stiftung(PTS)の標準プロセスを用いてHP PageWide段ボール用インクの試験も実施され、リサイクル可能であることが確認されている。

 HPの水性インクは、食品用や繊細な製品のパッケージに使用でき、米国農務省(USDA)や食品医薬品局(FDA)の 連邦規則集第21巻(21 CFR)、ネスレガイダンス、スイス条例、EuPIAなどのグローバルな食品安全性および環境の主要ガイドラインに適合している。このインクにはUV反応性化学物質は含まれていないため、食品パッケージに使用する際に追加施策を必要としない。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP