キーワードで検索

JP2022、出展企業4社が「DX」テーマにセミナー開催

2022年5月17日ニュース

 「JP2022・印刷DX展」では、「DXの本来の意味や目指していること」「企業はどのようにDXを推進すべきか」などについて出展企業4社が解説するセミナーを両日開催する。定員は各回20名(定員になり次第締め切り)で、参加費は無料。申し込みはJP展公式サイトから

【5月19日(木)】

▽ホリゾン(11時30分〜12時30分)

 「製本加工視点から考える『印刷DX』とは〜次世代型製本ワークフローシステムiCE LiNKの利活用メリット」
 講師/市場開発部 北川貴大氏、開発部シニアマネージャー 木谷孝則氏
 日本社会における生産年齢人口減少にともない、製造業における人材不足はとくに深刻化している。また、専門的技術の属人化や技術者の高齢化も大きな問題とされており、これまでの労働集約型の生産形態では破綻をきたす恐れがある。こうした背景により、製造業ではDXが推進されている。同セミナーでは「次世代型製本ワークフローシステム iCE LiNKの利活用メリット」を紹介する。

【5月20日(金)】

▽コニカミノルタジャパン(10時〜11時)

 「自社の売上を爆速で上げる最短ルート教えます」
 講師/プロフェッショナルプリント事業部プリントマーケティング統括部兼プリントソリューション営業統括部プリントDX営業推進部グロースハッカー 白井杏奈氏
 企業の販促のお手伝いをしている印刷会社。しかし、自社の販促が疎かになっていないか?
 コロナによる対面営業の自粛、SDGsによる印刷物の売り上げ減、クライアントのデジタルシフトなどの要因により、印刷会社自身の売上をあげることに頭を抱えている企業が多い。そこで今回のセミナーでは、デジタルと印刷物を掛け合わせた施策など、自社の売上をアップする手法について紹介する。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(11時〜12時)

 「富士フイルムが提唱する印刷DX構想〜不確実性の高い時代を生き抜くアナログとデジタルを共存させた最適生産環境の構築〜」
 講師/デジタルソリューション営業部課長 田村和大氏
 新型コロナウイルスの流行、不透明な世界情勢、テクノロジーの急速な進化といった予測困難な中で、新規の売上を獲得するための「新たな価値創造」と、コロナ禍で経験した7割経済下でも利益を確保するための「生産基盤強化」の両面からのアプローチが必要と考える。このセミナーでは、「時間的な課題」「人手の課題」「手順の課題」の3つの観点から、利益創出のための生産改革のメソッドを提案する。

リコージャパン(13時〜14時)

 「仕事を創る、仕事を回す、仕事が見える!ビジネス拡大を支援するRICOH BUSINESS BOOSTER」
 講師/PP事業部PPデジタルサービス事業推進室室長 灰谷文晴氏
 印刷会社が目指す「事業拡大」=仕事を創る!その時代に合わせた最適な業務にする=仕事を回す!現場の見える化、経営の見える化=仕事が見える!「RICOH BUSINESS BOOSTER」はこの3つを軸に据えた、印刷会社やビジネスパートナーとの価値共創活動の総称。リコーグループは印刷業界をどう捉えているのか?これからどんな取り組みをして行くのか?具体的な価値提供はどういったものか?事例や価値提供例や事例をもとに紹介する。

最新ニュース

dp_bli_tn.jpg

富士フイルムBI、ハイエンドモデル「Revoria Press PC1120」がBLI 2022 PRO Award受賞

2022年6月24日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(浜直樹社長・CEO)は、プロダクションカラープリンター「Revoria Press PC1120」が、ビジネスユーザー向け印刷機器の独立評...全文を読む

dp_ml_32000_tn.jpg

エプソン、高生産性と高い印捺品質・安定稼働を実現したインクジェットデジタル捺染機発売

2022年6月23日

 エプソンは、インクジェットデジタル捺染機Monna Lisa(モナリザ)シリーズの新商品として、高生産性と高い印捺品質、安定稼働を実現した「ML-32000」の発売を6月22日より開...全文を読む

toppanf20220623_dp_tn.jpg

トッパン・フォームズ、小ロット対応のセキュリティプリントサービス開発

2022年6月23日

 トッパン・フォームズ(株)は、偽造防止効果が得られるセキュリティプリントサービス「ヒドンワードII」の販売を開始した。  複合機などでコピーをすると「COPY」などの隠し文字が現れる...全文を読む

kodak_prosper_7000_dp_tn.jpg

コダック社、毎分最大410mのIJウェブプレス「PROSPER7000 Turbo Press」発表

2022年6月17日

 コダック社は、オハイオ州デイトンのインクジェットR&D/デモセンターにおいて「KODAK PROSPER7000 Turbo Press」を発表した。  Streamインクジェットテ...全文を読む

dp_gia_tn.jpg

コニカミノルタ、バーチャルショールームプラットフォームがドイツイノベーションアワード2022受賞

2022年6月17日

 コニカミノルタ(株)は、このほど欧州地域の統括販売会社であるコニカミノルタヨーロッパとリーニエンフルークデザイン社が、プロフェッショナルプリント事業におけるバーチャルショールームプラ...全文を読む

新着トピックス

shiseisya_nishikawap_tn.jpg

新星社西川印刷、立体表現で新事業領域へ - 創造力に寄り添う大判インクジェット事業

2022年6月24日ケーススタディ

 「古き良きアナログの精神と技術を受け継ぎ、進化し続けるデジタルとの融合を目指す」─商業印刷の新星社西川印刷(株)(本社/東京都台東区松が谷4-26-4、西川晴重社長)は今年2月、アグ...全文を読む

medic_dp_tn.jpg

メディック、商業施設の「賑わい空間づくり」に貢献

2022年6月22日ケーススタディ

 チラシやポスター、POP、ウインドウシートなど、「販売促進」という幅広い事業領域において、大判インクジェットプリンタによるアウトプット・制作業務を手掛ける(株)メディック(本社/東京...全文を読む

dp_sirahashi_ipa2021_tn.jpg

白橋、若手の想像力をカタチに〜企画力が評価されIPA2021で入賞

2022年5月30日企業・経営

 (株)白橋(東京都中央区、白橋明夫社長)は、2021年度の「Innovation Print Awards(イノベーション・プリント・アワード、以下『IPA』)」において、「『non...全文を読む

JP2022、出展企業4社が「DX」テーマにセミナー開催

2022年5月17日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 「JP2022・印刷DX展」では、「DXの本来の意味や目指していること」「企業はどのようにDXを推進すべきか」などについて出展企業4社が解説するセミナーを両日開催する。定員は各回20名(定員になり次第締め切り)で、参加費は無料。申し込みはJP展公式サイトから

【5月19日(木)】

▽ホリゾン(11時30分〜12時30分)

 「製本加工視点から考える『印刷DX』とは〜次世代型製本ワークフローシステムiCE LiNKの利活用メリット」
 講師/市場開発部 北川貴大氏、開発部シニアマネージャー 木谷孝則氏
 日本社会における生産年齢人口減少にともない、製造業における人材不足はとくに深刻化している。また、専門的技術の属人化や技術者の高齢化も大きな問題とされており、これまでの労働集約型の生産形態では破綻をきたす恐れがある。こうした背景により、製造業ではDXが推進されている。同セミナーでは「次世代型製本ワークフローシステム iCE LiNKの利活用メリット」を紹介する。

【5月20日(金)】

▽コニカミノルタジャパン(10時〜11時)

 「自社の売上を爆速で上げる最短ルート教えます」
 講師/プロフェッショナルプリント事業部プリントマーケティング統括部兼プリントソリューション営業統括部プリントDX営業推進部グロースハッカー 白井杏奈氏
 企業の販促のお手伝いをしている印刷会社。しかし、自社の販促が疎かになっていないか?
 コロナによる対面営業の自粛、SDGsによる印刷物の売り上げ減、クライアントのデジタルシフトなどの要因により、印刷会社自身の売上をあげることに頭を抱えている企業が多い。そこで今回のセミナーでは、デジタルと印刷物を掛け合わせた施策など、自社の売上をアップする手法について紹介する。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(11時〜12時)

 「富士フイルムが提唱する印刷DX構想〜不確実性の高い時代を生き抜くアナログとデジタルを共存させた最適生産環境の構築〜」
 講師/デジタルソリューション営業部課長 田村和大氏
 新型コロナウイルスの流行、不透明な世界情勢、テクノロジーの急速な進化といった予測困難な中で、新規の売上を獲得するための「新たな価値創造」と、コロナ禍で経験した7割経済下でも利益を確保するための「生産基盤強化」の両面からのアプローチが必要と考える。このセミナーでは、「時間的な課題」「人手の課題」「手順の課題」の3つの観点から、利益創出のための生産改革のメソッドを提案する。

リコージャパン(13時〜14時)

 「仕事を創る、仕事を回す、仕事が見える!ビジネス拡大を支援するRICOH BUSINESS BOOSTER」
 講師/PP事業部PPデジタルサービス事業推進室室長 灰谷文晴氏
 印刷会社が目指す「事業拡大」=仕事を創る!その時代に合わせた最適な業務にする=仕事を回す!現場の見える化、経営の見える化=仕事が見える!「RICOH BUSINESS BOOSTER」はこの3つを軸に据えた、印刷会社やビジネスパートナーとの価値共創活動の総称。リコーグループは印刷業界をどう捉えているのか?これからどんな取り組みをして行くのか?具体的な価値提供はどういったものか?事例や価値提供例や事例をもとに紹介する。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP