キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 京都文化協会とキヤノン、「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」を制作

京都文化協会とキヤノン、「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」を制作

大英博物館所蔵の文化財の高精細複製品を文化財活用センターへ寄贈

2018年10月24日ニュース

 特定非営利活動法人 京都文化協会とキヤノン(株)が共同で取り組んでいる「綴プロジェクト」(文化財未来継承プロジェクト)の第11期作品として完成した、大英博物館所蔵の「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」の高精細複製品が独立行政法人 国立文化財機構文化財活用センターへ寄贈され、10月23日より東京国立博物館で公開されている。

 「綴プロジェクト」は、オリジナル文化財の保存と高精細複製品の活用を目的として、京都文化協会が主催し、キヤノンが共催して推進している社会貢献活動。キヤノンの入力、画像処理、出力に至る先進のデジタル技術と京都伝統工芸の匠の技との融合により、屏風や襖絵、絵巻物など古くから日本に伝わる貴重な文化財の高精細な複製品を制作して寄贈している。

 「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」は、江戸時代(17世紀)の作品。平家の滅亡を導いた2つの戦いが両隻に描き分けられており、右隻は、寿永3年(1184年)2月、源義経らの率いる源氏が平家のこもる摂津福原に奇襲をかけた「一の谷合戦」、左隻は、翌年の文治元年(1185年)2月、屋島によった平家が源氏に追われ、志度浦に逃れる「屋島合戦」。義経のひよどり越えの場面や那須与一の挿話など、「平家物語」によって親しまれてきたいくつもの名場面が両隻に描かれ、確かな画面構成力と緻密な描写力を備えた有力な画人の手によるものと考えられる。
平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風(右隻)
平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風(左隻)
 「綴プロジェクト」では、今期の作品より、複製品の制作過程で使用するカメラやレンズなどの機材を刷新し、これまで以上に高精細な複製品(本作品の画像データの総画素数は約54億画素)を実現している。

 作品のオリジナルは現在、大英博物館に所蔵されており、その高精細複製品を文化財活用センターに寄贈することで、日本絵画の名品の「里帰り」が実現する。

関連記事

最新ニュース

dmm_3d_hitachi_dp_tn.jpg

DMM、日立物流・佐川急便と共同で東京に3Dプリンタの生産拠点開設

2018年12月13日

 DMM.com(本社/東京都港区)は(株)日立物流、佐川急便(株)と共同で、日立物流京浜物流センター(東京都大田区平和島5-3-2)内に3D造形物の生産拠点を設置し、12月4日から運...全文を読む

dp_canon_sinagawa_tn.jpg

キヤノンMJ、「キヤノンラグビーパーク in 品川」開設

2018年12月12日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)は、キヤノンプラザS(品川)内に「ラグビーワールドカップ2019大会」をイメージした特設スペース「キヤノンラグビーパーク in 品...全文を読む

大塚商会、「POD Special 2DAYS! in 関西」に延べ111社・130名

2018年12月7日

 (株)大塚商会は12月4・5日の2日間、プリンティングイノベーションセンター関西(大阪市中央区)において、印刷業界向けイベント「POD Special 2DAYS! in 関西」を開...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3Dプリントの美術展に協賛 500名以上が来場

2018年12月3日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、11月23日から25日に大阪・日本橋ボークスビルにおいて開催されたフルカラー3Dプリントの美術展「ウルトラモデラ...全文を読む

106_usa_tn.jpg

ハイデルベルグ社、Primefire 106が米国のパッケージ印刷会社で生産開始

2018年11月26日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)が、drupa2016において発表したB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が、米国のパッケージ印刷会社であるウォ...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、「デジタル印刷で柱を立てる」2020年に通販サービスで売上20億円へ

2018年12月7日ケーススタディ

 2020年に通販サービスで売上20億円を目指す----。(株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)は、この目標達成に向けて設備投資や新たな通販サービスを開設...全文を読む

キーポイントインテリジェンス、中国デジタル印刷機市場規模と予測を発表

2018年12月4日マーケティング

 (株)キーポイントインテリジェンス(東京都渋谷区)は、「2018年中国デジタル印刷機(POD&CDLP)市場動向と予測」を発表した。同スタディでは、同社が定義する市場セグメントに基づ...全文を読む

kyouritsu_prosper_2_tn.jpg

共立印刷、PROSPER S5 導入事例 - DM700万部を2週間で処理

2018年12月3日ケーススタディ

 共立印刷(株)(本社/東京都板橋区清水町36-1、佐藤尚哉社長)は、KODAK PROSPER S5を合計9台搭載した5ラインのシート搬送印字機で、700万部のDMをわずか2週間で処...全文を読む

京都文化協会とキヤノン、「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」を制作

大英博物館所蔵の文化財の高精細複製品を文化財活用センターへ寄贈

2018年10月24日ニュース

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 特定非営利活動法人 京都文化協会とキヤノン(株)が共同で取り組んでいる「綴プロジェクト」(文化財未来継承プロジェクト)の第11期作品として完成した、大英博物館所蔵の「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」の高精細複製品が独立行政法人 国立文化財機構文化財活用センターへ寄贈され、10月23日より東京国立博物館で公開されている。

 「綴プロジェクト」は、オリジナル文化財の保存と高精細複製品の活用を目的として、京都文化協会が主催し、キヤノンが共催して推進している社会貢献活動。キヤノンの入力、画像処理、出力に至る先進のデジタル技術と京都伝統工芸の匠の技との融合により、屏風や襖絵、絵巻物など古くから日本に伝わる貴重な文化財の高精細な複製品を制作して寄贈している。

 「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」は、江戸時代(17世紀)の作品。平家の滅亡を導いた2つの戦いが両隻に描き分けられており、右隻は、寿永3年(1184年)2月、源義経らの率いる源氏が平家のこもる摂津福原に奇襲をかけた「一の谷合戦」、左隻は、翌年の文治元年(1185年)2月、屋島によった平家が源氏に追われ、志度浦に逃れる「屋島合戦」。義経のひよどり越えの場面や那須与一の挿話など、「平家物語」によって親しまれてきたいくつもの名場面が両隻に描かれ、確かな画面構成力と緻密な描写力を備えた有力な画人の手によるものと考えられる。
平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風(右隻)
平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風(左隻)
 「綴プロジェクト」では、今期の作品より、複製品の制作過程で使用するカメラやレンズなどの機材を刷新し、これまで以上に高精細な複製品(本作品の画像データの総画素数は約54億画素)を実現している。

 作品のオリジナルは現在、大英博物館に所蔵されており、その高精細複製品を文化財活用センターに寄贈することで、日本絵画の名品の「里帰り」が実現する。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP