キーワードで検索

HP社、金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」発表

生産性は最大50倍、低コストで高品質の最終パーツを生産

2018年9月12日製品・テクノロジー

 HP社は、「2018IMTS-シカゴ国際工作機械見本市」において、最終製品として利用可能な金属パーツの量産に対応する金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」を発表した。

 この技術は、他の3Dプリンティング方式と比較して最大50倍の生産性を大幅な低コストで実現するもの。製造業のリーダー企業であるGKN Powder Metallurgy社(以下「GKN社」)とParmatech社の工場に導入されている。

 また同社は、設計と製造の方法を変革するミッションの一環として、「Metal Jet Production Service」も発表。これにより、世界中で最新の3Dによるパーツ設計を活用して最終パーツを量産できるため、長期的な生産ロードマップに「HP Metal Jet」を組み込むことを可能にする。

HP Metal Jet Printer

 HP社のCEO兼社長であるディオン・ワイズラー氏は、「私たちは、12兆ドルの規模を持つ製造業界を変革するデジタル産業革命の途中にある。今後は画期的な金属3Dプリンティングテクノロジーである『HP Metal Jet』により、その変革を加速していく。自動車、工業製品、医療セクターだけでも毎年数十億個の金属パーツが生産されており、このテクノロジーは極めて大きな影響を与えるものと予想される」とコメントしている。

 「HP Metal Jet」は、HP社の30年以上に及ぶプリントヘッドと高度な化学のイノベーションを活用した画期的なボクセルレベルのバインダージェッティングテクノロジーである。430×320×200ミリの造形エリアサイズ、4重に冗長化されたノズルと2本のプリントバー、バインダーの大幅な削減を実現し、他の金属3Dプリンティングソリューションと比較して高い生産性と信頼性を、低い導入コストと運用コストで可能にする。ステンレススチール製の最終パーツの提供から開始し、ASTM(米国試験材料協会)とMPIF(Metal Powder Industries Federation)規格を満たす機械的特性を提供する。

関連記事

新着トピックス

dp_hp_ indigo_100k_p_tn.jpg

日本HP、革新技術を搭載した次世代モデルを市場投入

2020年6月9日製品・テクノロジー

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は4月9日開催の新製品発表会において、印刷業界における「アナログtoデジタル」を支援するデジタル印刷機10機種を発表した。今回、その中...全文を読む

hp_200515_okabe_tn.jpg

日本HP、「破壊と創造」でアナログtoデジタルを加速

2020年5月21日スペシャリスト

 HP Inc.(本社/米国、以下「HP」)は今年3月、さらなる高速化や生産性向上を可能としたHP Indigo デジタル印刷機の第5世代(シリーズ5)や第6世代(シリーズ6)をはじめ...全文を読む

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

HP社、金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」発表

生産性は最大50倍、低コストで高品質の最終パーツを生産

2018年9月12日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 HP社は、「2018IMTS-シカゴ国際工作機械見本市」において、最終製品として利用可能な金属パーツの量産に対応する金属3Dプリンティングテクノロジー「HP Metal Jet」を発表した。

 この技術は、他の3Dプリンティング方式と比較して最大50倍の生産性を大幅な低コストで実現するもの。製造業のリーダー企業であるGKN Powder Metallurgy社(以下「GKN社」)とParmatech社の工場に導入されている。

 また同社は、設計と製造の方法を変革するミッションの一環として、「Metal Jet Production Service」も発表。これにより、世界中で最新の3Dによるパーツ設計を活用して最終パーツを量産できるため、長期的な生産ロードマップに「HP Metal Jet」を組み込むことを可能にする。

HP Metal Jet Printer

 HP社のCEO兼社長であるディオン・ワイズラー氏は、「私たちは、12兆ドルの規模を持つ製造業界を変革するデジタル産業革命の途中にある。今後は画期的な金属3Dプリンティングテクノロジーである『HP Metal Jet』により、その変革を加速していく。自動車、工業製品、医療セクターだけでも毎年数十億個の金属パーツが生産されており、このテクノロジーは極めて大きな影響を与えるものと予想される」とコメントしている。

 「HP Metal Jet」は、HP社の30年以上に及ぶプリントヘッドと高度な化学のイノベーションを活用した画期的なボクセルレベルのバインダージェッティングテクノロジーである。430×320×200ミリの造形エリアサイズ、4重に冗長化されたノズルと2本のプリントバー、バインダーの大幅な削減を実現し、他の金属3Dプリンティングソリューションと比較して高い生産性と信頼性を、低い導入コストと運用コストで可能にする。ステンレススチール製の最終パーツの提供から開始し、ASTM(米国試験材料協会)とMPIF(Metal Powder Industries Federation)規格を満たす機械的特性を提供する。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP