キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 京都文化協会とキヤノン、「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」を制作

京都文化協会とキヤノン、「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」を制作

大英博物館所蔵の文化財の高精細複製品を文化財活用センターへ寄贈

2018年10月24日ニュース

 特定非営利活動法人 京都文化協会とキヤノン(株)が共同で取り組んでいる「綴プロジェクト」(文化財未来継承プロジェクト)の第11期作品として完成した、大英博物館所蔵の「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」の高精細複製品が独立行政法人 国立文化財機構文化財活用センターへ寄贈され、10月23日より東京国立博物館で公開されている。

 「綴プロジェクト」は、オリジナル文化財の保存と高精細複製品の活用を目的として、京都文化協会が主催し、キヤノンが共催して推進している社会貢献活動。キヤノンの入力、画像処理、出力に至る先進のデジタル技術と京都伝統工芸の匠の技との融合により、屏風や襖絵、絵巻物など古くから日本に伝わる貴重な文化財の高精細な複製品を制作して寄贈している。

 「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」は、江戸時代(17世紀)の作品。平家の滅亡を導いた2つの戦いが両隻に描き分けられており、右隻は、寿永3年(1184年)2月、源義経らの率いる源氏が平家のこもる摂津福原に奇襲をかけた「一の谷合戦」、左隻は、翌年の文治元年(1185年)2月、屋島によった平家が源氏に追われ、志度浦に逃れる「屋島合戦」。義経のひよどり越えの場面や那須与一の挿話など、「平家物語」によって親しまれてきたいくつもの名場面が両隻に描かれ、確かな画面構成力と緻密な描写力を備えた有力な画人の手によるものと考えられる。
平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風(右隻)
平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風(左隻)
 「綴プロジェクト」では、今期の作品より、複製品の制作過程で使用するカメラやレンズなどの機材を刷新し、これまで以上に高精細な複製品(本作品の画像データの総画素数は約54億画素)を実現している。

 作品のオリジナルは現在、大英博物館に所蔵されており、その高精細複製品を文化財活用センターに寄贈することで、日本絵画の名品の「里帰り」が実現する。

関連記事

最新ニュース

dp_ricoh_hp_tn.jpg

リコー、どこでも印字できるハンディサイズのプリンター「RICOH Handy Printer」発売

2019年4月5日

 (株)リコー(山下良則社長)は、紙の上をスライドさせテキストや、画像、QRコード、バーコードなどを、どこでも印字できるハンディサイズのモノクロインクジェットプリンター「RICOH H...全文を読む

dp_foil_glazer_tn.jpg

ウチダテクノ、フォイル(箔)とラミネート加工を1台で実現する「Foil Glazer」発売

2019年4月5日

 (株)ウチダテクノ(本社/東京都中央区、五木田行男社長)は、フォイル&ラミネーター「Foil Glazer」を4月5日より発売を開始した。    フォイル&ラミネーター「Foil G...全文を読む

dp_reddot_tn.jpg

エプソン、SureColorシリーズが「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を初受賞

2019年3月26日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)のラージフォーマットプリンターSureColorシリーズが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award:Product Design 2...全文を読む

dp_c72_tn.jpg

KOMORI、デジタル印刷機「インプレミア Cシリーズ」の新たな機能を紹介

2019年3月25日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は3月8日、同本社2階のdCL(デジタルクリエイティブラウンジ)において「KOMORI POD 春の大商談会」を開催した。...全文を読む

iridesse_production_press_expo_tn.jpg

富士ゼロックス、「コンテンツEXPO東京2019」に出展

2019年3月22日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、4月3日から5日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「コンテンツEXPO東京 2019」に出展する(「広告デザイン・ブ...全文を読む

新着トピックス

ホタルコーポレーション、超色造形展 ウルトラモデラーズin Tokyoに協力

2019年4月16日企業・経営

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、3月15日に(株)ミマキエンジニアリングのJPデモセンター(五反田TOC6F)において開催された「超色造形展 ウ...全文を読む

サインアーテック、大型LED-UVフラットベッドインクジェットプリンタ導入

2019年4月16日ケーススタディ

フラットベッドIJプリンタが5台体制に〜生産性向上と超短納期対応実現  インクジェットによる超大型出力&加工を得意とする(株)サインアーテック(本社/埼玉県飯能市)は今年2月、増加する...全文を読む

dp_spc_dc7171p_tn.jpg

エスピーシー、高品位な仕上がりを評価〜特殊色専用機の第1号機が稼働開始

2019年4月16日ケーススタディ

 冠婚葬祭関連の印刷物を手がけるエスピーシー(株)(本社/東京都世田谷区、中田伊代子社長)は今年2月、新たな生産設備として富士ゼロックスの特殊色専用プロダクションプリンター「DocuC...全文を読む

京都文化協会とキヤノン、「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」を制作

大英博物館所蔵の文化財の高精細複製品を文化財活用センターへ寄贈

2018年10月24日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 特定非営利活動法人 京都文化協会とキヤノン(株)が共同で取り組んでいる「綴プロジェクト」(文化財未来継承プロジェクト)の第11期作品として完成した、大英博物館所蔵の「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」の高精細複製品が独立行政法人 国立文化財機構文化財活用センターへ寄贈され、10月23日より東京国立博物館で公開されている。

 「綴プロジェクト」は、オリジナル文化財の保存と高精細複製品の活用を目的として、京都文化協会が主催し、キヤノンが共催して推進している社会貢献活動。キヤノンの入力、画像処理、出力に至る先進のデジタル技術と京都伝統工芸の匠の技との融合により、屏風や襖絵、絵巻物など古くから日本に伝わる貴重な文化財の高精細な複製品を制作して寄贈している。

 「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」は、江戸時代(17世紀)の作品。平家の滅亡を導いた2つの戦いが両隻に描き分けられており、右隻は、寿永3年(1184年)2月、源義経らの率いる源氏が平家のこもる摂津福原に奇襲をかけた「一の谷合戦」、左隻は、翌年の文治元年(1185年)2月、屋島によった平家が源氏に追われ、志度浦に逃れる「屋島合戦」。義経のひよどり越えの場面や那須与一の挿話など、「平家物語」によって親しまれてきたいくつもの名場面が両隻に描かれ、確かな画面構成力と緻密な描写力を備えた有力な画人の手によるものと考えられる。
平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風(右隻)
平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風(左隻)
 「綴プロジェクト」では、今期の作品より、複製品の制作過程で使用するカメラやレンズなどの機材を刷新し、これまで以上に高精細な複製品(本作品の画像データの総画素数は約54億画素)を実現している。

 作品のオリジナルは現在、大英博物館に所蔵されており、その高精細複製品を文化財活用センターに寄贈することで、日本絵画の名品の「里帰り」が実現する。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP