キーワードで検索

HP社、金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」発表

生産性は最大50倍、低コストで高品質の最終パーツを生産

2018年9月12日製品・テクノロジー

 HP社は、「2018IMTS-シカゴ国際工作機械見本市」において、最終製品として利用可能な金属パーツの量産に対応する金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」を発表した。

 この技術は、他の3Dプリンティング方式と比較して最大50倍の生産性を大幅な低コストで実現するもの。製造業のリーダー企業であるGKN Powder Metallurgy社(以下「GKN社」)とParmatech社の工場に導入されている。

 また同社は、設計と製造の方法を変革するミッションの一環として、「Metal Jet Production Service」も発表。これにより、世界中で最新の3Dによるパーツ設計を活用して最終パーツを量産できるため、長期的な生産ロードマップに「HP Metal Jet」を組み込むことを可能にする。

HP Metal Jet Printer

 HP社のCEO兼社長であるディオン・ワイズラー氏は、「私たちは、12兆ドルの規模を持つ製造業界を変革するデジタル産業革命の途中にある。今後は画期的な金属3Dプリンティングテクノロジーである『HP Metal Jet』により、その変革を加速していく。自動車、工業製品、医療セクターだけでも毎年数十億個の金属パーツが生産されており、このテクノロジーは極めて大きな影響を与えるものと予想される」とコメントしている。

 「HP Metal Jet」は、HP社の30年以上に及ぶプリントヘッドと高度な化学のイノベーションを活用した画期的なボクセルレベルのバインダージェッティングテクノロジーである。430×320×200ミリの造形エリアサイズ、4重に冗長化されたノズルと2本のプリントバー、バインダーの大幅な削減を実現し、他の金属3Dプリンティングソリューションと比較して高い生産性と信頼性を、低い導入コストと運用コストで可能にする。ステンレススチール製の最終パーツの提供から開始し、ASTM(米国試験材料協会)とMPIF(Metal Powder Industries Federation)規格を満たす機械的特性を提供する。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

HP社、金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」発表

生産性は最大50倍、低コストで高品質の最終パーツを生産

2018年9月12日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 HP社は、「2018IMTS-シカゴ国際工作機械見本市」において、最終製品として利用可能な金属パーツの量産に対応する金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」を発表した。

 この技術は、他の3Dプリンティング方式と比較して最大50倍の生産性を大幅な低コストで実現するもの。製造業のリーダー企業であるGKN Powder Metallurgy社(以下「GKN社」)とParmatech社の工場に導入されている。

 また同社は、設計と製造の方法を変革するミッションの一環として、「Metal Jet Production Service」も発表。これにより、世界中で最新の3Dによるパーツ設計を活用して最終パーツを量産できるため、長期的な生産ロードマップに「HP Metal Jet」を組み込むことを可能にする。

HP Metal Jet Printer

 HP社のCEO兼社長であるディオン・ワイズラー氏は、「私たちは、12兆ドルの規模を持つ製造業界を変革するデジタル産業革命の途中にある。今後は画期的な金属3Dプリンティングテクノロジーである『HP Metal Jet』により、その変革を加速していく。自動車、工業製品、医療セクターだけでも毎年数十億個の金属パーツが生産されており、このテクノロジーは極めて大きな影響を与えるものと予想される」とコメントしている。

 「HP Metal Jet」は、HP社の30年以上に及ぶプリントヘッドと高度な化学のイノベーションを活用した画期的なボクセルレベルのバインダージェッティングテクノロジーである。430×320×200ミリの造形エリアサイズ、4重に冗長化されたノズルと2本のプリントバー、バインダーの大幅な削減を実現し、他の金属3Dプリンティングソリューションと比較して高い生産性と信頼性を、低い導入コストと運用コストで可能にする。ステンレススチール製の最終パーツの提供から開始し、ASTM(米国試験材料協会)とMPIF(Metal Powder Industries Federation)規格を満たす機械的特性を提供する。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP