キーワードで検索

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 12

伸びるデジタル印刷と包装分野への参入

2018年10月3日スペシャリスト

一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

軟包装の袋の形状を覚える(1)

 軟包装の袋・パウチ・バッグの形状はたくさんあります。対象商品の目的により選別しますので、「この商品には、この形状」といった公式は有りません。売れれば正解です。数学は解答がひとつですが、パッケージは、その国の文化・風習などを表しています。国によって同じ内容物でもパッケージ形状は異なります。「包装設計」の難しいところです。

 CVSでは、100円コーヒー、ホット及びアイスコーヒーが相変わらずよく売れています。ホットコーヒーは、表面を断熱加工した紙コップ(紙カップ)です。アイスコーヒーは、プラスチックの成形品です。

 現在、飲料コーヒーのパッケージは、(1)金属缶、(2)アルミボトル缶、(3)液体紙容器、(4)PETボトルです。今回、スパウト付きのサイドガセット袋(横マチ付き袋,Side Gusset Bags)の製品が出ました。

 パッケージは安定した自立性のために底部の形状が重要です。厚みのある包材あるいは腰の強い包材の場合は、底部で折り返してもハネて安定した自立性が出ません。ホットメルトで折り曲げ部を接着する場合もあります。


 いたずら防止、tamper evident のシールがあります。チルド製品ですので、開封後は冷蔵庫で保存です。利便性のある商品です。

 印刷は、グラビア、フレキソ、デジタルのいずれも裏刷りで可能です。包装仕様の内面のシーラント層の材質選定が味覚のめんから重要です。


住本技術士事務所 所長 住本充弘氏(すみもと みつひろ)
技術士(経営工学)、包装管理士((社)日本包装技術協会認定)
日本包装コンサルタント協会会員・理事
技術士包装物流グループ会員・理事
日本包装学会会員

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 12

伸びるデジタル印刷と包装分野への参入

2018年10月3日スペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

軟包装の袋の形状を覚える(1)

 軟包装の袋・パウチ・バッグの形状はたくさんあります。対象商品の目的により選別しますので、「この商品には、この形状」といった公式は有りません。売れれば正解です。数学は解答がひとつですが、パッケージは、その国の文化・風習などを表しています。国によって同じ内容物でもパッケージ形状は異なります。「包装設計」の難しいところです。

 CVSでは、100円コーヒー、ホット及びアイスコーヒーが相変わらずよく売れています。ホットコーヒーは、表面を断熱加工した紙コップ(紙カップ)です。アイスコーヒーは、プラスチックの成形品です。

 現在、飲料コーヒーのパッケージは、(1)金属缶、(2)アルミボトル缶、(3)液体紙容器、(4)PETボトルです。今回、スパウト付きのサイドガセット袋(横マチ付き袋,Side Gusset Bags)の製品が出ました。

 パッケージは安定した自立性のために底部の形状が重要です。厚みのある包材あるいは腰の強い包材の場合は、底部で折り返してもハネて安定した自立性が出ません。ホットメルトで折り曲げ部を接着する場合もあります。


 いたずら防止、tamper evident のシールがあります。チルド製品ですので、開封後は冷蔵庫で保存です。利便性のある商品です。

 印刷は、グラビア、フレキソ、デジタルのいずれも裏刷りで可能です。包装仕様の内面のシーラント層の材質選定が味覚のめんから重要です。


住本技術士事務所 所長 住本充弘氏(すみもと みつひろ)
技術士(経営工学)、包装管理士((社)日本包装技術協会認定)
日本包装コンサルタント協会会員・理事
技術士包装物流グループ会員・理事
日本包装学会会員

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP