キーワードで検索

富士ゼロックス、假屋崎氏と学生が世界唯一の作品創作

新たな可能性の創造へ〜メタリックカラーとアートを融合

2018年10月2日ケーススタディ

 Iridesse Production Press(イリデッセ プロダクション プレス)が提供するメタリックカラー表現とアートの融合。そんな取り組みを具現化したのが富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)が推進する「Flowers of Iridesseプロジェクト」だ。同プロジェクトでは、華道家の假屋崎省吾氏とその創作力に魅せられた学生たちが参加し、メタリックカラーという表現手法の新たな可能性の創造に挑戦している。

 富士ゼロックスが推進する「Flowers of Iridesseプロジェクト」とは、同社のプロダクションカラープリンティングのハイエンドプロ市場向けモデル「Iridesse Production Press」の特長である光輝性の高いメタリックカラーを活かしたフラワーアート作品「Flowers of Iridesse」を假屋崎氏監修のもと、同氏が特別招聘教授を務める女子美術大学・女子美術大学短期大学部(神奈川県相模原市・東京都杉並区)の学生とともに制作するもの。
学生たちが見守る中、假屋崎氏が創作

学生46名が「明日への希望の花」を制作

 フラワーアート作品の制作に向けては、「Iridesse Production Press」で印刷された多彩なメタリックカラー用紙を材料に使用し「明日への希望の花」をコンセプトにバラの造花を制作するワークショップを4回開催。参加した延べ46名の学生たちが初めて触れるメタリックカラー表現を活かしつつ、それぞれに想いを込めて作成した唯一無二のバラの造花は約170本に及んだ。

 メタリックカラーで印刷された用紙は、見る角度によって多彩な色彩表現を生み出し、また、バラの造花自体も学生の感性によって、一つひとつが異なる形状で制作されていた。
想いを込めてつくられたバラの造花は170本.

関連記事

新着トピックス

Echo-Studios_Acuity-Ultra_tn.jpg

エコー・ハウス社(英国)、Acuity Ultra「美しさ、速さは想像以上」

2018年9月20日ケーススタディ

 イギリス・サリー州サービトンのクリエイティブプロダクションであるエコー・ハウス社は、2018年6月、富士フイルムの最新製品である超高画質・高速UVインクジェットロールプリンター「Ac...全文を読む

housourensai10_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 10一般社団法人PODi

2018年9月19日スペシャリスト

米国における軟包装の優位性  米国の軟包装協会、The Flexible Packaging Association (FPA)は、包装のプロが加入している団体である。最近、FPA's...全文を読む

最新ニュース

キーポイントインテリジェンス、11月14日にデジタル印刷/POD市場コンファレンス

2018年10月3日

 (株)キーポイントインテリジェンス(本社/東京都渋谷区、山内亨社長)は11月14日、「プロダクションデジタル印刷/POD市場コンファレンス2018」を東京コンファレンスセンター・品川...全文を読む

toppan20181002_dp_tn.jpg

凸版印刷、デジタル印刷対応のレトルト殺菌対応パウチ開発

2018年10月2日

 凸版印刷(株)(金子眞吾社長)は、これまでデジタル印刷に対応したパッケージでは実現困難とされていたレトルト殺菌対応のパウチ包材を国内で初めて開発。10月から国内市場に向けて提供を開始...全文を読む

dp_190_250_tn.jpg

コニカミノルタ、グローバル市場でAccurioLabel 190の導入が加速

2018年9月26日

 コニカミノルタ(株)は、オンデマンドラベルプリンター「AccurioLabel 190」が2016年4月の販売開始以来グローバルで250台の設置を達成したことを発表した。  Accu...全文を読む

富士ゼロックス、假屋崎氏と学生が世界唯一の作品創作

新たな可能性の創造へ〜メタリックカラーとアートを融合

2018年10月2日ケーススタディ

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 Iridesse Production Press(イリデッセ プロダクション プレス)が提供するメタリックカラー表現とアートの融合。そんな取り組みを具現化したのが富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)が推進する「Flowers of Iridesseプロジェクト」だ。同プロジェクトでは、華道家の假屋崎省吾氏とその創作力に魅せられた学生たちが参加し、メタリックカラーという表現手法の新たな可能性の創造に挑戦している。

 富士ゼロックスが推進する「Flowers of Iridesseプロジェクト」とは、同社のプロダクションカラープリンティングのハイエンドプロ市場向けモデル「Iridesse Production Press」の特長である光輝性の高いメタリックカラーを活かしたフラワーアート作品「Flowers of Iridesse」を假屋崎氏監修のもと、同氏が特別招聘教授を務める女子美術大学・女子美術大学短期大学部(神奈川県相模原市・東京都杉並区)の学生とともに制作するもの。
学生たちが見守る中、假屋崎氏が創作

学生46名が「明日への希望の花」を制作

 フラワーアート作品の制作に向けては、「Iridesse Production Press」で印刷された多彩なメタリックカラー用紙を材料に使用し「明日への希望の花」をコンセプトにバラの造花を制作するワークショップを4回開催。参加した延べ46名の学生たちが初めて触れるメタリックカラー表現を活かしつつ、それぞれに想いを込めて作成した唯一無二のバラの造花は約170本に及んだ。

 メタリックカラーで印刷された用紙は、見る角度によって多彩な色彩表現を生み出し、また、バラの造花自体も学生の感性によって、一つひとつが異なる形状で制作されていた。
想いを込めてつくられたバラの造花は170本.

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP