キーワードで検索

HP社、金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」発表

生産性は最大50倍、低コストで高品質の最終パーツを生産

2018年9月12日製品・テクノロジー

年間30億個を超える部品を生産するGKN社と提携

 HP社は、業界初のコラボレーションとしてGKN社と提携し、同社の工場に「HP Metal Jet」を導入。フォルクスワーゲンとWilo社を含む自動車や業界をリードする企業向けに機能的特性を持つ金属パーツを生産する。GKN社は、粉末冶金技術を用いた材料と製品を製造するリーディングカンパニー。年間30億個を超える部品を生産しており、早ければ来年にも「HP Metal Jet」による最終製品として利用可能なパーツをさまざまな業界向けに量産する予定。

 自動車メーカーのフォルクスワーゲンは、同社の長期的な設計と生産ロードマップに「HP Metal Jet」を組み込んでいる。

 フォルクスワーゲン、GKN社、HP社による連携により、パーソナライズキーホルダーや外部に取り付けるネームプレートなどのマスカスタマイゼーション製品を短時間で検討できるようになった。「HP Metal Jet」の活用に関するフォルクスワーゲンの複数年計画には、シフトノブやミラーマウントなど、構造的に大きな要件を伴う、より高い機能性を持つパーツの生産も含まれている。電気自動車などの新しいプラットフォームが大量生産に移行しようとしている現在、「HP Metal Jet」は軽量ながら完全な安全認証を受けた金属パーツなど、新たな用途にも活用される予定だ。

 フォルクスワーゲンの技術計画&開発責任者であるマーチン・ゲーデ博士は、「自動車産業はお客様からのパーソナライゼーションへの期待だけでなく、フォルクスワーゲングループが2025年までに電気自動車80車種投入を予定するなど、革命期を迎えようとしている。1台の自動車は6,000から8,000種類のパーツから構成されている。『HP Metal Jet』をはじめとする積層造形技術の大きな利点は、最初に製造用ツールを作ることなくさまざまなパーツを製造できることだ。パーツ生産のサイクルタイムを短縮することにより、より大量の生産が迅速に実現可能となる」とコメントしている。

 また、GKN社はポンプとポンプシステムの世界的メーカーであるWilo社の水力効率をさらに高め、コスト効率に優れた工業用パーツの生産に「HP Metal Jetテクノロジー」を活用する。Wilo社は吸引力、圧力、温度の大きな変化に耐える、さまざまなサイズのインペラー、ディフューザー、ポンプ用ハウジングなどのパーツの生産においても「HP Metal Jet」の活用を検討している。

医療業界にも金属パーツを提供

 医療業界に向けてHP社は、ATWのグループ企業であるParmatech社と提携し、OKAY Industries社やPrimo Medical Group社をはじめとする顧客を対象として「HP Metal Jet」によるパーツの量産を拡充する。Parmatech社は、金属粉末射出成型法の世界的な企業で、40年以上にわたり医療と工業分野向けに大量生産、低コストの金属パーツを提供するパイオニアだ。

 Parmatech社の社長であるロブ・ホール社は、「『HP Metal Jet』は金属パーツの工業スケールの生産において、初めての真に実用的な3Dテクノロジーだ。当社のお客様は極めて高水準の性能、品質、信頼性を求めるが、HPが持つ先進的テクノロジーと市場に破壊的な変革をもたらしてきた伝統により、当社は期待を上回るものを提供できると確信している。『HP Metal Jet』を当社の工場に導入し、外科用はさみや内視鏡用鉗子などの複雑なパーツをはじめ、従来の金属加工技術では不可能な新たなアプリケーションや形状の製造を開始できることに興奮を覚えている」とコメントしている。

「Metal Jet Production Service」は2019年上半期から

 2019年上半期には、新サービス「Metal Jet Production Service」により、3D設計ファイルをアップロードし、最終製品として利用可能なパーツをオーダーできる。最高水準のエンジニアリングと生産品質を持つパーツは、HPのパートナーであるGKN社とParmatech社により生産される。

 「HP Metal Jetソリューション」の価格は39万9,000ドル未満で、先行導入は2020年から、一般には2021年から提供される予定だ。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

HP社、金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」発表

生産性は最大50倍、低コストで高品質の最終パーツを生産

2018年9月12日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

年間30億個を超える部品を生産するGKN社と提携

 HP社は、業界初のコラボレーションとしてGKN社と提携し、同社の工場に「HP Metal Jet」を導入。フォルクスワーゲンとWilo社を含む自動車や業界をリードする企業向けに機能的特性を持つ金属パーツを生産する。GKN社は、粉末冶金技術を用いた材料と製品を製造するリーディングカンパニー。年間30億個を超える部品を生産しており、早ければ来年にも「HP Metal Jet」による最終製品として利用可能なパーツをさまざまな業界向けに量産する予定。

 自動車メーカーのフォルクスワーゲンは、同社の長期的な設計と生産ロードマップに「HP Metal Jet」を組み込んでいる。

 フォルクスワーゲン、GKN社、HP社による連携により、パーソナライズキーホルダーや外部に取り付けるネームプレートなどのマスカスタマイゼーション製品を短時間で検討できるようになった。「HP Metal Jet」の活用に関するフォルクスワーゲンの複数年計画には、シフトノブやミラーマウントなど、構造的に大きな要件を伴う、より高い機能性を持つパーツの生産も含まれている。電気自動車などの新しいプラットフォームが大量生産に移行しようとしている現在、「HP Metal Jet」は軽量ながら完全な安全認証を受けた金属パーツなど、新たな用途にも活用される予定だ。

 フォルクスワーゲンの技術計画&開発責任者であるマーチン・ゲーデ博士は、「自動車産業はお客様からのパーソナライゼーションへの期待だけでなく、フォルクスワーゲングループが2025年までに電気自動車80車種投入を予定するなど、革命期を迎えようとしている。1台の自動車は6,000から8,000種類のパーツから構成されている。『HP Metal Jet』をはじめとする積層造形技術の大きな利点は、最初に製造用ツールを作ることなくさまざまなパーツを製造できることだ。パーツ生産のサイクルタイムを短縮することにより、より大量の生産が迅速に実現可能となる」とコメントしている。

 また、GKN社はポンプとポンプシステムの世界的メーカーであるWilo社の水力効率をさらに高め、コスト効率に優れた工業用パーツの生産に「HP Metal Jetテクノロジー」を活用する。Wilo社は吸引力、圧力、温度の大きな変化に耐える、さまざまなサイズのインペラー、ディフューザー、ポンプ用ハウジングなどのパーツの生産においても「HP Metal Jet」の活用を検討している。

医療業界にも金属パーツを提供

 医療業界に向けてHP社は、ATWのグループ企業であるParmatech社と提携し、OKAY Industries社やPrimo Medical Group社をはじめとする顧客を対象として「HP Metal Jet」によるパーツの量産を拡充する。Parmatech社は、金属粉末射出成型法の世界的な企業で、40年以上にわたり医療と工業分野向けに大量生産、低コストの金属パーツを提供するパイオニアだ。

 Parmatech社の社長であるロブ・ホール社は、「『HP Metal Jet』は金属パーツの工業スケールの生産において、初めての真に実用的な3Dテクノロジーだ。当社のお客様は極めて高水準の性能、品質、信頼性を求めるが、HPが持つ先進的テクノロジーと市場に破壊的な変革をもたらしてきた伝統により、当社は期待を上回るものを提供できると確信している。『HP Metal Jet』を当社の工場に導入し、外科用はさみや内視鏡用鉗子などの複雑なパーツをはじめ、従来の金属加工技術では不可能な新たなアプリケーションや形状の製造を開始できることに興奮を覚えている」とコメントしている。

「Metal Jet Production Service」は2019年上半期から

 2019年上半期には、新サービス「Metal Jet Production Service」により、3D設計ファイルをアップロードし、最終製品として利用可能なパーツをオーダーできる。最高水準のエンジニアリングと生産品質を持つパーツは、HPのパートナーであるGKN社とParmatech社により生産される。

 「HP Metal Jetソリューション」の価格は39万9,000ドル未満で、先行導入は2020年から、一般には2021年から提供される予定だ。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP