キーワードで検索

サインアーテック、大型LED-UVフラットベッドインクジェットプリンタ導入

2019年4月16日ケーススタディ

フラットベッドIJプリンタが5台体制に〜生産性向上と超短納期対応実現

 インクジェットによる超大型出力&加工を得意とする(株)サインアーテック(本社/埼玉県飯能市)は今年2月、増加する大型パネルなどへの出力に迅速対応するため、LED-UV硬化フラットベッドインクジェットプリンタ「JFX500-2131」(ミマキエンジニアリング)をフラットベッドプリンタの陣列に加えた。同機は2,100×3,100mmサイズに対応するため、これまでは外注していた超大型パネルの内製化を図るとともに、三×六判パネルを3面付けできるようになるなど大幅な生産効率化を実現。超短納期にも対応が可能になった。

本社工場にて山林専務

 サイン業界屈指のインクジェット設備を有する同社では、35台の最新鋭インクジェットプリンタが稼働。同社の山林資和専務は「月産2万平米のインクジェット出力が可能」と自社の生産キャパに自信を示す。

 また、インクジェット出力だけでなく充実した後加工設備も同社の強みだ。広々とした加工フロアーには、大型対応の工業用ミシンをはじめ、各種ウェルダー、カッティングプロッター、マルチカッティングマシン、高速フィニッシングカッター、自動ハトメ打機など多様な後加工機を設備している。「後加工をさらに効率的に行うため、このほどこれまで社員の福利厚生施設として活用していた建物を第2工場とし、本社工場のインクジェット設備の一部を移動した。これにより後加工スペースにさらに余裕ができ、加工スペース不足の問題を解決した」(山林専務)。

 全5台のウェルダー加工機のうち1台は大型幕専門で8mのジョイントが可能。このほか高周波ウェルダー、熱板式ウェルダー、ハイブリッド型ウェルダーを設備し、素材や仕上がりなど最終的な製品により使い分けているという。

 また、カッティングマシンによりUVダイレクト印刷したパネルを好きな形にカッティングすることが可能。高精細で高速なカッティングを実現でき、山林専務は「大型の等身大パネルやPOPなどの製作に適している。当社は印刷から加工、発送まで一貫生産しているため、大幅な納期短縮とコスト削減を実現している」と一貫生産による強みをアピールする。

関連記事

新着トピックス

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 コダック社は、6月16日に開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、優れた投資対効果(ROI)の達成をめざした新しいデジタル印刷ソリューションを発表。とくに、インクジェットプレ...全文を読む

iridesse_chibap_dp_tn.jpg

千葉印刷、特殊紙+特色による多彩な提案で受注拡大

2020年6月22日ケーススタディ

 東京・渋谷区に本社を置く(株)千葉印刷(本社/東京都渋谷区円山町25-5、柳川満生社長)は、2018年11月にカラーオンデマンド・パブリッシング・システム「富士ゼロックス Iride...全文を読む

最新ニュース

risapress_c14000_202008_dp_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESS Colorに初のヘビープロダクション機

2020年8月3日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、RISAPRESSカラーシリーズの新製品として、フルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESS Color14000/12000...全文を読む

エプソン、子会社ロブステリ社とフォルテックス社の合併を決定

2020年7月30日

 セイコーエプソン(株)(以下、「エプソン」)は7月30日、グループ会社であるFratelli Robustelli S.r.l.(以下、「ロブステリ社」)によるFor.Tex S.r...全文を読む

dp_km_online_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、新製品発表会とウェビナーで構成するオンラインイベントを8月18日に開催

2020年7月28日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は8月18日14時より、新製品発表会と特別講師によるウェビナーで構成されるオンラインイベント「New Normalにおけ...全文を読む

サインアーテック、大型LED-UVフラットベッドインクジェットプリンタ導入

2019年4月16日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

フラットベッドIJプリンタが5台体制に〜生産性向上と超短納期対応実現

 インクジェットによる超大型出力&加工を得意とする(株)サインアーテック(本社/埼玉県飯能市)は今年2月、増加する大型パネルなどへの出力に迅速対応するため、LED-UV硬化フラットベッドインクジェットプリンタ「JFX500-2131」(ミマキエンジニアリング)をフラットベッドプリンタの陣列に加えた。同機は2,100×3,100mmサイズに対応するため、これまでは外注していた超大型パネルの内製化を図るとともに、三×六判パネルを3面付けできるようになるなど大幅な生産効率化を実現。超短納期にも対応が可能になった。

本社工場にて山林専務

 サイン業界屈指のインクジェット設備を有する同社では、35台の最新鋭インクジェットプリンタが稼働。同社の山林資和専務は「月産2万平米のインクジェット出力が可能」と自社の生産キャパに自信を示す。

 また、インクジェット出力だけでなく充実した後加工設備も同社の強みだ。広々とした加工フロアーには、大型対応の工業用ミシンをはじめ、各種ウェルダー、カッティングプロッター、マルチカッティングマシン、高速フィニッシングカッター、自動ハトメ打機など多様な後加工機を設備している。「後加工をさらに効率的に行うため、このほどこれまで社員の福利厚生施設として活用していた建物を第2工場とし、本社工場のインクジェット設備の一部を移動した。これにより後加工スペースにさらに余裕ができ、加工スペース不足の問題を解決した」(山林専務)。

 全5台のウェルダー加工機のうち1台は大型幕専門で8mのジョイントが可能。このほか高周波ウェルダー、熱板式ウェルダー、ハイブリッド型ウェルダーを設備し、素材や仕上がりなど最終的な製品により使い分けているという。

 また、カッティングマシンによりUVダイレクト印刷したパネルを好きな形にカッティングすることが可能。高精細で高速なカッティングを実現でき、山林専務は「大型の等身大パネルやPOPなどの製作に適している。当社は印刷から加工、発送まで一貫生産しているため、大幅な納期短縮とコスト削減を実現している」と一貫生産による強みをアピールする。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP