キーワードで検索

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 9

伸びるデジタル印刷と包装分野への参入

2018年9月12日スペシャリスト

一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

海外の包装と日本の場合

 包装の三大機能の一つが、製品の保護です。写真は、イランのピスタチオの包装です。外装は、PPのシュリンクフィルムです。ピスタチオは、カートンに直接入っています。乾燥した地域では、これで良いかも知れませんが、高温多湿の日本では、焙煎したピスタチオが吸湿し、商品価値が落ちます。また、酸化防止も必要です。この商品が日本で流通するためには、日本の気候、流通、習慣などに適したように変えなくてはいけません。


・防湿性
・酸化防止
・易開封・再封性
・食べ方提案
・産地の物語

 このくらいの対応は必要です。あるいは二次元コードでもっと情報を提供することも必要です。

 今回は、防湿性について説明します。防湿性は、乾燥剤の入った小袋を入れる、もしくは、防湿性のある袋を使用する、この二通りが有ります。防湿性のある袋を使用する場合について説明します。

防湿性包装

 アルミ箔をラミネートする方法と透明バリアフィルムを使用する方法が有ります。アルミ箔を使用した場合は、中身が見えなくなります。やや商品価値の面からは不利ですが、長期間の場合は、必要です。

 今回は、透明フィルム仕様を考えたいと思います。防湿性のあるフィルムは、OPP, 透明蒸着PETフィルム、透明蒸着ナイロンフィルム、PVDCコートOPP, PVDCコートPETフィルム、PVDCコートナイロンフィルムが一般的な候補フィルムです。内面のヒートシール材は、PE, LLDPE, CPP が考えられます。

 印刷をするか無地にするかは、販売する企業のデザインの問題となります。


 この場合、ピスタチオが固いため、袋の内面の擦り傷防止の面からCPPの方が良いかも知れません。日本の場合は、脱酸素剤の小袋を封入することになるでしょう。また、量が多く一度に食べられないので易開封及び再封性が必要です。ジッパー付きの袋になります。

 この包装設計において、さらに留意することは、充填シール機があります。縦ピロー包装をする場合は、中身の重量が結構ありますから、内面のシーラントのホットタック性の検討も必要です。

 このように、一つのパッケージ商品を見るとその包装設計には多くの検討事項が有ります。市場ウォッチングが大切です。

 もう少し技術的な面を説明しますと、防湿設計では、フィルムの水蒸気透過度の数値が重要です。(WVTR: Water Vapor Transmission Rate) 水蒸気透過度は「透湿度」とも呼ばれており、JIS K 7129で,次のように定義されています。

規定の温度及び湿度の条件で、単位時間に単位面積の試験片を通過する水蒸気の量

 具体的には、水蒸気透過度は、24時間に透過した面積1m2当たりの水蒸気のグラム数[g/(m2・24h)]で表します。包装設計者は、多くのフィルムの大体の水蒸気透過度を頭に入れています。

 酸化防止にはフィルムの酸素透過度の数値を検討します。酸素の場合は、透過する体積で表します。

酸素透過度(Oxygen Transmission Rate; OTR)
cc・20μ/m2・day・atm
cc・mil/100in2・day・atm

 酸素のデータも包装設計者は、同様にデータを頭に入れています。市販されている包装製品は、このような設計に基づき包装されています。具体的な数値として、透明ハイバリアフィルムでは、1 g/m2/24 hr 1cc/m2/day/atm などです。

 これは包装製品の保護に重要な設計事項です。もう少し学んでみてください。


住本技術士事務所 所長 住本充弘氏(すみもと みつひろ)
技術士(経営工学)、包装管理士((社)日本包装技術協会認定)
日本包装コンサルタント協会会員・理事
技術士包装物流グループ会員・理事
日本包装学会会員

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 9

伸びるデジタル印刷と包装分野への参入

2018年9月12日スペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

海外の包装と日本の場合

 包装の三大機能の一つが、製品の保護です。写真は、イランのピスタチオの包装です。外装は、PPのシュリンクフィルムです。ピスタチオは、カートンに直接入っています。乾燥した地域では、これで良いかも知れませんが、高温多湿の日本では、焙煎したピスタチオが吸湿し、商品価値が落ちます。また、酸化防止も必要です。この商品が日本で流通するためには、日本の気候、流通、習慣などに適したように変えなくてはいけません。


・防湿性
・酸化防止
・易開封・再封性
・食べ方提案
・産地の物語

 このくらいの対応は必要です。あるいは二次元コードでもっと情報を提供することも必要です。

 今回は、防湿性について説明します。防湿性は、乾燥剤の入った小袋を入れる、もしくは、防湿性のある袋を使用する、この二通りが有ります。防湿性のある袋を使用する場合について説明します。

防湿性包装

 アルミ箔をラミネートする方法と透明バリアフィルムを使用する方法が有ります。アルミ箔を使用した場合は、中身が見えなくなります。やや商品価値の面からは不利ですが、長期間の場合は、必要です。

 今回は、透明フィルム仕様を考えたいと思います。防湿性のあるフィルムは、OPP, 透明蒸着PETフィルム、透明蒸着ナイロンフィルム、PVDCコートOPP, PVDCコートPETフィルム、PVDCコートナイロンフィルムが一般的な候補フィルムです。内面のヒートシール材は、PE, LLDPE, CPP が考えられます。

 印刷をするか無地にするかは、販売する企業のデザインの問題となります。


 この場合、ピスタチオが固いため、袋の内面の擦り傷防止の面からCPPの方が良いかも知れません。日本の場合は、脱酸素剤の小袋を封入することになるでしょう。また、量が多く一度に食べられないので易開封及び再封性が必要です。ジッパー付きの袋になります。

 この包装設計において、さらに留意することは、充填シール機があります。縦ピロー包装をする場合は、中身の重量が結構ありますから、内面のシーラントのホットタック性の検討も必要です。

 このように、一つのパッケージ商品を見るとその包装設計には多くの検討事項が有ります。市場ウォッチングが大切です。

 もう少し技術的な面を説明しますと、防湿設計では、フィルムの水蒸気透過度の数値が重要です。(WVTR: Water Vapor Transmission Rate) 水蒸気透過度は「透湿度」とも呼ばれており、JIS K 7129で,次のように定義されています。

規定の温度及び湿度の条件で、単位時間に単位面積の試験片を通過する水蒸気の量

 具体的には、水蒸気透過度は、24時間に透過した面積1m2当たりの水蒸気のグラム数[g/(m2・24h)]で表します。包装設計者は、多くのフィルムの大体の水蒸気透過度を頭に入れています。

 酸化防止にはフィルムの酸素透過度の数値を検討します。酸素の場合は、透過する体積で表します。

酸素透過度(Oxygen Transmission Rate; OTR)
cc・20μ/m2・day・atm
cc・mil/100in2・day・atm

 酸素のデータも包装設計者は、同様にデータを頭に入れています。市販されている包装製品は、このような設計に基づき包装されています。具体的な数値として、透明ハイバリアフィルムでは、1 g/m2/24 hr 1cc/m2/day/atm などです。

 これは包装製品の保護に重要な設計事項です。もう少し学んでみてください。


住本技術士事務所 所長 住本充弘氏(すみもと みつひろ)
技術士(経営工学)、包装管理士((社)日本包装技術協会認定)
日本包装コンサルタント協会会員・理事
技術士包装物流グループ会員・理事
日本包装学会会員

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP