キーワードで検索

ミヤコシ、ラベルから軟包装まで〜生活産業分野でインクジェット技術を活用

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年9月24日から27日までの4日間、ベルギーのブリュッセルで開催されるラベル関連の国際展示会「Labelexpo Europe(ラベルエキスポヨーロッパ)2019」に出展する(ホール8-8831)。今回、同社・執行役員営業本部副本部長兼国際戦略事業部長の天野剛氏に、ラベルエキスポの出展概要、そしてミヤコシが提案するインクジェットソリューションなどについて聞いた。
天野 氏
 今回のラベルエキスポでは、間欠オフセットラベル印刷機「MLP13C」とラベル用LED-UVインクジェットプリンター「MJP13LXV」の2台のラベル印刷機を出品する。

 これまで当社は、ラベルエキスポに積極的に出展し、オフセット方式とインクジェット方式のラベル印刷機を紹介してきた。オフセット印刷方式によるラベル印刷機については、機能性などが評価され、欧州の販売拠点である「ミヤコシ ヨーロッパ」を通じて導入が進んでいる。

 今回の出品機である間欠オフセットラベル印刷機「MLP13C」では、様々な加工ユニットをインライン装備するほか、従来の紙だけでなく、フィルム基材にも印刷が可能な仕様として紹介していく。

欧州市場で本格的に販売展開

 インクジェット方式によるデジタルラベル印刷については、これまでもラベルエキスポで紹介してきたが、どちらかといえば市場調査を兼ねた出品であった。しかし、今回のラベルエキスポの出展を契機にミヤコシブランドのインクジェットラベル印刷機として「ミヤコシ ヨーロッパ」が正式に欧州市場に対し、販売・サポートを開始することをアピールしていく。
ラベル用LED-UVインクジェットプリンター「MJP13LXV」
 「MJP13LXV」は、前回も出品している機種で、窒素パージLED-UVを搭載し、低臭気化を実現する解像度1,200×1,200dpiのラベル印刷用のインクジェットプリンターである。基本スペックは、前回と同様だが、インクジェットヘッドやインクなどを改良したモデルとなっている。また、前回は、このインクジェットプリンターに後加工システム「MJL13A」をインライン接続したかたちで提案を行ったが、後加工をすでに設置しているユーザーも多いことから、今回はロールtoロールのシンプルな仕様で訴求していく。

関連記事

新着トピックス

kanbi_digital2020_dp_tn.jpg

関西美術印刷、美術印刷を凌駕する表現力と安定感[Jet Press 750S導入事例]

2020年4月3日ケーススタディ

 「信頼される製品づくり」─学校アルバムで知られる関西美術印刷(株)(本社/奈良市西木辻町153-1、西田晴彦社長)は昨年11月、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプ...全文を読む

dp_shinwa_yamazaki_tn.jpg

新和製作所、本稼働の最終段階に入ったインプレミアNS40

2020年4月2日ケーススタディ

 昨年10月、(株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)と40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia(インプレミア)NS40」のフィールドテスト...全文を読む

最新ニュース

ホタルコーポレーション、3Dクリエイターのプリント作品を販売

2020年4月6日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリント受注の専門サイト「hotaru3d.com」において、クリエイターのフルカラー3Dプリント...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

ミヤコシ、ラベルから軟包装まで〜生活産業分野でインクジェット技術を活用

2019年10月9日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年9月24日から27日までの4日間、ベルギーのブリュッセルで開催されるラベル関連の国際展示会「Labelexpo Europe(ラベルエキスポヨーロッパ)2019」に出展する(ホール8-8831)。今回、同社・執行役員営業本部副本部長兼国際戦略事業部長の天野剛氏に、ラベルエキスポの出展概要、そしてミヤコシが提案するインクジェットソリューションなどについて聞いた。
天野 氏
 今回のラベルエキスポでは、間欠オフセットラベル印刷機「MLP13C」とラベル用LED-UVインクジェットプリンター「MJP13LXV」の2台のラベル印刷機を出品する。

 これまで当社は、ラベルエキスポに積極的に出展し、オフセット方式とインクジェット方式のラベル印刷機を紹介してきた。オフセット印刷方式によるラベル印刷機については、機能性などが評価され、欧州の販売拠点である「ミヤコシ ヨーロッパ」を通じて導入が進んでいる。

 今回の出品機である間欠オフセットラベル印刷機「MLP13C」では、様々な加工ユニットをインライン装備するほか、従来の紙だけでなく、フィルム基材にも印刷が可能な仕様として紹介していく。

欧州市場で本格的に販売展開

 インクジェット方式によるデジタルラベル印刷については、これまでもラベルエキスポで紹介してきたが、どちらかといえば市場調査を兼ねた出品であった。しかし、今回のラベルエキスポの出展を契機にミヤコシブランドのインクジェットラベル印刷機として「ミヤコシ ヨーロッパ」が正式に欧州市場に対し、販売・サポートを開始することをアピールしていく。
ラベル用LED-UVインクジェットプリンター「MJP13LXV」
 「MJP13LXV」は、前回も出品している機種で、窒素パージLED-UVを搭載し、低臭気化を実現する解像度1,200×1,200dpiのラベル印刷用のインクジェットプリンターである。基本スペックは、前回と同様だが、インクジェットヘッドやインクなどを改良したモデルとなっている。また、前回は、このインクジェットプリンターに後加工システム「MJL13A」をインライン接続したかたちで提案を行ったが、後加工をすでに設置しているユーザーも多いことから、今回はロールtoロールのシンプルな仕様で訴求していく。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP