キーワードで検索

志機、高速シングルパス印刷実現 〜 インクジェットデジタル印刷機「PJシリーズ」

ロール/枚葉タイプをラインアップ

2017年9月15日製品・テクノロジー

 ラベル印刷機メーカーの(株)志機(本社/大阪市中央区玉造)が開発・製造するインクジェットデジタル印刷機「PJシリーズ」の導入が国内外で進んでいる。
 「PJシリーズ」は、同社オリジナルのUVインキを最新のLED-UV乾燥装置によって硬化させるフルカラーインクジェット印刷機だ。
ロール仕様のPJシリーズ
 同社がインクジェットデジタル印刷機の開発に着手したのがおよそ8年前。解像度600dpi×600dpiで最大50メートル/分の高速シングルパス印刷を可能としているロールタイプの「PJシリーズ」は、シールラベル業界に留まらず、トレーサビリティを前提とした可変データ印字のニーズが高まる様々な業種への導入が進んでおり、その活躍の場を海外にも広げている。現在では印字幅100〜650ミリモデルの出荷実績があり、今後も広幅化するニーズに対応していく考えだ。
 一方、昨年新たな「PJシリーズ」のラインアップとして枚葉タイプを開発。これはシルクスクリーンやパッケージ分野などに向けたソリューションとして導入が進んでいる。
 新たに開発した枚葉タイプは、スクリーン印刷の置き換えを想定して開発されたもの。PETやポリカーボネートなど、厚みや材質の問題でロールにできないメディアにも対応できる。
 その中でも、搬送部分にバキュームコンベアを採用した生産性重視モデルや、搬送部分にバキュームテーブルを採用した精度重視モデルをラインアップするなど、ユーザーニーズに応じた仕様が用意されているのも特徴のひとつだ。
 最大印刷長は2,700ミリ長(データ長)で、最大メディア厚は5ミリ、C・M・Y・K・白・ニスの6色に対応。
 同社では「カスタムメイドに対応できることが当社の強み。インクジェットヘッドも2系統用意している」とし、搬送の機構や加工オプションなども含めた機械仕様のカスタマイズに自信を示している。
 枚葉タイプにおいても最大の特徴は、解像度600dpi×600dpiでシングルパス方式による高い生産性だが、一方で2パス、3パスモードによる厚盛印刷も可能で、最近ではインクの厚盛りによる点字へのアプローチに挑戦するユーザーが出始めているほか、ナンバリング+検査工程といったシステムでの納入も増えつつあるという。
 同社では、システムのみの販売も行っており、既存の印刷機や搬送機などへの搭載も可能である。
【問い合わせ】
 志機 大阪工場 営業部 電話06-6793-3111

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

志機、高速シングルパス印刷実現 〜 インクジェットデジタル印刷機「PJシリーズ」

ロール/枚葉タイプをラインアップ

2017年9月15日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 ラベル印刷機メーカーの(株)志機(本社/大阪市中央区玉造)が開発・製造するインクジェットデジタル印刷機「PJシリーズ」の導入が国内外で進んでいる。
 「PJシリーズ」は、同社オリジナルのUVインキを最新のLED-UV乾燥装置によって硬化させるフルカラーインクジェット印刷機だ。
ロール仕様のPJシリーズ
 同社がインクジェットデジタル印刷機の開発に着手したのがおよそ8年前。解像度600dpi×600dpiで最大50メートル/分の高速シングルパス印刷を可能としているロールタイプの「PJシリーズ」は、シールラベル業界に留まらず、トレーサビリティを前提とした可変データ印字のニーズが高まる様々な業種への導入が進んでおり、その活躍の場を海外にも広げている。現在では印字幅100〜650ミリモデルの出荷実績があり、今後も広幅化するニーズに対応していく考えだ。
 一方、昨年新たな「PJシリーズ」のラインアップとして枚葉タイプを開発。これはシルクスクリーンやパッケージ分野などに向けたソリューションとして導入が進んでいる。
 新たに開発した枚葉タイプは、スクリーン印刷の置き換えを想定して開発されたもの。PETやポリカーボネートなど、厚みや材質の問題でロールにできないメディアにも対応できる。
 その中でも、搬送部分にバキュームコンベアを採用した生産性重視モデルや、搬送部分にバキュームテーブルを採用した精度重視モデルをラインアップするなど、ユーザーニーズに応じた仕様が用意されているのも特徴のひとつだ。
 最大印刷長は2,700ミリ長(データ長)で、最大メディア厚は5ミリ、C・M・Y・K・白・ニスの6色に対応。
 同社では「カスタムメイドに対応できることが当社の強み。インクジェットヘッドも2系統用意している」とし、搬送の機構や加工オプションなども含めた機械仕様のカスタマイズに自信を示している。
 枚葉タイプにおいても最大の特徴は、解像度600dpi×600dpiでシングルパス方式による高い生産性だが、一方で2パス、3パスモードによる厚盛印刷も可能で、最近ではインクの厚盛りによる点字へのアプローチに挑戦するユーザーが出始めているほか、ナンバリング+検査工程といったシステムでの納入も増えつつあるという。
 同社では、システムのみの販売も行っており、既存の印刷機や搬送機などへの搭載も可能である。
【問い合わせ】
 志機 大阪工場 営業部 電話06-6793-3111

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP