キーワードで検索

「FUJIFILM Inkjet Technology」がパリ・オートクチュール・コレクション作品支える

ファッションデザイナー・中里唯馬氏に協力

2016年11月15日マーケティング企業・経営

中里唯馬氏 2016〜17年秋冬の「パリ・オートクチュール・コレクション」に、日本人正式ゲストとして森英恵氏以来12年ぶりに参加したファッションデザイナー・中里唯馬氏の作品製作で、富士フイルムが技術面で全面的にサポートを行った。独自のインクジェット技術「FUJIFILM Inkjet Technology」が、オーロラのように神秘的で鮮やかな輝きを放つ作品づくりに大きく貢献。世界のファッション誌に取り上げられ、高い評価を受けた。その中里氏のドレス作品に採用された最新テクノロジーを紹介する。


 中里氏は2009年にブランド「YUIMA NAKAZATO」を立ち上げ、以来、ホログラムの光沢を巧みに利用した作品を発表し続けている。今回の作品は、あたかも無数の小さな色とりどりの折鶴が集まっているような構造で、独特の形状のホログラムが周囲の光に呼応し、繊細な色彩を放つ様子が印象的だ。ドレスを構成するユニット(中里氏はこれを「細胞」と呼ぶ)は、中里氏がホログラムメーカーと6年間研究を重ねて完成させた特殊素材のホログラム生地に、富士フイルムのワイドフォーマットUVインクジェットプリンター「Acuity Select20」で、密着性(柔軟性)に優れたUVインク「Uvijet KVインク」を使用して画像をプリントしたもの。A5サイズの生地にカッティングプロッターで細かくカットを入れ、折り紙のように手作業でひとつずつ折り上げることで、やっとひとつのユニットが完成する。約100名のスタッフが折り込んだ1000個以上のユニットを、織り機も布も使わず、縫い合わせるための針も使わず、モデルの体形に沿って組み合わせていくことで、「YUIMA NAKAZATO」の1着のドレスが完成する。



関連記事

新着トピックス

kyouritsu_prosper_2_tn.jpg

共立印刷、PROSPER S5 導入事例 - DM700万部を2週間で処理

2018年12月3日ケーススタディ

 共立印刷(株)(本社/東京都板橋区清水町36-1、佐藤尚哉社長)は、KODAK PROSPER S5を合計9台搭載した5ラインのシート搬送印字機で、700万部のDMをわずか2週間で処...全文を読む

wada_tn.jpg

ホタルコーポレーション、IJ方式3Dプリントで新市場創出

2018年12月3日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、(株)ミマキエンジニアリングのインクジェット(IJ)方式による「3Dプリント」を印刷業界が新たに取り組んでいける...全文を読む

最新ニュース

dmm_3d_hitachi_dp_tn.jpg

DMM、日立物流・佐川急便と共同で東京に3Dプリンタの生産拠点開設

2018年12月13日

 DMM.com(本社/東京都港区)は(株)日立物流、佐川急便(株)と共同で、日立物流京浜物流センター(東京都大田区平和島5-3-2)内に3D造形物の生産拠点を設置し、12月4日から運...全文を読む

dp_canon_sinagawa_tn.jpg

キヤノンMJ、「キヤノンラグビーパーク in 品川」開設

2018年12月12日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)は、キヤノンプラザS(品川)内に「ラグビーワールドカップ2019大会」をイメージした特設スペース「キヤノンラグビーパーク in 品...全文を読む

大塚商会、「POD Special 2DAYS! in 関西」に延べ111社・130名

2018年12月7日

 (株)大塚商会は12月4・5日の2日間、プリンティングイノベーションセンター関西(大阪市中央区)において、印刷業界向けイベント「POD Special 2DAYS! in 関西」を開...全文を読む

「FUJIFILM Inkjet Technology」がパリ・オートクチュール・コレクション作品支える

ファッションデザイナー・中里唯馬氏に協力

2016年11月15日マーケティング企業・経営

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

中里唯馬氏 2016〜17年秋冬の「パリ・オートクチュール・コレクション」に、日本人正式ゲストとして森英恵氏以来12年ぶりに参加したファッションデザイナー・中里唯馬氏の作品製作で、富士フイルムが技術面で全面的にサポートを行った。独自のインクジェット技術「FUJIFILM Inkjet Technology」が、オーロラのように神秘的で鮮やかな輝きを放つ作品づくりに大きく貢献。世界のファッション誌に取り上げられ、高い評価を受けた。その中里氏のドレス作品に採用された最新テクノロジーを紹介する。


 中里氏は2009年にブランド「YUIMA NAKAZATO」を立ち上げ、以来、ホログラムの光沢を巧みに利用した作品を発表し続けている。今回の作品は、あたかも無数の小さな色とりどりの折鶴が集まっているような構造で、独特の形状のホログラムが周囲の光に呼応し、繊細な色彩を放つ様子が印象的だ。ドレスを構成するユニット(中里氏はこれを「細胞」と呼ぶ)は、中里氏がホログラムメーカーと6年間研究を重ねて完成させた特殊素材のホログラム生地に、富士フイルムのワイドフォーマットUVインクジェットプリンター「Acuity Select20」で、密着性(柔軟性)に優れたUVインク「Uvijet KVインク」を使用して画像をプリントしたもの。A5サイズの生地にカッティングプロッターで細かくカットを入れ、折り紙のように手作業でひとつずつ折り上げることで、やっとひとつのユニットが完成する。約100名のスタッフが折り込んだ1000個以上のユニットを、織り機も布も使わず、縫い合わせるための針も使わず、モデルの体形に沿って組み合わせていくことで、「YUIMA NAKAZATO」の1着のドレスが完成する。



関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP