キーワードで検索

富士ゼロックス、假屋崎氏と学生が世界唯一の作品創作

新たな可能性の創造へ〜メタリックカラーとアートを融合

2018年10月2日ケーススタディ

 Iridesse Production Press(イリデッセ プロダクション プレス)が提供するメタリックカラー表現とアートの融合。そんな取り組みを具現化したのが富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)が推進する「Flowers of Iridesseプロジェクト」だ。同プロジェクトでは、華道家の假屋崎省吾氏とその創作力に魅せられた学生たちが参加し、メタリックカラーという表現手法の新たな可能性の創造に挑戦している。

 富士ゼロックスが推進する「Flowers of Iridesseプロジェクト」とは、同社のプロダクションカラープリンティングのハイエンドプロ市場向けモデル「Iridesse Production Press」の特長である光輝性の高いメタリックカラーを活かしたフラワーアート作品「Flowers of Iridesse」を假屋崎氏監修のもと、同氏が特別招聘教授を務める女子美術大学・女子美術大学短期大学部(神奈川県相模原市・東京都杉並区)の学生とともに制作するもの。
学生たちが見守る中、假屋崎氏が創作

学生46名が「明日への希望の花」を制作

 フラワーアート作品の制作に向けては、「Iridesse Production Press」で印刷された多彩なメタリックカラー用紙を材料に使用し「明日への希望の花」をコンセプトにバラの造花を制作するワークショップを4回開催。参加した延べ46名の学生たちが初めて触れるメタリックカラー表現を活かしつつ、それぞれに想いを込めて作成した唯一無二のバラの造花は約170本に及んだ。

 メタリックカラーで印刷された用紙は、見る角度によって多彩な色彩表現を生み出し、また、バラの造花自体も学生の感性によって、一つひとつが異なる形状で制作されていた。
想いを込めてつくられたバラの造花は170本.

関連記事

新着トピックス

dp_spc_dc7171p_tn.jpg

エスピーシー、高品位な仕上がりを評価〜特殊色専用機の第1号機が稼働開始

2019年4月16日ケーススタディ

 冠婚葬祭関連の印刷物を手がけるエスピーシー(株)(本社/東京都世田谷区、中田伊代子社長)は今年2月、新たな生産設備として富士ゼロックスの特殊色専用プロダクションプリンター「DocuC...全文を読む

共進ペイパー&パッケージ、今夏にB1デジタル印刷機導入

2019年4月15日企業・経営

「デジタル印刷展開のラストピース」〜通販サービスで売上20億円に向けて加速  (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)が数年前から掲げてきたこの目標が現実的...全文を読む

最新ニュース

dp_ricoh_hp_tn.jpg

リコー、どこでも印字できるハンディサイズのプリンター「RICOH Handy Printer」発売

2019年4月5日

 (株)リコー(山下良則社長)は、紙の上をスライドさせテキストや、画像、QRコード、バーコードなどを、どこでも印字できるハンディサイズのモノクロインクジェットプリンター「RICOH H...全文を読む

dp_foil_glazer_tn.jpg

ウチダテクノ、フォイル(箔)とラミネート加工を1台で実現する「Foil Glazer」発売

2019年4月5日

 (株)ウチダテクノ(本社/東京都中央区、五木田行男社長)は、フォイル&ラミネーター「Foil Glazer」を4月5日より発売を開始した。    フォイル&ラミネーター「Foil G...全文を読む

dp_reddot_tn.jpg

エプソン、SureColorシリーズが「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を初受賞

2019年3月26日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)のラージフォーマットプリンターSureColorシリーズが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award:Product Design 2...全文を読む

富士ゼロックス、假屋崎氏と学生が世界唯一の作品創作

新たな可能性の創造へ〜メタリックカラーとアートを融合

2018年10月2日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 Iridesse Production Press(イリデッセ プロダクション プレス)が提供するメタリックカラー表現とアートの融合。そんな取り組みを具現化したのが富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)が推進する「Flowers of Iridesseプロジェクト」だ。同プロジェクトでは、華道家の假屋崎省吾氏とその創作力に魅せられた学生たちが参加し、メタリックカラーという表現手法の新たな可能性の創造に挑戦している。

 富士ゼロックスが推進する「Flowers of Iridesseプロジェクト」とは、同社のプロダクションカラープリンティングのハイエンドプロ市場向けモデル「Iridesse Production Press」の特長である光輝性の高いメタリックカラーを活かしたフラワーアート作品「Flowers of Iridesse」を假屋崎氏監修のもと、同氏が特別招聘教授を務める女子美術大学・女子美術大学短期大学部(神奈川県相模原市・東京都杉並区)の学生とともに制作するもの。
学生たちが見守る中、假屋崎氏が創作

学生46名が「明日への希望の花」を制作

 フラワーアート作品の制作に向けては、「Iridesse Production Press」で印刷された多彩なメタリックカラー用紙を材料に使用し「明日への希望の花」をコンセプトにバラの造花を制作するワークショップを4回開催。参加した延べ46名の学生たちが初めて触れるメタリックカラー表現を活かしつつ、それぞれに想いを込めて作成した唯一無二のバラの造花は約170本に及んだ。

 メタリックカラーで印刷された用紙は、見る角度によって多彩な色彩表現を生み出し、また、バラの造花自体も学生の感性によって、一つひとつが異なる形状で制作されていた。
想いを込めてつくられたバラの造花は170本.

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP