キーワードで検索

ミヤコシ、新市場創出を支援 〜 最新インクジェット技術を成長分野で活用

2018年11月29日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(宮腰亨社長)は、先頃開催された「IGAS2018」において、フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP20AXW」と軟包装向けフルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の2機種を出品し、インクジェット技術の新たな可能性を提案した。

 MJP20AXWは、業界最高クラスとなる1,200×1,200dpiの画質で毎分200mの超高速印刷を実現。印刷品質と用紙適応性を引き上げるインラインコーターを搭載し、幅広いメディアに対応する。
MJP20AXW
 さらに同機は、昨年開催のオープンハウスでも紹介されているがIGAS展示モデルでは、プリントヘッドを微調整するとともにインクを改良し、より高画質化を図っていた。

 高濃度かつ低コストの水性顔料インクの採用により高品質の書籍、雑誌、商業印刷、ダイレクトマーケティング製品のための最適なデジタル印刷ソリューションを提案する。

 とくにトランザクション分野でのインクジェット印刷機で強みを持つ同社であるが、今後は、インクジェット方式による書籍印刷分野へのアプローチも視野に入れている。

 IGAS会場では、プライマー処理「有り」「無し」の2パターンの印刷実演を披露した。

 今回のIGAS2018で新たなインクジェット技術として紹介されたのが、軟包装向けフルカラーの水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」だ。
MJP30AXF
 紙媒体が減少傾向にある中、同社では新たな市場開拓としてシール・ラベルや軟包装パッケージなどの生活産業分野における製品開発に注力している。

 この分野では、富士フイルムと協力して軟包装用のUVインクジェットデジタル印刷機を開発し、すでに導入実績もあるが、今回のMJP30AXFでは、水性顔料インクによる軟包装印刷への対応をアピールしていた。

 同機は、1,200×1,200dpiの高品質で印字幅は750mmまで対応。対象基材は、12μの薄手のフィルムから厚手のハードパッケージまで可能で、インラインコロナと印字品質と基材適応性を引き上げるインラインコーターを搭載し、幅広いメディアに対応。展示モデルの印刷ユニットは、KCMY+WWの構成で毎分100mの高速印刷を実現する。

 同社ブースでは、高濃度と食品安全を実現する水性顔料インクを使用し、食品関係製品を含む軟包装パッケージの少量多品種を強力にサポートする最先端のデジタル印刷ソリューションとして提案した。

 なお、今回の展示モデルでは、毎分70mでデモを披露した。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

ミヤコシ、新市場創出を支援 〜 最新インクジェット技術を成長分野で活用

2018年11月29日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミヤコシ(宮腰亨社長)は、先頃開催された「IGAS2018」において、フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP20AXW」と軟包装向けフルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の2機種を出品し、インクジェット技術の新たな可能性を提案した。

 MJP20AXWは、業界最高クラスとなる1,200×1,200dpiの画質で毎分200mの超高速印刷を実現。印刷品質と用紙適応性を引き上げるインラインコーターを搭載し、幅広いメディアに対応する。
MJP20AXW
 さらに同機は、昨年開催のオープンハウスでも紹介されているがIGAS展示モデルでは、プリントヘッドを微調整するとともにインクを改良し、より高画質化を図っていた。

 高濃度かつ低コストの水性顔料インクの採用により高品質の書籍、雑誌、商業印刷、ダイレクトマーケティング製品のための最適なデジタル印刷ソリューションを提案する。

 とくにトランザクション分野でのインクジェット印刷機で強みを持つ同社であるが、今後は、インクジェット方式による書籍印刷分野へのアプローチも視野に入れている。

 IGAS会場では、プライマー処理「有り」「無し」の2パターンの印刷実演を披露した。

 今回のIGAS2018で新たなインクジェット技術として紹介されたのが、軟包装向けフルカラーの水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」だ。
MJP30AXF
 紙媒体が減少傾向にある中、同社では新たな市場開拓としてシール・ラベルや軟包装パッケージなどの生活産業分野における製品開発に注力している。

 この分野では、富士フイルムと協力して軟包装用のUVインクジェットデジタル印刷機を開発し、すでに導入実績もあるが、今回のMJP30AXFでは、水性顔料インクによる軟包装印刷への対応をアピールしていた。

 同機は、1,200×1,200dpiの高品質で印字幅は750mmまで対応。対象基材は、12μの薄手のフィルムから厚手のハードパッケージまで可能で、インラインコロナと印字品質と基材適応性を引き上げるインラインコーターを搭載し、幅広いメディアに対応。展示モデルの印刷ユニットは、KCMY+WWの構成で毎分100mの高速印刷を実現する。

 同社ブースでは、高濃度と食品安全を実現する水性顔料インクを使用し、食品関係製品を含む軟包装パッケージの少量多品種を強力にサポートする最先端のデジタル印刷ソリューションとして提案した。

 なお、今回の展示モデルでは、毎分70mでデモを披露した。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP