キーワードで検索

コダック、Virtual Press ConferenceでデジタルプレスやSaaSソリューション発表

2021年10月8日製品・テクノロジー

 コダック社は10月6日、Virtual Press Conferenceを開催し、デジタルおよびオフセットソリューションにおける包括的ラインアップの拡充を発表した。

小売り/POPおよびパッケージング市場向けデジタルプレス

 新製品の「ASCEND(アセンド)デジタルプレス」は、成長している小売り/POPおよびパッケージング市場での成功を目指す商業印刷会社およびデジタルサービスプロバイダー向けソリューション。長尺の大判用紙に、アイキャッチとなるハイマージンのCMYKおよび平箔装飾をワンパスで印刷するために設計された、初の電子写真方式デジタル印刷機だ。

 最大で毎時572平方メートル(毎時5,280平方フィート)の印刷が可能で、最大122センチメートル(48インチ)という大きな用紙長により、B2用紙よりも23%大きな用紙に印刷できる。

 食品非接触に適した環境にやさしいKODACHROMEドライインクを使用し、持続的でリサイクル可能な印刷を実現する。

 同デジタルプレスは、北米および欧州において、2022年の第2四半期から発売される予定(日本での販売予定はなし)。

クラウドベースワークフローの費用対効果を拡大

 PRINERGY On Demandプラットフォームの費用対効果を拡大させる新たなSaaSソリューション「KODAK PRINERGY On Demand Access」は、デジタル印刷機への全面的な接続性、Microsoft Azureに支えられたセキュリティ、およびPRINERGY On Demand プラットフォームの拡張性を提供するもの。プリフライト、色管理、ファイル管理、バックアップ、およびルーティングはもとより、ファイル送信、顧客とのリモートコラボレーション、およびオンライン承認のための、KODAK INSITE Prepress Portal機能も搭載されている。

 このサービスは、2022年の第1四半期に利用できるようになる。

PRINERGY On Demandプラットフォーム

水性ベースのデジタルバーニッシュ

 紙ベースのパッケージングへ柔軟性の高いデジタル・コーティングを実現する「PROSPERデジタルバーニッシュ」は、PROSPER SシリーズまたはPROSPER Plusインプリンティングシステムを使用して印字・印刷されたパッケージに対し、エリアまたはスポットコーティングをインクジェットで実現できるユニークな水性ニス。溶剤やUVコーティングに代わる環境にやさしい水性ベースの製品で、高い見当精度により紙ベースのパッケージアプリケーションに耐摩擦性および耐水性をもたらすマット保護層の形成が可能である。

 必要な場所だけに塗布でき、スポットコーティングのための製版作業を必要としないため、従来のポストコーティング手法にともなうコスト、労力、廃棄物および環境への影響を低減できる。

 2021年末までに全世界で発売開始となる予定。

PROSPER Plusインプリンティングシステム

進化したMobile CTP Control App

 最大10台のCTPプレートセッターの遠隔制御およびモニタリングを可能にするアプリで、キューにあるジョブの管理やステータスアップデートなどのための現場での業務依存度を低減。このユニークなアプリの強化バージョンにより、カスタマイズ可能な報告とともにリアルタイムおよび過去データへのアクセスが可能となり、データ分析に対する時間の削減、行動の優先順位付けの促進およびプレート作成の効率向上が実現できる。

 現在、AndroidとiOSの両モバイルオペレーティングシステムで、全世界からダウンロードできる。

Mobile CTP Control App

新着トピックス

dp_ij_hp_taguti_tn.jpg

日本HP、進化を続けるHPのインクジェット技術

2021年10月5日スペシャリスト

 2012年秋、出版社である講談社は、インクジェット輪転機と後加工システムをインライン接続したフルデジタル書籍生産システムを導入し稼働を開始。これにより国内でもインクジェット技術を活用...全文を読む

mimaki_ujf7151plus2_dp_tn.jpg

ミマキ、新たなイノベーション創出へ|小型UVフラット機関連3製品発表

2021年10月4日製品・テクノロジー

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)はこのほど、小型UVフラットベッドプリンタ関連の新製品3モデルを発表した。同社が今年6月に開催したオンラインイベント「Mimaki Glo...全文を読む

最新ニュース

swissQprint、FESPA2021で第4世代フラットベッドプリンタの新モデル

2021年10月11日

 swissQprintの第4世代となるフラットベッドプリンタの新モデルが2021年10月に登場する。10月12日〜15日にオランダ・アムステルダムで開催される「FESPA2021」で...全文を読む

hsf2021_semina_tn.jpg

HSF2021、多彩なテーマを設定したセミナー11セッションを用意

2021年10月7日

 「つながるFactory Automation」をテーマに、パートナー企業各社と連携するポストプレス視点のワークフローを提案していく「Horizon Smart Factory 20...全文を読む

mimaki_3dp3logo_tn.jpg

ミマキ、3Dプリンタで使用する3Dデータのエラー修正と形状を自動で最適化

2021年10月6日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、3Dプリンタの造形時に用いる3Dデータを自動でエラー修正し、形状を最適化するクラウドソフトウェアサービス「Mimaki 3D Prin...全文を読む

コダック、Virtual Press ConferenceでデジタルプレスやSaaSソリューション発表

2021年10月8日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line

 コダック社は10月6日、Virtual Press Conferenceを開催し、デジタルおよびオフセットソリューションにおける包括的ラインアップの拡充を発表した。

小売り/POPおよびパッケージング市場向けデジタルプレス

 新製品の「ASCEND(アセンド)デジタルプレス」は、成長している小売り/POPおよびパッケージング市場での成功を目指す商業印刷会社およびデジタルサービスプロバイダー向けソリューション。長尺の大判用紙に、アイキャッチとなるハイマージンのCMYKおよび平箔装飾をワンパスで印刷するために設計された、初の電子写真方式デジタル印刷機だ。

 最大で毎時572平方メートル(毎時5,280平方フィート)の印刷が可能で、最大122センチメートル(48インチ)という大きな用紙長により、B2用紙よりも23%大きな用紙に印刷できる。

 食品非接触に適した環境にやさしいKODACHROMEドライインクを使用し、持続的でリサイクル可能な印刷を実現する。

 同デジタルプレスは、北米および欧州において、2022年の第2四半期から発売される予定(日本での販売予定はなし)。

クラウドベースワークフローの費用対効果を拡大

 PRINERGY On Demandプラットフォームの費用対効果を拡大させる新たなSaaSソリューション「KODAK PRINERGY On Demand Access」は、デジタル印刷機への全面的な接続性、Microsoft Azureに支えられたセキュリティ、およびPRINERGY On Demand プラットフォームの拡張性を提供するもの。プリフライト、色管理、ファイル管理、バックアップ、およびルーティングはもとより、ファイル送信、顧客とのリモートコラボレーション、およびオンライン承認のための、KODAK INSITE Prepress Portal機能も搭載されている。

 このサービスは、2022年の第1四半期に利用できるようになる。

PRINERGY On Demandプラットフォーム

水性ベースのデジタルバーニッシュ

 紙ベースのパッケージングへ柔軟性の高いデジタル・コーティングを実現する「PROSPERデジタルバーニッシュ」は、PROSPER SシリーズまたはPROSPER Plusインプリンティングシステムを使用して印字・印刷されたパッケージに対し、エリアまたはスポットコーティングをインクジェットで実現できるユニークな水性ニス。溶剤やUVコーティングに代わる環境にやさしい水性ベースの製品で、高い見当精度により紙ベースのパッケージアプリケーションに耐摩擦性および耐水性をもたらすマット保護層の形成が可能である。

 必要な場所だけに塗布でき、スポットコーティングのための製版作業を必要としないため、従来のポストコーティング手法にともなうコスト、労力、廃棄物および環境への影響を低減できる。

 2021年末までに全世界で発売開始となる予定。

PROSPER Plusインプリンティングシステム

進化したMobile CTP Control App

 最大10台のCTPプレートセッターの遠隔制御およびモニタリングを可能にするアプリで、キューにあるジョブの管理やステータスアップデートなどのための現場での業務依存度を低減。このユニークなアプリの強化バージョンにより、カスタマイズ可能な報告とともにリアルタイムおよび過去データへのアクセスが可能となり、データ分析に対する時間の削減、行動の優先順位付けの促進およびプレート作成の効率向上が実現できる。

 現在、AndroidとiOSの両モバイルオペレーティングシステムで、全世界からダウンロードできる。

Mobile CTP Control App

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP