キーワードで検索

ランダ社、軟包装市場へ進出 〜 輪転モデルの開発状況を報告

「Landa W10 Press」のプロモーションイベントを開催

2018年11月22日製品・テクノロジー

 ランダ社(イスラエル)は10月3日、輪転方式のランダナノプリンティングシステム「Landa W10 Press」のプロモーションイベントを開催し、現時点での開発状況や今後の展開などについて説明した。

 「Landa W10 Press」は、ランダ社の技術であるナノグラフィックプリンティングプロセス(ナノグラフィー)を搭載したナノグラフィックプリンティング輪転印刷機。同機は、軟包装を生産する印刷・加工企業向けに、時間効率が良くコスト効率の高い印刷ソリューションを提供する。主流の軟包装印刷用途においては、準備時間を必要としないデジタルテクノロジーを活用して、標準的なプラスチック被印刷体に100m/分の速度で印刷することができる。これにより、アナログとの採算分岐点として、1万メートルまでであれば、迅速な切り替えとオンデマンド印刷により、手頃な価格でのデジタル印刷生産を提供できる。
Landa W10 Press
 色数は、CMYKの4色のほか、OBGおよびホワイトの最大8色までの対応を予定している。

 印刷速度は、100m/分で、解像度は1,200dpi。ウェブ幅は、1,050mmで印刷幅は、1,032mまで。対応基材としては、現時点でプラスチック(BOPP、PET、BOPA、PE、CPP、アルミ蒸着紙PET)のほか、アルミフォイル、ボード、紙などのサポートが確認されている。

 同機には、ランダ社の独自技術であるナノグラフィックプリンティングプロセス(ナノグラフィー)が搭載されている。この革新的なシステムと印刷プロセスには、数十ナノメーターサイズのナノ顔料粒子を色材として含む、環境に配慮した独自開発の水性インク「ランダ ナノインク」を採用している。

 ナノグラフィックプリンティングプロセスでは、まず数十億個のインク滴を打ち出す。これはヘッドから原反に直接ではなくブランケットに射出される。それぞれのインク滴は、加熱されたブランケットに付着して広がると、すぐに水分が蒸発して、極めて薄いポリマー膜となる。転写のためにブランケットと原反が接触して圧力がかかると、この薄い500ナノメーターのインクの層は、原反に浸透することなく、強く瞬間的に接着する。転写された画像は摩耗に強く、印刷後の乾燥も不要で、ブランケット上のインク残りもない。

 ランダ社では、軟包装パッケージやそのパッケージ用途向けにLanda W10 Pressの開発を継続していく。

 ランダ社は、「日本の印刷品質への要求は非常に高いものがあるので、現状のものが、そのハードルを超えられるとは考えていない。これからもその要求に応えられるようなレベルのシステムに仕上げていく」との方針を明らかにした上で、今後は、イスラエル以外の国においてベータサイトを3社程度展開し、日本には2020年の後半に持ち込めるように考えていると説明した。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

ランダ社、軟包装市場へ進出 〜 輪転モデルの開発状況を報告

「Landa W10 Press」のプロモーションイベントを開催

2018年11月22日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 ランダ社(イスラエル)は10月3日、輪転方式のランダナノプリンティングシステム「Landa W10 Press」のプロモーションイベントを開催し、現時点での開発状況や今後の展開などについて説明した。

 「Landa W10 Press」は、ランダ社の技術であるナノグラフィックプリンティングプロセス(ナノグラフィー)を搭載したナノグラフィックプリンティング輪転印刷機。同機は、軟包装を生産する印刷・加工企業向けに、時間効率が良くコスト効率の高い印刷ソリューションを提供する。主流の軟包装印刷用途においては、準備時間を必要としないデジタルテクノロジーを活用して、標準的なプラスチック被印刷体に100m/分の速度で印刷することができる。これにより、アナログとの採算分岐点として、1万メートルまでであれば、迅速な切り替えとオンデマンド印刷により、手頃な価格でのデジタル印刷生産を提供できる。
Landa W10 Press
 色数は、CMYKの4色のほか、OBGおよびホワイトの最大8色までの対応を予定している。

 印刷速度は、100m/分で、解像度は1,200dpi。ウェブ幅は、1,050mmで印刷幅は、1,032mまで。対応基材としては、現時点でプラスチック(BOPP、PET、BOPA、PE、CPP、アルミ蒸着紙PET)のほか、アルミフォイル、ボード、紙などのサポートが確認されている。

 同機には、ランダ社の独自技術であるナノグラフィックプリンティングプロセス(ナノグラフィー)が搭載されている。この革新的なシステムと印刷プロセスには、数十ナノメーターサイズのナノ顔料粒子を色材として含む、環境に配慮した独自開発の水性インク「ランダ ナノインク」を採用している。

 ナノグラフィックプリンティングプロセスでは、まず数十億個のインク滴を打ち出す。これはヘッドから原反に直接ではなくブランケットに射出される。それぞれのインク滴は、加熱されたブランケットに付着して広がると、すぐに水分が蒸発して、極めて薄いポリマー膜となる。転写のためにブランケットと原反が接触して圧力がかかると、この薄い500ナノメーターのインクの層は、原反に浸透することなく、強く瞬間的に接着する。転写された画像は摩耗に強く、印刷後の乾燥も不要で、ブランケット上のインク残りもない。

 ランダ社では、軟包装パッケージやそのパッケージ用途向けにLanda W10 Pressの開発を継続していく。

 ランダ社は、「日本の印刷品質への要求は非常に高いものがあるので、現状のものが、そのハードルを超えられるとは考えていない。これからもその要求に応えられるようなレベルのシステムに仕上げていく」との方針を明らかにした上で、今後は、イスラエル以外の国においてベータサイトを3社程度展開し、日本には2020年の後半に持ち込めるように考えていると説明した。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP