キーワードで検索

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

独創的な機能の数々搭載〜サイン&ディスプレイショウで国内初公開

2019年7月19日ケーススタディ

 さらに、ピアノのようにテーブル幅いっぱいに136個のバキュームスイッチが配置されている。各々のバキュームチャンネルが開閉可能で、デュアルロールの間のエリアなどをオフにしてエアー漏れを防ぐことができる。指先による軽いタップ操作のみでオンオフ切替が行われ、すべてのエリアをオンまたはオフにするのはわずか4秒程度。このバキュームスイッチも特許出願中の技術となっており、大野社長は「マスキングテープを貼るオペレーターの手間が省けるほか、不要なところはオフにできるため、音も静かになる」と同機能のメリットについて説明している。

 また、4本のステータスインジケーターが装備されているため、離れた位置からでも機械の状態と印刷ジョブの進行状況を確認することができる。オペレーターは室内の別の場所で他の作業を行っている際にも「Karibu」に目を配ることができるため、多能工にも配慮した機能であると言えそうだ。

 この他、波打つメディアを金属ホルダーで抑え込むエッジホルダーなどの機構も搭載している。

専用インク、ソフト開発〜インクの柔軟性、簡単な面付けが可能に

 swissQprint社は今回、Karibu用として、ロールtoロール専用のインクを開発した。硬化後のインクは柔軟性があり、多様なロールメディアに使用することが可能。インクはNVCフリー、Greenguard Gold認証を取得済みで、印刷したものを学校や医療機関などでも使用できる。

 さらに、Karibu用のプリンタソフトウェア「Lory」を開発した。ドラッグ&ペーストによる簡単な面付け作業が可能になったほか、バキュームの強度なども細かい数値を入れて管理できる。ジョブ進行状況の確認やインクの残りなども確認でき、QRコードによりインクの素性を読み取り管理することもできる。このほか、コントロールパネルも埋め込みではなく、角度を代えて動かすことができる。大野社長は「細かいところになるが、作業のやりやすさなど、人間工学的にも配慮した設計となっている」と説明する。

 Karibuは、すでにスイスとドイツの2社のユーザーが導入して実稼働を開始している。ハンドリングに優れていることや、24時間稼働にも耐える耐久性、インクの柔軟性、そして最高1,080×360dpiで212平米/時の生産性などが高く評価されているようだ。すでに全世界で13台を受注しているようで、大野社長は「全世界でソフトサイネージが伸びていく中、Karibuの需要はますます増えてくると確信している」として、将来的な国内での普及にも自信を見せている。

関連記事

新着トピックス

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

最新ニュース

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

独創的な機能の数々搭載〜サイン&ディスプレイショウで国内初公開

2019年7月19日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 さらに、ピアノのようにテーブル幅いっぱいに136個のバキュームスイッチが配置されている。各々のバキュームチャンネルが開閉可能で、デュアルロールの間のエリアなどをオフにしてエアー漏れを防ぐことができる。指先による軽いタップ操作のみでオンオフ切替が行われ、すべてのエリアをオンまたはオフにするのはわずか4秒程度。このバキュームスイッチも特許出願中の技術となっており、大野社長は「マスキングテープを貼るオペレーターの手間が省けるほか、不要なところはオフにできるため、音も静かになる」と同機能のメリットについて説明している。

 また、4本のステータスインジケーターが装備されているため、離れた位置からでも機械の状態と印刷ジョブの進行状況を確認することができる。オペレーターは室内の別の場所で他の作業を行っている際にも「Karibu」に目を配ることができるため、多能工にも配慮した機能であると言えそうだ。

 この他、波打つメディアを金属ホルダーで抑え込むエッジホルダーなどの機構も搭載している。

専用インク、ソフト開発〜インクの柔軟性、簡単な面付けが可能に

 swissQprint社は今回、Karibu用として、ロールtoロール専用のインクを開発した。硬化後のインクは柔軟性があり、多様なロールメディアに使用することが可能。インクはNVCフリー、Greenguard Gold認証を取得済みで、印刷したものを学校や医療機関などでも使用できる。

 さらに、Karibu用のプリンタソフトウェア「Lory」を開発した。ドラッグ&ペーストによる簡単な面付け作業が可能になったほか、バキュームの強度なども細かい数値を入れて管理できる。ジョブ進行状況の確認やインクの残りなども確認でき、QRコードによりインクの素性を読み取り管理することもできる。このほか、コントロールパネルも埋め込みではなく、角度を代えて動かすことができる。大野社長は「細かいところになるが、作業のやりやすさなど、人間工学的にも配慮した設計となっている」と説明する。

 Karibuは、すでにスイスとドイツの2社のユーザーが導入して実稼働を開始している。ハンドリングに優れていることや、24時間稼働にも耐える耐久性、インクの柔軟性、そして最高1,080×360dpiで212平米/時の生産性などが高く評価されているようだ。すでに全世界で13台を受注しているようで、大野社長は「全世界でソフトサイネージが伸びていく中、Karibuの需要はますます増えてくると確信している」として、将来的な国内での普及にも自信を見せている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP