キーワードで検索

メッセ・デュッセルドルフ、drupa2021の中止を決定 - パンデミック終焉見えず

仮想プラットフォームで代替イベント「virtual.drupa」開催へ

2020年12月7日ニュース

 メッセ・デュッセルドルフは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、2021年4月20日から開催予定だった印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2021」を中止すると発表した。

 今年6月開催予定だったdrupaは、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、今年3月の時点で開催延期を決定。新たな開催日程を2021年4月20日から30日の11日間とし、新たなスケジュールのもとで準備が進められてきた。さらに7月には、開催日程を2日短縮し、9日間とすることを決定していた。

 今回の中止決定についてメッセデュッセルドルフのCOOであるErhard Wienkamp氏は、「パンデミックは、drupa2021への出展者と来場者に大きな不確実性を引き起こした。旅行の制限と予算の制約により、印刷業界の状況はさらに悪化した」と説明している。

 この中止決定にともないdrupa実行委員会は、2021年4月20日から23日までの4日間、drupaの代替として「virtual.drupa」と題したデジタルイベントを開催することも発表している。

 drupa実行委員会のクラウス・ボルツァ シューネマン会長(ケーニッヒ&バウアー社長)は、「バーチャルイベントへの転換は、現時点では正しい選択である」とした上で、「リアルのdrupaに参加することは、輸出と売上高の減少、および訪問者にも影響を与える重大な旅行制限を考えると、多くの出展者にとってリスクが大きすぎる。新しいデジタルフォーラム『virtual.drupa』は仮想プラットフォームであり、2024年まで業界内で貴重なコミュニケーションを維持する機会を提供する」としている。

 「virtual.drupa」は、10月にリリースされたdrupaの新たなデジタルサービス「drupa preview」をベースとしており、企業は自社とそのイノベーションを仮想的に紹介するだけでなく、マッチメイキング機能を介したビジネス機会を享受できるものとなる。

 なお、次回のdrupaは、2024年5月28日から6月7日までの開催を予定している。

最新ニュース

knowledge_place_osaka_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、ニューノーマル対応の新ショールーム開設

2021年4月7日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(安藤博教社長)は、本社(大阪市中央区玉造)R&Dセンター敷地内に新たな施設「ナレッジプラス大阪」を開設。4月6日に開所式が執り行われた。  ...全文を読む

dp_metal_semina_tn.jpg

リコージャパン、新色のゴールドとシルバーの活用方法を紹介するオンラインイベント開催

2021年4月6日

 リコージャパン(株)は4月14日、「ゴールドとシルバーも加わった、色とりどりの特色トナーの世界!」と題したオンラインイベントを開催する。  同社では今年2月より、5色目が使えるミドル...全文を読む

fujifilm20210331_dp_tn.jpg

富士フイルム、グラフィック事業領域で新組織設立 - 新規ビジネス創出加速へ

2021年3月31日

 富士フイルムホールディングス(株)(助野健児社長)は、ヘルスケア、イメージング、グラフィックそれぞれの事業領域において、さらなるシナジーと新規ビジネス創出を加速させるために新組織を設...全文を読む

dp_ipa_hyosyo_tn.jpg

富士ゼロックス、2020年度「イノベーション・プリント・アワード」表彰式をオンラインで開催

2021年3月30日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は3月26日、東京・中野坂上のショウルーム「グラフィック コミュニケーション サービス東京」において、2020年度「Innovation Prin...全文を読む

swissQprint、UVプリントインクにネオンカラーを追加

2021年3月26日

 swissQprintは、UVプリントインクにネオンカラーを追加した。同インクは、swissQprintのすべてのLEDモデルに搭載可能で、すでに販売を開始している。  ネオンカラー...全文を読む

新着トピックス

K・Dサービス、段ボール×デジタル印刷技術でSDGsの実現へ

2021年4月6日スペシャリスト

 「段ボールというマテリアルの優位性を社会にアピールし、様々な商品の素材を段ボールに切り替えることのメリットを周知していきたい」。K・Dサービス(株)池田大樹社長が掲げてきたこの構想が...全文を読む

dp_levit_tn.jpg

HP、コロナ禍の逆風をデジタル技術で追い風に

2021年4月5日企業・経営

 2020年、新型コロナウイルス感染症の猛威は、国や地域を問わず、多くの社会・経済に深刻なダメージを与えた。その激変する市場環境において、ワールドワイドで事業を展開するHP社(本社/米...全文を読む

dp_proc7200s_silver_tn.jpg

リコージャパン、スペシャルカラーにゴールドとシルバー追加

2021年4月1日製品・テクノロジー

 従来のCMYKの4色トナーに加え、ホワイト、クリア、ネオンイエロー、ネオンピンク、インビジブルレッドのスペシャルカラーで印刷物の付加価値創造を支援してきたリコーのカラープロダクション...全文を読む

メッセ・デュッセルドルフ、drupa2021の中止を決定 - パンデミック終焉見えず

仮想プラットフォームで代替イベント「virtual.drupa」開催へ

2020年12月7日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 メッセ・デュッセルドルフは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、2021年4月20日から開催予定だった印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2021」を中止すると発表した。

 今年6月開催予定だったdrupaは、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、今年3月の時点で開催延期を決定。新たな開催日程を2021年4月20日から30日の11日間とし、新たなスケジュールのもとで準備が進められてきた。さらに7月には、開催日程を2日短縮し、9日間とすることを決定していた。

 今回の中止決定についてメッセデュッセルドルフのCOOであるErhard Wienkamp氏は、「パンデミックは、drupa2021への出展者と来場者に大きな不確実性を引き起こした。旅行の制限と予算の制約により、印刷業界の状況はさらに悪化した」と説明している。

 この中止決定にともないdrupa実行委員会は、2021年4月20日から23日までの4日間、drupaの代替として「virtual.drupa」と題したデジタルイベントを開催することも発表している。

 drupa実行委員会のクラウス・ボルツァ シューネマン会長(ケーニッヒ&バウアー社長)は、「バーチャルイベントへの転換は、現時点では正しい選択である」とした上で、「リアルのdrupaに参加することは、輸出と売上高の減少、および訪問者にも影響を与える重大な旅行制限を考えると、多くの出展者にとってリスクが大きすぎる。新しいデジタルフォーラム『virtual.drupa』は仮想プラットフォームであり、2024年まで業界内で貴重なコミュニケーションを維持する機会を提供する」としている。

 「virtual.drupa」は、10月にリリースされたdrupaの新たなデジタルサービス「drupa preview」をベースとしており、企業は自社とそのイノベーションを仮想的に紹介するだけでなく、マッチメイキング機能を介したビジネス機会を享受できるものとなる。

 なお、次回のdrupaは、2024年5月28日から6月7日までの開催を予定している。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP