キーワードで検索

Horizon Smart Factory 2021 レポート

「つながる Factory Automation〜ポストプレス視点で考えるDX〜」

2021年11月18日製品・テクノロジー

DAC検査装置付き無線綴じ製本ライン

 ダックエンジニアリングは、ホリゾンの無線綴じ製本システムに連動されたシートカット装置「SmartStacker」にバリアブル検査装置を搭載して実演。RIP済みPDFと比較することで、シートカット後の全可変データを連続検査し、良品のみを選別して製造することが可能になる。

 同社の担当者は「デジタルプリンターではなくシートカット装置に組み込むことで、印刷不良だけではなく、丁合不良など製本工程での検査も可能になる」と、後加工機に設置するメリットについて話していた。

SmartStackerの前で氷上社長(左)とホリゾンの衣川本部長

プリンターインラインダイカットシステム

 プリンターインラインダイカットシステムは、コニカミノルタ製プロダクションプリンターのフラッグシップモデル「AccurioPress C14000」とホリゾン製の集積装置とダイカットシステム、そして参考出品となるインライン自動帯掛けシステムで構成された生産ラインで印刷機の生産速度を損なうことなく、名刺の印刷から断裁、帯掛けまでの一連の工程をワンパスで仕上げる実演を披露した。

 実演では、「AccurioPress C14000」でA4シートに21面付された名刺を印刷し、インライン接続された集積装置に搬送。集積装置に一時的にストックされたシートは、型抜き機にて名刺サイズに型抜きされ、分離装置で不要な部分を分離。切り離された名刺は、集積装置によって1名分になるまでカウントを行い、数量に達するとロボットアームを搭載した自動帯掛けシステムで帯掛け、自動搬送される。

 なお、今回は名刺印刷仕様となっていたが、ピナクル刃プレート交換により、名刺のほか各種カード、A4チラシなど多彩なサイズ・形状のダイカットにも対応できる。

AccurioPress C14000にダイカットシステムをインライン接続

ロボットアームで名刺ブロックを帯掛け機に搬送

ジョブの発生から発送までを一元管理

 プリンターインラインシートカットシステムは、富士フイルムビジネスイノベーション製の1パス6色プリントエンジンを搭載したプロダクションプリンターのハイエンドモデル「Revoria Press PC1120」にホリゾン製のシートバッファモジュールとシートカット&クリーサーをインライン接続した生産ラインとして構成。会場では、名刺やチケットなどのアプリケーションを印刷からカット、ミシン、筋入れなどの加工までをワンパスで仕上げる実演を披露した。

 とくに今回の実演では、富士フイルムビジネスイノベーションの統合型ワークフローシステム「レボリア ワン プロダクションコックピット」とホリゾンの次世代製本ワークフローシステム「iCE LiNK」を連携させ、ジョブの発生から発送までを一元管理する生産体制のしくみを提案した。

Revoria Press PC1120にホリゾンの後加工システムをインライン接続

新着トピックス

dp_kurz_ceo_tn.jpg

クルツジャパン創立50周年記念インタビュー、表面加飾技術で日本の印刷業界に貢献

2021年10月20日企業・経営

 高度な表面加飾技術で印刷物の高付加価値化を支援してきたクルツジャパン(株)は今年、創業50周年を迎える。印刷物に高級感を演出する同社の箔転写技術は、国内印刷業界でも高く評価され、これ...全文を読む

agfa_kingp_jeti_tauro_dp_tn.jpg

キングプリンティング、高速大判IJプリンタ「JETI TAURO」国内1号機導入

2021年10月11日ケーススタディ

 大型オフセット印刷と大判インクジェット印刷を両輪に、屋外広告や店頭タペストリー、サイン&ディスプレイなどのビジュアルコミュニケーション事業を展開するキングプリンティング(株)(本社/...全文を読む

最新ニュース

dp_th6310f_tn.jpg

リコー、高ギャップ印刷対応とインク循環機能を備えた産業用インクジェットヘッド発売

2021年11月17日

 (株)リコー(山下良則社長)は、産業用インクジェットヘッドの新製品として、薄膜ピエゾアクチュエーターを搭載した「RICOH TH6310F」を2021年11月23日よりグローバルで受...全文を読む

dp_2021_11_25_tn.jpg

日本HP、好評につき「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」を11月25日に再配信

2021年11月17日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは11月25日、「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参...全文を読む

dp_revoria_one_tn.jpg

富士フイルムBI、オフセットとの連携強化を実現した統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン

2021年11月16日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は11月11日開催のWeb説明会において、印刷市場向けソフトウェアの新バージョン「Revoria One Production Cockpit...全文を読む

Horizon Smart Factory 2021 レポート

「つながる Factory Automation〜ポストプレス視点で考えるDX〜」

2021年11月18日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line

DAC検査装置付き無線綴じ製本ライン

 ダックエンジニアリングは、ホリゾンの無線綴じ製本システムに連動されたシートカット装置「SmartStacker」にバリアブル検査装置を搭載して実演。RIP済みPDFと比較することで、シートカット後の全可変データを連続検査し、良品のみを選別して製造することが可能になる。

 同社の担当者は「デジタルプリンターではなくシートカット装置に組み込むことで、印刷不良だけではなく、丁合不良など製本工程での検査も可能になる」と、後加工機に設置するメリットについて話していた。

SmartStackerの前で氷上社長(左)とホリゾンの衣川本部長

プリンターインラインダイカットシステム

 プリンターインラインダイカットシステムは、コニカミノルタ製プロダクションプリンターのフラッグシップモデル「AccurioPress C14000」とホリゾン製の集積装置とダイカットシステム、そして参考出品となるインライン自動帯掛けシステムで構成された生産ラインで印刷機の生産速度を損なうことなく、名刺の印刷から断裁、帯掛けまでの一連の工程をワンパスで仕上げる実演を披露した。

 実演では、「AccurioPress C14000」でA4シートに21面付された名刺を印刷し、インライン接続された集積装置に搬送。集積装置に一時的にストックされたシートは、型抜き機にて名刺サイズに型抜きされ、分離装置で不要な部分を分離。切り離された名刺は、集積装置によって1名分になるまでカウントを行い、数量に達するとロボットアームを搭載した自動帯掛けシステムで帯掛け、自動搬送される。

 なお、今回は名刺印刷仕様となっていたが、ピナクル刃プレート交換により、名刺のほか各種カード、A4チラシなど多彩なサイズ・形状のダイカットにも対応できる。

AccurioPress C14000にダイカットシステムをインライン接続

ロボットアームで名刺ブロックを帯掛け機に搬送

ジョブの発生から発送までを一元管理

 プリンターインラインシートカットシステムは、富士フイルムビジネスイノベーション製の1パス6色プリントエンジンを搭載したプロダクションプリンターのハイエンドモデル「Revoria Press PC1120」にホリゾン製のシートバッファモジュールとシートカット&クリーサーをインライン接続した生産ラインとして構成。会場では、名刺やチケットなどのアプリケーションを印刷からカット、ミシン、筋入れなどの加工までをワンパスで仕上げる実演を披露した。

 とくに今回の実演では、富士フイルムビジネスイノベーションの統合型ワークフローシステム「レボリア ワン プロダクションコックピット」とホリゾンの次世代製本ワークフローシステム「iCE LiNK」を連携させ、ジョブの発生から発送までを一元管理する生産体制のしくみを提案した。

Revoria Press PC1120にホリゾンの後加工システムをインライン接続

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP