キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • Xeikon、デジタルラベル印刷機のラインアップにエントリーモデル...

Xeikon、デジタルラベル印刷機のラインアップにエントリーモデル2機種を追加

2021年3月25日ニュース

 Xeikonは、このほどラベル印刷機の新製品として「Xeikon CX30」と「Xeikon CX50」を発表した。今回、発表された新機種は、第6世代のプラットフォームをベースに新世代のインターフェースとクラウド接続を備えたCHEETAH 2.0テクノロジーを採用し、最高のOEE(設備総合効率)を提供できるように設計されている。
Xeikon CX30
 CHEETAH 2.0テクノロジーは、Xeikonのスケーラブルな印刷機アーキテクチャをベースにしており、5つの印刷ステーションと可変リピート長のフルロータリーシステムを備えている。各印刷ステーションはXeikonのドライトナーシステムを採用し、最大512mmまでのさまざまな印刷幅に対応し、1200x3600dpiで動作するLEDイメージングヘッドで、オフセット/グラビアの画質を実現する。この新しい2機種は、CHEETAH 2.0テクノロジーをベースとしたXeikonのQBトナーを使用し、ウェブ全体で優れた色の一貫性を実現、さらに廃棄物を削減し最大の出力を保証する。トナーは、CMYK、赤、青、緑、オレンジ、追加マゼンタ(色域拡張色)、スーパーブラックに加えて、ワンパス不透明ホワイト、UV、反射クリアなどのテクニカルカラー、およびユーザーの要望に応えた色も用意している。QB-Iトナーは、幅広い標準フレキソ基材で最高の品質を実現。QBトナーに使用されている顔料は、最高グレードのもので食品に対しても安全で市場で最高レベルの「耐光性」を備えている。
Xeikon CX50
 「Xeikon CX30」と「Xeikon CX50」は、エントリーモデルの「Xeikon 3030 REX」および「Xeikon 3050 REX」とハイエンドモデルの「Xeikon CX300」および「Xeikon CX500」の中間に位置づけられ、Xeikonポートフォリオを完璧に補完することとなる。Xeikonは、20,000〜40,000sqmの「中容量」のラベル印刷向けにこれらの新製品を設計・開発したが、とくに医薬品、食品、ワイン&スピリッツのラベル分野で、その性能が発揮されると見込んでいる。

 これら新機種は、ベルギーのアントワープのXeikon社のグローバルイノベーションセンターで実機やオンラインでのデモが可能となっている。

最新ニュース

knowledge_place_osaka_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、ニューノーマル対応の新ショールーム開設

2021年4月7日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(安藤博教社長)は、本社(大阪市中央区玉造)R&Dセンター敷地内に新たな施設「ナレッジプラス大阪」を開設。4月6日に開所式が執り行われた。  ...全文を読む

dp_metal_semina_tn.jpg

リコージャパン、新色のゴールドとシルバーの活用方法を紹介するオンラインイベント開催

2021年4月6日

 リコージャパン(株)は4月14日、「ゴールドとシルバーも加わった、色とりどりの特色トナーの世界!」と題したオンラインイベントを開催する。  同社では今年2月より、5色目が使えるミドル...全文を読む

fujifilm20210331_dp_tn.jpg

富士フイルム、グラフィック事業領域で新組織設立 - 新規ビジネス創出加速へ

2021年3月31日

 富士フイルムホールディングス(株)(助野健児社長)は、ヘルスケア、イメージング、グラフィックそれぞれの事業領域において、さらなるシナジーと新規ビジネス創出を加速させるために新組織を設...全文を読む

dp_ipa_hyosyo_tn.jpg

富士ゼロックス、2020年度「イノベーション・プリント・アワード」表彰式をオンラインで開催

2021年3月30日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は3月26日、東京・中野坂上のショウルーム「グラフィック コミュニケーション サービス東京」において、2020年度「Innovation Prin...全文を読む

swissQprint、UVプリントインクにネオンカラーを追加

2021年3月26日

 swissQprintは、UVプリントインクにネオンカラーを追加した。同インクは、swissQprintのすべてのLEDモデルに搭載可能で、すでに販売を開始している。  ネオンカラー...全文を読む

新着トピックス

K・Dサービス、段ボール×デジタル印刷技術でSDGsの実現へ

2021年4月6日スペシャリスト

 「段ボールというマテリアルの優位性を社会にアピールし、様々な商品の素材を段ボールに切り替えることのメリットを周知していきたい」。K・Dサービス(株)池田大樹社長が掲げてきたこの構想が...全文を読む

dp_levit_tn.jpg

HP、コロナ禍の逆風をデジタル技術で追い風に

2021年4月5日企業・経営

 2020年、新型コロナウイルス感染症の猛威は、国や地域を問わず、多くの社会・経済に深刻なダメージを与えた。その激変する市場環境において、ワールドワイドで事業を展開するHP社(本社/米...全文を読む

dp_proc7200s_silver_tn.jpg

リコージャパン、スペシャルカラーにゴールドとシルバー追加

2021年4月1日製品・テクノロジー

 従来のCMYKの4色トナーに加え、ホワイト、クリア、ネオンイエロー、ネオンピンク、インビジブルレッドのスペシャルカラーで印刷物の付加価値創造を支援してきたリコーのカラープロダクション...全文を読む

Xeikon、デジタルラベル印刷機のラインアップにエントリーモデル2機種を追加

2021年3月25日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 Xeikonは、このほどラベル印刷機の新製品として「Xeikon CX30」と「Xeikon CX50」を発表した。今回、発表された新機種は、第6世代のプラットフォームをベースに新世代のインターフェースとクラウド接続を備えたCHEETAH 2.0テクノロジーを採用し、最高のOEE(設備総合効率)を提供できるように設計されている。
Xeikon CX30
 CHEETAH 2.0テクノロジーは、Xeikonのスケーラブルな印刷機アーキテクチャをベースにしており、5つの印刷ステーションと可変リピート長のフルロータリーシステムを備えている。各印刷ステーションはXeikonのドライトナーシステムを採用し、最大512mmまでのさまざまな印刷幅に対応し、1200x3600dpiで動作するLEDイメージングヘッドで、オフセット/グラビアの画質を実現する。この新しい2機種は、CHEETAH 2.0テクノロジーをベースとしたXeikonのQBトナーを使用し、ウェブ全体で優れた色の一貫性を実現、さらに廃棄物を削減し最大の出力を保証する。トナーは、CMYK、赤、青、緑、オレンジ、追加マゼンタ(色域拡張色)、スーパーブラックに加えて、ワンパス不透明ホワイト、UV、反射クリアなどのテクニカルカラー、およびユーザーの要望に応えた色も用意している。QB-Iトナーは、幅広い標準フレキソ基材で最高の品質を実現。QBトナーに使用されている顔料は、最高グレードのもので食品に対しても安全で市場で最高レベルの「耐光性」を備えている。
Xeikon CX50
 「Xeikon CX30」と「Xeikon CX50」は、エントリーモデルの「Xeikon 3030 REX」および「Xeikon 3050 REX」とハイエンドモデルの「Xeikon CX300」および「Xeikon CX500」の中間に位置づけられ、Xeikonポートフォリオを完璧に補完することとなる。Xeikonは、20,000〜40,000sqmの「中容量」のラベル印刷向けにこれらの新製品を設計・開発したが、とくに医薬品、食品、ワイン&スピリッツのラベル分野で、その性能が発揮されると見込んでいる。

 これら新機種は、ベルギーのアントワープのXeikon社のグローバルイノベーションセンターで実機やオンラインでのデモが可能となっている。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP