キーワードで検索

ミヤコシ、ラベルから軟包装まで〜生活産業分野でインクジェット技術を活用

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年9月24日から27日までの4日間、ベルギーのブリュッセルで開催されるラベル関連の国際展示会「Labelexpo Europe(ラベルエキスポヨーロッパ)2019」に出展する(ホール8-8831)。今回、同社・執行役員営業本部副本部長兼国際戦略事業部長の天野剛氏に、ラベルエキスポの出展概要、そしてミヤコシが提案するインクジェットソリューションなどについて聞いた。
天野 氏
 今回のラベルエキスポでは、間欠オフセットラベル印刷機「MLP13C」とラベル用LED-UVインクジェットプリンター「MJP13LXV」の2台のラベル印刷機を出品する。

 これまで当社は、ラベルエキスポに積極的に出展し、オフセット方式とインクジェット方式のラベル印刷機を紹介してきた。オフセット印刷方式によるラベル印刷機については、機能性などが評価され、欧州の販売拠点である「ミヤコシ ヨーロッパ」を通じて導入が進んでいる。

 今回の出品機である間欠オフセットラベル印刷機「MLP13C」では、様々な加工ユニットをインライン装備するほか、従来の紙だけでなく、フィルム基材にも印刷が可能な仕様として紹介していく。

欧州市場で本格的に販売展開

 インクジェット方式によるデジタルラベル印刷については、これまでもラベルエキスポで紹介してきたが、どちらかといえば市場調査を兼ねた出品であった。しかし、今回のラベルエキスポの出展を契機にミヤコシブランドのインクジェットラベル印刷機として「ミヤコシ ヨーロッパ」が正式に欧州市場に対し、販売・サポートを開始することをアピールしていく。
ラベル用LED-UVインクジェットプリンター「MJP13LXV」
 「MJP13LXV」は、前回も出品している機種で、窒素パージLED-UVを搭載し、低臭気化を実現する解像度1,200×1,200dpiのラベル印刷用のインクジェットプリンターである。基本スペックは、前回と同様だが、インクジェットヘッドやインクなどを改良したモデルとなっている。また、前回は、このインクジェットプリンターに後加工システム「MJL13A」をインライン接続したかたちで提案を行ったが、後加工をすでに設置しているユーザーも多いことから、今回はロールtoロールのシンプルな仕様で訴求していく。

関連記事

新着トピックス

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

hyoda_app_1_dp_tn.jpg

兵田印刷工芸、大学内「次世代型新食堂」の注文アプリ開発

2019年12月13日ケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」をキーワードにクロスメディアを展開する兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)はこのほど、某有名大学内の「次世代型新食堂」で運用...全文を読む

最新ニュース

dp_est480_tn.jpg

桂川電機とマークス、昇華転写プリントの効率化を加速する「KIP EST480」発売

2020年1月9日

 桂川電機(株)(本社/東京都大田区、渡邉正禮社長)と各種ウェアおよび各種用品のマーキング加工を手がける(株)マークス(本社/熊本県熊本市、田中博社長)は、デジタルテキスタイル印刷にお...全文を読む

agfa-greenguard-gold-vector-logo_dp_tn.jpg

アグフア、UVインクジェットインクが「GREENGUARDゴールド認定」取得

2019年12月18日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、サイン&ディスプレイ向けUVインクジェットインクである「Anuvia(アヌビア)1250/1551」と「Anapurna(アナプルナ)...全文を読む

dp_scs80650l_tn.jpg

エプソン、インクの交換頻度と保管スペースを削減するエコソルベントインク搭載大判IJ機発売

2019年12月18日

 エプソンは、サイン&ディスプレイ業界向けエコソルベントインク搭載大判インクジェットプリンターの新商品として、インクパックを採用した10色インク搭載「SC-S80650L」、および4色...全文を読む

ミヤコシ、ラベルから軟包装まで〜生活産業分野でインクジェット技術を活用

2019年10月9日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年9月24日から27日までの4日間、ベルギーのブリュッセルで開催されるラベル関連の国際展示会「Labelexpo Europe(ラベルエキスポヨーロッパ)2019」に出展する(ホール8-8831)。今回、同社・執行役員営業本部副本部長兼国際戦略事業部長の天野剛氏に、ラベルエキスポの出展概要、そしてミヤコシが提案するインクジェットソリューションなどについて聞いた。
天野 氏
 今回のラベルエキスポでは、間欠オフセットラベル印刷機「MLP13C」とラベル用LED-UVインクジェットプリンター「MJP13LXV」の2台のラベル印刷機を出品する。

 これまで当社は、ラベルエキスポに積極的に出展し、オフセット方式とインクジェット方式のラベル印刷機を紹介してきた。オフセット印刷方式によるラベル印刷機については、機能性などが評価され、欧州の販売拠点である「ミヤコシ ヨーロッパ」を通じて導入が進んでいる。

 今回の出品機である間欠オフセットラベル印刷機「MLP13C」では、様々な加工ユニットをインライン装備するほか、従来の紙だけでなく、フィルム基材にも印刷が可能な仕様として紹介していく。

欧州市場で本格的に販売展開

 インクジェット方式によるデジタルラベル印刷については、これまでもラベルエキスポで紹介してきたが、どちらかといえば市場調査を兼ねた出品であった。しかし、今回のラベルエキスポの出展を契機にミヤコシブランドのインクジェットラベル印刷機として「ミヤコシ ヨーロッパ」が正式に欧州市場に対し、販売・サポートを開始することをアピールしていく。
ラベル用LED-UVインクジェットプリンター「MJP13LXV」
 「MJP13LXV」は、前回も出品している機種で、窒素パージLED-UVを搭載し、低臭気化を実現する解像度1,200×1,200dpiのラベル印刷用のインクジェットプリンターである。基本スペックは、前回と同様だが、インクジェットヘッドやインクなどを改良したモデルとなっている。また、前回は、このインクジェットプリンターに後加工システム「MJL13A」をインライン接続したかたちで提案を行ったが、後加工をすでに設置しているユーザーも多いことから、今回はロールtoロールのシンプルな仕様で訴求していく。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP