キーワードで検索

Horizon Smart Factory 2021 レポート

「つながる Factory Automation〜ポストプレス視点で考えるDX〜」

2021年11月18日製品・テクノロジー

ミヤコシとホリゾンで構成する自動化ライン

 初出展となる(株)ミヤコシのシングルタワー両面インクジェットプリンター「MJP20EXG」とバリアブルブックブロック加工機「MVB10A」にホリゾン製の後加工システムをインライン接続した無線綴じ製本システムによる実演が行われていた。

 「MJP20EXG」は、シングルタワー構成でありながら両面フルカラー印刷を可能とする省スペース設計のインクジェットプリンター。また、「MVB10A」は、デジタル印刷用に開発されたブックブロック加工機で、用紙を所定の大きさに折り加工を行った後、カット、区分けを行い冊子(ブックブロック)状に集積・排出を自動で行う。

 実演では、「MJP20EXG」でロール紙から印刷したもの「MVB10A」でブックブロックに加工。加工された本身は、インライン接続されたベルトコンベアでホリゾンの自動投入装置へ搬送され、バーコードを読み取り、表紙と本身の整合性を確認。そして製本機にて糊付け後、三方断裁機に搬送され、仕上げ断裁が行われる。

 仕上がり品は、ボックスに収納され、規定数量に達するとAGVで出荷場に自動搬送されていく。

インライン接続された「MVB10A」(手前)と「MJP20EXG」

ベルトコンベアを介してホリゾンの後加工機と連携

POD機2台を接続した無線綴じ製本システム

 プロダクションプリンター2機種と後加工機を連動したインライン無線綴じ製本システムを紹介していた。

 同システムでは、リコー製のプロダクションプリンター「RICOH Pro C9210」で本身印刷、「RICOH Pro C7210S」で表紙印刷を行い、ホリゾンの後加工機で無線綴じ製本までを実施。実演では、A4サイズの同人誌コミック、A5サイズの写真集と書籍の3種をバリアブルで印刷製本を敢行。「RICOH Pro C9210」で印刷された本身は、インライン接続された集積装置にストックされ、1冊分になった本身は自動投入ユニットへ自動搬送される。本身は、同ユニット内でジョガーによる紙揃え、エアー抜きが行われたのち、製本機に自動投入される。

 表紙給紙部には、「RICOH Pro C7210S」がインライン接続されており、本身印刷が開始されると自動で表紙印刷を開始。これにより表紙積み作業が自動化でき、積み間違いなどのトラブルを抑制できるほか、従来、15センチだった表紙積載がプリンターの給紙トレイ容量までストックできるので機械停止を少なくして作業することができる。

 製本加工後は、三方断裁機に搬送され、バーコードを読み取ることでサイズの異なる断裁を自動で認識し、加工を行う。仕上がり品は、ボックスに収納され、規定数量になるとAGVで出荷場へ自動搬送されていく。

本身は最上位モデルのRICOH Pro C9210で印刷

表紙給紙部には特色トナーを搭載できるRICOH Pro C7210Sをインライン接続

新着トピックス

dp_kurz_ceo_tn.jpg

クルツジャパン創立50周年記念インタビュー、表面加飾技術で日本の印刷業界に貢献

2021年10月20日企業・経営

 高度な表面加飾技術で印刷物の高付加価値化を支援してきたクルツジャパン(株)は今年、創業50周年を迎える。印刷物に高級感を演出する同社の箔転写技術は、国内印刷業界でも高く評価され、これ...全文を読む

agfa_kingp_jeti_tauro_dp_tn.jpg

キングプリンティング、高速大判IJプリンタ「JETI TAURO」国内1号機導入

2021年10月11日ケーススタディ

 大型オフセット印刷と大判インクジェット印刷を両輪に、屋外広告や店頭タペストリー、サイン&ディスプレイなどのビジュアルコミュニケーション事業を展開するキングプリンティング(株)(本社/...全文を読む

最新ニュース

dp_th6310f_tn.jpg

リコー、高ギャップ印刷対応とインク循環機能を備えた産業用インクジェットヘッド発売

2021年11月17日

 (株)リコー(山下良則社長)は、産業用インクジェットヘッドの新製品として、薄膜ピエゾアクチュエーターを搭載した「RICOH TH6310F」を2021年11月23日よりグローバルで受...全文を読む

dp_2021_11_25_tn.jpg

日本HP、好評につき「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」を11月25日に再配信

2021年11月17日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは11月25日、「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参...全文を読む

dp_revoria_one_tn.jpg

富士フイルムBI、オフセットとの連携強化を実現した統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン

2021年11月16日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は11月11日開催のWeb説明会において、印刷市場向けソフトウェアの新バージョン「Revoria One Production Cockpit...全文を読む

Horizon Smart Factory 2021 レポート

「つながる Factory Automation〜ポストプレス視点で考えるDX〜」

2021年11月18日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line

ミヤコシとホリゾンで構成する自動化ライン

 初出展となる(株)ミヤコシのシングルタワー両面インクジェットプリンター「MJP20EXG」とバリアブルブックブロック加工機「MVB10A」にホリゾン製の後加工システムをインライン接続した無線綴じ製本システムによる実演が行われていた。

 「MJP20EXG」は、シングルタワー構成でありながら両面フルカラー印刷を可能とする省スペース設計のインクジェットプリンター。また、「MVB10A」は、デジタル印刷用に開発されたブックブロック加工機で、用紙を所定の大きさに折り加工を行った後、カット、区分けを行い冊子(ブックブロック)状に集積・排出を自動で行う。

 実演では、「MJP20EXG」でロール紙から印刷したもの「MVB10A」でブックブロックに加工。加工された本身は、インライン接続されたベルトコンベアでホリゾンの自動投入装置へ搬送され、バーコードを読み取り、表紙と本身の整合性を確認。そして製本機にて糊付け後、三方断裁機に搬送され、仕上げ断裁が行われる。

 仕上がり品は、ボックスに収納され、規定数量に達するとAGVで出荷場に自動搬送されていく。

インライン接続された「MVB10A」(手前)と「MJP20EXG」

ベルトコンベアを介してホリゾンの後加工機と連携

POD機2台を接続した無線綴じ製本システム

 プロダクションプリンター2機種と後加工機を連動したインライン無線綴じ製本システムを紹介していた。

 同システムでは、リコー製のプロダクションプリンター「RICOH Pro C9210」で本身印刷、「RICOH Pro C7210S」で表紙印刷を行い、ホリゾンの後加工機で無線綴じ製本までを実施。実演では、A4サイズの同人誌コミック、A5サイズの写真集と書籍の3種をバリアブルで印刷製本を敢行。「RICOH Pro C9210」で印刷された本身は、インライン接続された集積装置にストックされ、1冊分になった本身は自動投入ユニットへ自動搬送される。本身は、同ユニット内でジョガーによる紙揃え、エアー抜きが行われたのち、製本機に自動投入される。

 表紙給紙部には、「RICOH Pro C7210S」がインライン接続されており、本身印刷が開始されると自動で表紙印刷を開始。これにより表紙積み作業が自動化でき、積み間違いなどのトラブルを抑制できるほか、従来、15センチだった表紙積載がプリンターの給紙トレイ容量までストックできるので機械停止を少なくして作業することができる。

 製本加工後は、三方断裁機に搬送され、バーコードを読み取ることでサイズの異なる断裁を自動で認識し、加工を行う。仕上がり品は、ボックスに収納され、規定数量になるとAGVで出荷場へ自動搬送されていく。

本身は最上位モデルのRICOH Pro C9210で印刷

表紙給紙部には特色トナーを搭載できるRICOH Pro C7210Sをインライン接続

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP