キーワードで検索

富士ゼロックス、特殊色と紙の質感を演出〜新たな価値をもたらす印刷表現

ゴールド・シルバー・ホワイト+ブラックトナーを搭載「DocuColor 7171 P(Model-ST)」

2019年4月2日製品・テクノロジー

 オフセットやデジタルを問わず、多くの印刷機がCMYKの4色を使用して印刷物を生産している。しかし、この印刷における「常識」にとらわれず、CMYではなくゴールド、シルバー、ホワイトの特殊トナーにブラックを加えた4色を標準搭載したプロダクションプリンターが今年1月、富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)から発売された。その斬新な発想を採用した特殊色専用プロダクションプリンターが「DocuColor 7171 P(Model-ST)」だ。DocuColor 7171 P(Model-ST)

 グラフィックアーツの分野において、CMYKの色分解によるカラー印刷は基本中の基本、いわば業界のスタンダードといえる。今回、発売された「DocuColor 7171 P(Model-ST)」は、この固定概念から脱却した印刷機として商品化されている。

 その発端となったのは、名古屋地区で営業職に従事する同社の鈴木佳代氏(グラフィックコミュニケーションサービス営業部 第三営業部 1グループ1チーム)ら、社内の有志が抱いた「特殊トナーを使った印刷物をもっと多くの人に、もっと手軽に作り出してもらいたい」という想いだ。

 同社では、新しいアイデアの具現化や社会的課題の解決に向けて、想いのある社員が組織の枠を超えて社内外のメンバーとともに自発的な提案・実践をするプログラムがある。鈴木氏らは、そうしたプログラムを活用し、また、経営層の賛同・協力を得て特殊トナーをより手軽に使用できる新たな商品を世に送り出すことを目指して活動を進めることになった。

その想いの実現に向け、メンバーがトライしたのが、小型の既存機種を選び、CMYトナーを、ゴールド、シルバーなどの特殊トナーに差し替えて使うというアイデアだ。

 開発部門のメンバーを中心に実現性を評価、検証した結果について鈴木氏は、「技術的には小型機で特殊トナーを出力することについて一定の見通しがついた。その一方で、CMYトナーを搭載せず、フルカラーが出力できない特殊色専用機という特性をお客様が求めているのか、ということについては検証を進める必要があった」と振り返る。
鈴木氏(左)と後藤氏
 そこで同社では、お客様へのヒアリングを実施して市場での受容性を調査。その結果、特殊色専用機に対する関心が非常に高いことを確認できたという。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

富士ゼロックス、特殊色と紙の質感を演出〜新たな価値をもたらす印刷表現

ゴールド・シルバー・ホワイト+ブラックトナーを搭載「DocuColor 7171 P(Model-ST)」

2019年4月2日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 オフセットやデジタルを問わず、多くの印刷機がCMYKの4色を使用して印刷物を生産している。しかし、この印刷における「常識」にとらわれず、CMYではなくゴールド、シルバー、ホワイトの特殊トナーにブラックを加えた4色を標準搭載したプロダクションプリンターが今年1月、富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)から発売された。その斬新な発想を採用した特殊色専用プロダクションプリンターが「DocuColor 7171 P(Model-ST)」だ。DocuColor 7171 P(Model-ST)

 グラフィックアーツの分野において、CMYKの色分解によるカラー印刷は基本中の基本、いわば業界のスタンダードといえる。今回、発売された「DocuColor 7171 P(Model-ST)」は、この固定概念から脱却した印刷機として商品化されている。

 その発端となったのは、名古屋地区で営業職に従事する同社の鈴木佳代氏(グラフィックコミュニケーションサービス営業部 第三営業部 1グループ1チーム)ら、社内の有志が抱いた「特殊トナーを使った印刷物をもっと多くの人に、もっと手軽に作り出してもらいたい」という想いだ。

 同社では、新しいアイデアの具現化や社会的課題の解決に向けて、想いのある社員が組織の枠を超えて社内外のメンバーとともに自発的な提案・実践をするプログラムがある。鈴木氏らは、そうしたプログラムを活用し、また、経営層の賛同・協力を得て特殊トナーをより手軽に使用できる新たな商品を世に送り出すことを目指して活動を進めることになった。

その想いの実現に向け、メンバーがトライしたのが、小型の既存機種を選び、CMYトナーを、ゴールド、シルバーなどの特殊トナーに差し替えて使うというアイデアだ。

 開発部門のメンバーを中心に実現性を評価、検証した結果について鈴木氏は、「技術的には小型機で特殊トナーを出力することについて一定の見通しがついた。その一方で、CMYトナーを搭載せず、フルカラーが出力できない特殊色専用機という特性をお客様が求めているのか、ということについては検証を進める必要があった」と振り返る。
鈴木氏(左)と後藤氏
 そこで同社では、お客様へのヒアリングを実施して市場での受容性を調査。その結果、特殊色専用機に対する関心が非常に高いことを確認できたという。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP