キーワードで検索

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

独創的な機能の数々搭載〜サイン&ディスプレイショウで国内初公開

2019年7月19日ケーススタディ

 現在、swissQprint社のUVインクジェットプリンターのラインアップとしては、少量生産のソリューションである「Oryx3」(2.5×2m フラットベッド)、コンパクトで効率的な生産が可能な「Impala3」(2.5×2m フラットベッド)、317平米/時の高い生産性を誇る「Impala3S」(2.5×2m フラットベッド)、ベストセラーの「Nyala3」(3.2×2m フラットベッド)、370平米/時という最高の生産性を誇る「Nyala3S」(3.2×2m フラットベッド)を揃えている。

新横浜のショールームに展示されている「Nyala」

 その中でも「Nyalaシリーズ」は欧州において4年連続で大判プリンター部門の販売台数1位を獲得している。大野社長は「競合他社を押さえての4年連続での販売台数1位の獲得は、まさにswissQprint社製品の信頼の証と言える。swissQprint社は30〜40%のマーケットシェアをとっていける実力があると自負している」と、swissQprint社製品に自信を示す。

 そして、swissQprint社はこのほど、従来の機能を踏襲するとともに、独創的な機能の数々を搭載した同社初となるロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を発表した。

プリントヘッドが前後に動作〜メッシュプリントとズレ補正に効果

 新製品「Karibu」は、幅340cmまでのロールメディアに対応するUVインクジェットプリンター。効率性、信頼性、汎用性の向上に役立つ独創的な機能の数々が搭載されている。Fespa2019の展示会場では、ロールメディアをいかに容易かつ手早く交換できるかを実演。新開発のカセットシステムにより、ロールメディアのセットから印刷準備完了までわずか数分で行える容易なロールの取り扱いを披露した。

国内ではサイン&ディスプレイショウ2019で初公開となる「Karibu(カリブ)」

 大野社長は「圧力のセンサーが入っているため、オペレーターは勘ではなく、メディアの張り具合や左右のバランスなどを、ステータスバーを見ながら簡単にセットすることができる」と特許出願中である同技術について説明する。

関連記事

新着トピックス

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

最新ニュース

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

独創的な機能の数々搭載〜サイン&ディスプレイショウで国内初公開

2019年7月19日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 現在、swissQprint社のUVインクジェットプリンターのラインアップとしては、少量生産のソリューションである「Oryx3」(2.5×2m フラットベッド)、コンパクトで効率的な生産が可能な「Impala3」(2.5×2m フラットベッド)、317平米/時の高い生産性を誇る「Impala3S」(2.5×2m フラットベッド)、ベストセラーの「Nyala3」(3.2×2m フラットベッド)、370平米/時という最高の生産性を誇る「Nyala3S」(3.2×2m フラットベッド)を揃えている。

新横浜のショールームに展示されている「Nyala」

 その中でも「Nyalaシリーズ」は欧州において4年連続で大判プリンター部門の販売台数1位を獲得している。大野社長は「競合他社を押さえての4年連続での販売台数1位の獲得は、まさにswissQprint社製品の信頼の証と言える。swissQprint社は30〜40%のマーケットシェアをとっていける実力があると自負している」と、swissQprint社製品に自信を示す。

 そして、swissQprint社はこのほど、従来の機能を踏襲するとともに、独創的な機能の数々を搭載した同社初となるロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を発表した。

プリントヘッドが前後に動作〜メッシュプリントとズレ補正に効果

 新製品「Karibu」は、幅340cmまでのロールメディアに対応するUVインクジェットプリンター。効率性、信頼性、汎用性の向上に役立つ独創的な機能の数々が搭載されている。Fespa2019の展示会場では、ロールメディアをいかに容易かつ手早く交換できるかを実演。新開発のカセットシステムにより、ロールメディアのセットから印刷準備完了までわずか数分で行える容易なロールの取り扱いを披露した。

国内ではサイン&ディスプレイショウ2019で初公開となる「Karibu(カリブ)」

 大野社長は「圧力のセンサーが入っているため、オペレーターは勘ではなく、メディアの張り具合や左右のバランスなどを、ステータスバーを見ながら簡単にセットすることができる」と特許出願中である同技術について説明する。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP