キーワードで検索

ミマキ、UJF-7151plus用UV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」開発

プリント物に直接メタリックインクを塗布することが可能に

2019年1月23日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、UJF-7151plusに搭載可能なUV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」の販売を2月から開始する。

 同社は、「次世代を創造する、デジタルプリントの新技術」をテーマに、従来のUVインクジェットプリンタによるグラフィック表現の枠を超えた高付加価値プリント技術「Surface Imaging」を提案している。なかでも、グリッター(キラキラとした細かい金粉や銀粉、またはメタリックの粒)や箔を使ったメタリック表現はプリント物に高級感や特別感を与えることができる手法だが、その反面プリント後に手作業でメタリック加工を行う必要があるため作業者の負担にもなっていた。

 今回新たに開発したUV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」は、特殊な光輝性顔料をインク内に配合することで、従来は別工程として必要だったグリッター塗布や箔転写処理を行わずに、プリント物に直接メタリックインクを塗布することが可能になる。また、「Surface Imaging」で培ったプリント技術を生かすことで、グロス/マット調の打ち分け、立体感のあるテクスチャ表現、さらにはメタリックインクの上にカラーインクをプリントしてカラーメタリック表現が行えるなど、プリント物に対してより高い付加価値を与えることができる。

 また、極小ロットのノベルティ、グッズなどの成形品はもちろんのこと、紙器、フィルム対して直接メタリックプリントを行うことができるため、幅広い用途で活用できる。

 なお、価格は200mlで3万円(税別)。

主な特長

グロス/マット調に打ち分けるプリント技術「MMC」
 「MCC(Mimaki Clear Control)」で培ったクリアインクの打ち分け技術を展開することで、1種類のメタリックインクをグロス/マット調に打ち分ける「MMC(Mimaki Metallic Control)」を開発。光沢感があり、鏡面仕上げのような美しいグロス調プリント、光を乱反射させることで光沢感を抑えつつもギラギラとした印象を与えるマット調プリントを使い分けることで、表現領域の幅が広がる。
グロス調(左)とマット調

立体感のあるテクスチャ表現
 プリント対象にインクが付着した瞬間にUV光で硬化させるため、インクの吐出濃度を変えることで、簡単にテクスチャをプリントできる。
テクスチャ表現

フルカラーのメタリック表現
 メタリックインクの上にカラーインクを重ねてプリントすることで、カラーメタリックが表現できる。デザインによってメタリック、カラー、カラーメタリックと組み合わせて使い分けることで表現の幅が広がる。
メタリック表現

関連記事

最新ニュース

ホタルコーポレーション、3Dクリエイターのプリント作品を販売

2020年4月6日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリント受注の専門サイト「hotaru3d.com」において、クリエイターのフルカラー3Dプリント...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

mimaki_3dgd-1800_dp_tn.jpg

ミマキ、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ発売

2020年4月1日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ「3DGD-1800」の販売を開始する。  「3DGD-1800」は、ジェル状の紫外線硬化...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、デジタル印刷による通販サービス好調

2020年4月9日ケーススタディ

 (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)では、デジタル印刷機を活用した通販サービスの展開が軌道に乗っている。鍛治川和広常務取締役は「B1デジタル印刷機プラ...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2020年4月9日製品・テクノロジー

 日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、ロール式ラミネーター、業務用全自動ラミネーターのラインアップを豊富に取り揃え、あらゆるユーザーニーズに...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3DIJプリントサービスで新市場創出

2020年4月7日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリンタによる新市場創出を目指した飽くなき挑戦を続けている。同社はこれまでも様々なイベントなどに出展・協...全文を読む

ミマキ、UJF-7151plus用UV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」開発

プリント物に直接メタリックインクを塗布することが可能に

2019年1月23日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、UJF-7151plusに搭載可能なUV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」の販売を2月から開始する。

 同社は、「次世代を創造する、デジタルプリントの新技術」をテーマに、従来のUVインクジェットプリンタによるグラフィック表現の枠を超えた高付加価値プリント技術「Surface Imaging」を提案している。なかでも、グリッター(キラキラとした細かい金粉や銀粉、またはメタリックの粒)や箔を使ったメタリック表現はプリント物に高級感や特別感を与えることができる手法だが、その反面プリント後に手作業でメタリック加工を行う必要があるため作業者の負担にもなっていた。

 今回新たに開発したUV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」は、特殊な光輝性顔料をインク内に配合することで、従来は別工程として必要だったグリッター塗布や箔転写処理を行わずに、プリント物に直接メタリックインクを塗布することが可能になる。また、「Surface Imaging」で培ったプリント技術を生かすことで、グロス/マット調の打ち分け、立体感のあるテクスチャ表現、さらにはメタリックインクの上にカラーインクをプリントしてカラーメタリック表現が行えるなど、プリント物に対してより高い付加価値を与えることができる。

 また、極小ロットのノベルティ、グッズなどの成形品はもちろんのこと、紙器、フィルム対して直接メタリックプリントを行うことができるため、幅広い用途で活用できる。

 なお、価格は200mlで3万円(税別)。

主な特長

グロス/マット調に打ち分けるプリント技術「MMC」
 「MCC(Mimaki Clear Control)」で培ったクリアインクの打ち分け技術を展開することで、1種類のメタリックインクをグロス/マット調に打ち分ける「MMC(Mimaki Metallic Control)」を開発。光沢感があり、鏡面仕上げのような美しいグロス調プリント、光を乱反射させることで光沢感を抑えつつもギラギラとした印象を与えるマット調プリントを使い分けることで、表現領域の幅が広がる。
グロス調(左)とマット調

立体感のあるテクスチャ表現
 プリント対象にインクが付着した瞬間にUV光で硬化させるため、インクの吐出濃度を変えることで、簡単にテクスチャをプリントできる。
テクスチャ表現

フルカラーのメタリック表現
 メタリックインクの上にカラーインクを重ねてプリントすることで、カラーメタリックが表現できる。デザインによってメタリック、カラー、カラーメタリックと組み合わせて使い分けることで表現の幅が広がる。
メタリック表現

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP