キーワードで検索

エドワードエンタープライズ社(米国)、3台のバーサファイア導入で生産力を強化

2019年4月9日ケーススタディ

 米国・ハワイ州ホノルル市にある従業員所有のエドワードエンタープライズ社は、生産を拡大するための合理的なソリューションとして2台のバーサファイアCM(日本では未発売)と1台のバーサファイアEP、合計3台のハイデルベルグのデジタル印刷機を導入した。
3台のバーサファイア導入により、小ロットもしくはバリアブル印刷によるカラー、モノクロ双方のデジタル印刷の生産量を増加している
 1969年に設立のエドワードエンタープライズ社は、ハワイで最大の商業印刷会社。従業員がオーナーである同社は、伝統的なオフセット、デジタル印刷、eメール、そして、ウェブベースのメディアなどを駆使したサービスを提供している。

 デジタル印刷機の入れ替え導入にあたり、同社は、そのニーズを満たす完璧な機械を見つけるため、市場にあるすべてのデジタル印刷機を検討。その結果、新しいトナー方式と解像度4,700×2,400dpiによる印刷で、品質や色の再現性において優れていたバーサファイアEPを新たな生産機として選択した。

 同社の営業副社長であるサンフォード・モリオカ氏は、「以前にバーサファイアを見た時には、私たちが求める色のバリアブルデータ印刷のニーズのための基準を満たしていなかった。しかし、今回バーサファイアEPを見た時、その品質とスピードの向上には完全に驚かされた」と語っている。

 最高毎分135ページでのスピードで、バーサファイアEPは470g/平米の用紙をはじめ、他の様々な用紙に印刷をすることが可能。モリオカ氏は「バーサファイアEPは、以前使用していたデジタル印刷機に比べ、より多くの用紙を使用することができるため、より柔軟性を私たちに与えてくれる。市場にある他の機械よりもリーズナブルで、かつアウトプットもより多くなった」と、述べている。

 また、バーサファイアEPには、高精度のインラインレジストレーションを含むさまざまな先進的なテクノロジーが装備されている。インラインレジストレーションは、1枚1枚の用紙を制御し、自動的に見当を合わせる。加えて、バーサファイアEPのカラーホーミングシステムは、見当のターゲットを測定し、情報を機械にフィードバックし調整することで、自動的にエンジンをカラーキャリブレートしてくれる自動化機能を装備している。

 1分間に135の絵柄まで印刷することで、2つのバーサファイアCMは同社が1,200×4,800dpiの品質で印刷しながらも、アウトプットをより向上させることを可能としている。

 2台のバーサファイアCMは、主にバリアブル印刷にフォーカスし、ハイデルベルグの枚葉印刷機スピードマスターXL75、スピードマスターSM52、そして、スピードマスターCD102を補完する設備として位置付けられている。

 モリオカ氏は、「通常、ロットが大きい場合は、同じ情報の部分は枚葉印刷機で印刷し、パーソナライゼーションが必要な部分をバーサファイアCMで印刷している。この方法が私たちにとって、モノクロのバリアブル印刷をするのに最もコスト効率がよい方法である」と述べている。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

エドワードエンタープライズ社(米国)、3台のバーサファイア導入で生産力を強化

2019年4月9日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 米国・ハワイ州ホノルル市にある従業員所有のエドワードエンタープライズ社は、生産を拡大するための合理的なソリューションとして2台のバーサファイアCM(日本では未発売)と1台のバーサファイアEP、合計3台のハイデルベルグのデジタル印刷機を導入した。
3台のバーサファイア導入により、小ロットもしくはバリアブル印刷によるカラー、モノクロ双方のデジタル印刷の生産量を増加している
 1969年に設立のエドワードエンタープライズ社は、ハワイで最大の商業印刷会社。従業員がオーナーである同社は、伝統的なオフセット、デジタル印刷、eメール、そして、ウェブベースのメディアなどを駆使したサービスを提供している。

 デジタル印刷機の入れ替え導入にあたり、同社は、そのニーズを満たす完璧な機械を見つけるため、市場にあるすべてのデジタル印刷機を検討。その結果、新しいトナー方式と解像度4,700×2,400dpiによる印刷で、品質や色の再現性において優れていたバーサファイアEPを新たな生産機として選択した。

 同社の営業副社長であるサンフォード・モリオカ氏は、「以前にバーサファイアを見た時には、私たちが求める色のバリアブルデータ印刷のニーズのための基準を満たしていなかった。しかし、今回バーサファイアEPを見た時、その品質とスピードの向上には完全に驚かされた」と語っている。

 最高毎分135ページでのスピードで、バーサファイアEPは470g/平米の用紙をはじめ、他の様々な用紙に印刷をすることが可能。モリオカ氏は「バーサファイアEPは、以前使用していたデジタル印刷機に比べ、より多くの用紙を使用することができるため、より柔軟性を私たちに与えてくれる。市場にある他の機械よりもリーズナブルで、かつアウトプットもより多くなった」と、述べている。

 また、バーサファイアEPには、高精度のインラインレジストレーションを含むさまざまな先進的なテクノロジーが装備されている。インラインレジストレーションは、1枚1枚の用紙を制御し、自動的に見当を合わせる。加えて、バーサファイアEPのカラーホーミングシステムは、見当のターゲットを測定し、情報を機械にフィードバックし調整することで、自動的にエンジンをカラーキャリブレートしてくれる自動化機能を装備している。

 1分間に135の絵柄まで印刷することで、2つのバーサファイアCMは同社が1,200×4,800dpiの品質で印刷しながらも、アウトプットをより向上させることを可能としている。

 2台のバーサファイアCMは、主にバリアブル印刷にフォーカスし、ハイデルベルグの枚葉印刷機スピードマスターXL75、スピードマスターSM52、そして、スピードマスターCD102を補完する設備として位置付けられている。

 モリオカ氏は、「通常、ロットが大きい場合は、同じ情報の部分は枚葉印刷機で印刷し、パーソナライゼーションが必要な部分をバーサファイアCMで印刷している。この方法が私たちにとって、モノクロのバリアブル印刷をするのに最もコスト効率がよい方法である」と述べている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP