キーワードで検索

フィニッシング4.0実現への道筋 - コネックスでスマートファクトリー化を

ミューラー・マルティニ ジャパン 五反田隆代表に聞く

2018年4月9日製品・テクノロジー企業・経営

 2年前、drupa2016全体がIoTやネットワーク、デジタル技術を核とした「プリント4.0」の潮流をひとつのメガトレンドとして打ち出す中、フィニッシングソリューションの世界的なサプラヤーとしてミューラー・マルティニは、「フィニッシング4.0」という新しいコンセプトを掲げ、来場者から多くの賛同を得た。そのベースとなる技術要素は「自動化」と「接続性」。では、印刷と製本が分業化された日本市場において、この「フィニッシング4.0」を実現するには何が必要なのか。今回、ミューラー・マルティニジャパン(株)の五反田隆代表に、その道筋を示してもらった。
五反田隆 代表

基幹技術は自動化と接続性

 「フィニッシング4.0」とは、最新の情報技術を生産現場のシステムに結合させることで印刷製本会社のオペレーションを透明化し、高効率でより柔軟にするもの。デジタル技術とネットワーク技術を有機的に結びつけて、多品種・小ロットを効率的かつ安価に製造することを目的としている。

 では、この製本工程における「第4次革命」に組み込まれる生産設備とはどういうものなのか...。ミューラー・マルティニは、フィニッシング4.0を実現する技術要素として、「自動化」「接続性」「可変」「タッチレス」という4つを挙げている。なかでも「可変」と「タッチレス」は、我々メーカー側のファンクショナルな部分だが、フィニッシング4.0のベースとなるのは「自動化」「接続性」だ。これは第4次産業革命の性質を端的に表現している。第1次産業革命が機械化による効率向上、第2次産業革命が電気制御を加えることによる省人化と省力化、第3次産業革命が自動化技術の導入による省人化と品質の安定化だった。そして第4次産業革命は、第3次産業革命の自動化技術に「Interconnected」、すなわち「接続性」がプラスされたものである。進化するデジタル印刷技術の優位性を最大化するには、製本工程においてこの「フィニッシング4.0」という考え方が必要不可欠となる。

 一方でその背景には、製版や印刷工程と比較して、製本の「自動化」「接続性」が遅れているという実情がある。現在の多くは、製本側は印刷から印刷物を折丁として受け取り、それを人が製本機に載せて丁合、綴じて製本している。しかし、印刷機と製本機が繋がれば、そこに人の介在はなくなる。その現実性を示したのがデジタル印刷機+シグマラインの構成だった。ある程度、デジタルに限定はされるが、「印刷機と製本機は繋ぐことができる」ということを証明した事例である。

関連記事

新着トピックス

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

フィニッシング4.0実現への道筋 - コネックスでスマートファクトリー化を

ミューラー・マルティニ ジャパン 五反田隆代表に聞く

2018年4月9日製品・テクノロジー企業・経営

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 2年前、drupa2016全体がIoTやネットワーク、デジタル技術を核とした「プリント4.0」の潮流をひとつのメガトレンドとして打ち出す中、フィニッシングソリューションの世界的なサプラヤーとしてミューラー・マルティニは、「フィニッシング4.0」という新しいコンセプトを掲げ、来場者から多くの賛同を得た。そのベースとなる技術要素は「自動化」と「接続性」。では、印刷と製本が分業化された日本市場において、この「フィニッシング4.0」を実現するには何が必要なのか。今回、ミューラー・マルティニジャパン(株)の五反田隆代表に、その道筋を示してもらった。
五反田隆 代表

基幹技術は自動化と接続性

 「フィニッシング4.0」とは、最新の情報技術を生産現場のシステムに結合させることで印刷製本会社のオペレーションを透明化し、高効率でより柔軟にするもの。デジタル技術とネットワーク技術を有機的に結びつけて、多品種・小ロットを効率的かつ安価に製造することを目的としている。

 では、この製本工程における「第4次革命」に組み込まれる生産設備とはどういうものなのか...。ミューラー・マルティニは、フィニッシング4.0を実現する技術要素として、「自動化」「接続性」「可変」「タッチレス」という4つを挙げている。なかでも「可変」と「タッチレス」は、我々メーカー側のファンクショナルな部分だが、フィニッシング4.0のベースとなるのは「自動化」「接続性」だ。これは第4次産業革命の性質を端的に表現している。第1次産業革命が機械化による効率向上、第2次産業革命が電気制御を加えることによる省人化と省力化、第3次産業革命が自動化技術の導入による省人化と品質の安定化だった。そして第4次産業革命は、第3次産業革命の自動化技術に「Interconnected」、すなわち「接続性」がプラスされたものである。進化するデジタル印刷技術の優位性を最大化するには、製本工程においてこの「フィニッシング4.0」という考え方が必要不可欠となる。

 一方でその背景には、製版や印刷工程と比較して、製本の「自動化」「接続性」が遅れているという実情がある。現在の多くは、製本側は印刷から印刷物を折丁として受け取り、それを人が製本機に載せて丁合、綴じて製本している。しかし、印刷機と製本機が繋がれば、そこに人の介在はなくなる。その現実性を示したのがデジタル印刷機+シグマラインの構成だった。ある程度、デジタルに限定はされるが、「印刷機と製本機は繋ぐことができる」ということを証明した事例である。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP