キーワードで検索

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

独創的な機能の数々搭載〜サイン&ディスプレイショウで国内初公開

2019年7月19日ケーススタディ

 そして、特筆すべきは印刷テーブルにメッシュキットが装備されていることである。印刷前の追加セットアップ作業、印刷後のクリーニングは不要。プリントビームはX軸(前後方向)に動作可能で、クリック1つで通常の位置からメッシュ印刷ポジションへ移動する。移動後、ただちに印刷を開始することが可能だ。

 大野社長は「この機能により、メッシュプリントにストレスフリーで移行できる。下にレシート紙のような巻紙が走っており、それがヘッドキャリッジと一緒に動いてインキを吸い取る仕組みとなっている。また、ロール紙の場合、どうしても搬送のズレが起きることがあるが、プリントヘッドの前後の動きによってこれも補正することができる」と説明する。さらに、450mm幅までなら固定してフラットベッドプリンタとして使用することもできるという。

 また、プリントエリアのすぐ手前に「Light Box」を装備しており、バックリット出力の品質確認を即時に、また継続的に行うことが可能。この機能により、時間と材料の無駄を最小限に抑えることができる。大野社長は「裏からメディアに光を当てて印刷の状態を確認できる。48に分割された照明があり、必要なところだけを照らして透明や薄いメディアなども、その場で品質チェックすることができる」と説明する。Fespa2019の来場者からも「バックリットの印刷品質は、卓越したswissQprintクオリティだ」と高く評価されたようだ。

 また、2本のロールメディアを同時に印刷する場合には、1.6m幅までのメディアを2本同時に出力し、生産性を2倍にできるデュアルロールオプションの装備が可能。ロールを固定するシャフトは2つのセクションに分かれており、それぞれが独立して稼働する。これにより、各ロールに最適なテンションが保たれ、印刷品質の向上に寄与することができる。大野社長は3.4m幅のメリットについて「幅いっぱいいっぱいにプリントできるため、カッティングの手間が省ける」と説明している。

関連記事

新着トピックス

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

最新ニュース

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

独創的な機能の数々搭載〜サイン&ディスプレイショウで国内初公開

2019年7月19日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 そして、特筆すべきは印刷テーブルにメッシュキットが装備されていることである。印刷前の追加セットアップ作業、印刷後のクリーニングは不要。プリントビームはX軸(前後方向)に動作可能で、クリック1つで通常の位置からメッシュ印刷ポジションへ移動する。移動後、ただちに印刷を開始することが可能だ。

 大野社長は「この機能により、メッシュプリントにストレスフリーで移行できる。下にレシート紙のような巻紙が走っており、それがヘッドキャリッジと一緒に動いてインキを吸い取る仕組みとなっている。また、ロール紙の場合、どうしても搬送のズレが起きることがあるが、プリントヘッドの前後の動きによってこれも補正することができる」と説明する。さらに、450mm幅までなら固定してフラットベッドプリンタとして使用することもできるという。

 また、プリントエリアのすぐ手前に「Light Box」を装備しており、バックリット出力の品質確認を即時に、また継続的に行うことが可能。この機能により、時間と材料の無駄を最小限に抑えることができる。大野社長は「裏からメディアに光を当てて印刷の状態を確認できる。48に分割された照明があり、必要なところだけを照らして透明や薄いメディアなども、その場で品質チェックすることができる」と説明する。Fespa2019の来場者からも「バックリットの印刷品質は、卓越したswissQprintクオリティだ」と高く評価されたようだ。

 また、2本のロールメディアを同時に印刷する場合には、1.6m幅までのメディアを2本同時に出力し、生産性を2倍にできるデュアルロールオプションの装備が可能。ロールを固定するシャフトは2つのセクションに分かれており、それぞれが独立して稼働する。これにより、各ロールに最適なテンションが保たれ、印刷品質の向上に寄与することができる。大野社長は3.4m幅のメリットについて「幅いっぱいいっぱいにプリントできるため、カッティングの手間が省ける」と説明している。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP