キーワードで検索

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

独創的な機能の数々搭載〜サイン&ディスプレイショウで国内初公開

2019年7月19日ケーススタディ

 スイスに本社を構えるswissQprint社は、ワイドフォーマットハイエンドUVフラットベッドプリンタのメーカーとして2007年に設立した。同社製品は世界中でユーザーを拡大しており、主力製品の「Nyala」は欧州において4年連続で大判プリンター部門の販売台数1位を獲得した。そんな同社は、今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において、独創的な機能の数々を搭載した同社初のロールtoロールプリンタ「Karibu(カリブ)」を発表した。すでに全世界で13台を受注しており、スイスメイドハイエンドフラットベッドプリンタで市場から高い評価を得ているswissQprintにとって、新たな展開をもたらす新製品となりそうだ。国内では、8月29日から31日まで東京ビッグサイトにおいて開催されるサイン&ディスプレイショウ2019で初公開となり、今年9月以降からの出荷開始となる。

swissQprint製品のさらなる国内市場普及に意欲を示す大野社長

 swissQprint社は、スイス本社のほか、アメリカ・ドイツ・日本・スペインに現地法人を持つ。アメリカではこのほど、カナダエリアの管轄を開始。また、2年前に日本の現地法人として設立したswissQprint Japan(株)(本社/横浜市港北区新横浜3-2-6、大野透社長)では、近年中にアジア・パシフィック地域の技術サポートを管轄する予定だ。

 swissQprint社は2007年の設立と歴史は浅いものの、2008年に11台だった出荷台数は2018年末に1,100台を突破。2019年5月時点で1,172台となり、出荷台数は毎年、右肩上がりで推移している。これについてswissQprint Japan大野社長は「スイス本社のレト・アイヒャー社長は1996年頃、別会社を経営していた時に実験的にフラットベッドプリンタを開発しており、この世界でのパイオニアであると自負している。それを含めると、プリンターメーカーとして20年以上の開発の実績があることになる」と、ハイクオリティーとスイスメイドの高い信頼性、効率の良い生産が可能な多様性を誇るswissQprint社製品の自信と実績の裏付けとなる歴史を説明する。

関連記事

新着トピックス

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

独創的な機能の数々搭載〜サイン&ディスプレイショウで国内初公開

2019年7月19日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 スイスに本社を構えるswissQprint社は、ワイドフォーマットハイエンドUVフラットベッドプリンタのメーカーとして2007年に設立した。同社製品は世界中でユーザーを拡大しており、主力製品の「Nyala」は欧州において4年連続で大判プリンター部門の販売台数1位を獲得した。そんな同社は、今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において、独創的な機能の数々を搭載した同社初のロールtoロールプリンタ「Karibu(カリブ)」を発表した。すでに全世界で13台を受注しており、スイスメイドハイエンドフラットベッドプリンタで市場から高い評価を得ているswissQprintにとって、新たな展開をもたらす新製品となりそうだ。国内では、8月29日から31日まで東京ビッグサイトにおいて開催されるサイン&ディスプレイショウ2019で初公開となり、今年9月以降からの出荷開始となる。

swissQprint製品のさらなる国内市場普及に意欲を示す大野社長

 swissQprint社は、スイス本社のほか、アメリカ・ドイツ・日本・スペインに現地法人を持つ。アメリカではこのほど、カナダエリアの管轄を開始。また、2年前に日本の現地法人として設立したswissQprint Japan(株)(本社/横浜市港北区新横浜3-2-6、大野透社長)では、近年中にアジア・パシフィック地域の技術サポートを管轄する予定だ。

 swissQprint社は2007年の設立と歴史は浅いものの、2008年に11台だった出荷台数は2018年末に1,100台を突破。2019年5月時点で1,172台となり、出荷台数は毎年、右肩上がりで推移している。これについてswissQprint Japan大野社長は「スイス本社のレト・アイヒャー社長は1996年頃、別会社を経営していた時に実験的にフラットベッドプリンタを開発しており、この世界でのパイオニアであると自負している。それを含めると、プリンターメーカーとして20年以上の開発の実績があることになる」と、ハイクオリティーとスイスメイドの高い信頼性、効率の良い生産が可能な多様性を誇るswissQprint社製品の自信と実績の裏付けとなる歴史を説明する。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP