キーワードで検索

ミマキ、UJF-7151plus用UV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」開発

プリント物に直接メタリックインクを塗布することが可能に

2019年1月23日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、UJF-7151plusに搭載可能なUV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」の販売を2月から開始する。

 同社は、「次世代を創造する、デジタルプリントの新技術」をテーマに、従来のUVインクジェットプリンタによるグラフィック表現の枠を超えた高付加価値プリント技術「Surface Imaging」を提案している。なかでも、グリッター(キラキラとした細かい金粉や銀粉、またはメタリックの粒)や箔を使ったメタリック表現はプリント物に高級感や特別感を与えることができる手法だが、その反面プリント後に手作業でメタリック加工を行う必要があるため作業者の負担にもなっていた。

 今回新たに開発したUV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」は、特殊な光輝性顔料をインク内に配合することで、従来は別工程として必要だったグリッター塗布や箔転写処理を行わずに、プリント物に直接メタリックインクを塗布することが可能になる。また、「Surface Imaging」で培ったプリント技術を生かすことで、グロス/マット調の打ち分け、立体感のあるテクスチャ表現、さらにはメタリックインクの上にカラーインクをプリントしてカラーメタリック表現が行えるなど、プリント物に対してより高い付加価値を与えることができる。

 また、極小ロットのノベルティ、グッズなどの成形品はもちろんのこと、紙器、フィルム対して直接メタリックプリントを行うことができるため、幅広い用途で活用できる。

 なお、価格は200mlで3万円(税別)。

主な特長

グロス/マット調に打ち分けるプリント技術「MMC」
 「MCC(Mimaki Clear Control)」で培ったクリアインクの打ち分け技術を展開することで、1種類のメタリックインクをグロス/マット調に打ち分ける「MMC(Mimaki Metallic Control)」を開発。光沢感があり、鏡面仕上げのような美しいグロス調プリント、光を乱反射させることで光沢感を抑えつつもギラギラとした印象を与えるマット調プリントを使い分けることで、表現領域の幅が広がる。
グロス調(左)とマット調

立体感のあるテクスチャ表現
 プリント対象にインクが付着した瞬間にUV光で硬化させるため、インクの吐出濃度を変えることで、簡単にテクスチャをプリントできる。
テクスチャ表現

フルカラーのメタリック表現
 メタリックインクの上にカラーインクを重ねてプリントすることで、カラーメタリックが表現できる。デザインによってメタリック、カラー、カラーメタリックと組み合わせて使い分けることで表現の幅が広がる。
メタリック表現

関連記事

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

モリサワ、6月25・26日に東京本社で「MORISAWA FAIR 2019」開催

2019年6月11日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は6月25・26日の2日間、東京本社(東京都新宿区下宮比町2-27)において「MORISAWA FAIR 2019」を開催する(参加費は無料)。  同フ...全文を読む

tsf2019visualimage_dp_tn.jpg

Think Smart Factory 2019 IN KYOTO、来場者登録を開始

2019年6月10日

 11月11日から13日の3日間、京都「みやこめっせ」で開催される「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」の来場者登録(https://thinksmar...全文を読む

新着トピックス

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

smc192_tn.jpg

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

2019年6月7日ケーススタディ

 「印刷とはアートであり、文化、文明、芸術である」。(株)サンエムカラー(本社/京都市南区吉祥院嶋樫山町37)の松井勝美代表取締役会長兼社長は、印刷産業のあるべき姿をこのように語り、超...全文を読む

mediadruckwerk_dp_tn.jpg

メディアドルックヴェルク社(ドイツ)、Jet Press 750Sの品質・スピードの進化評価

2019年5月16日ケーススタディ

 ドイツの総合印刷会社・メディアドルックヴェルク社は、世界の先陣を切って、富士フイルムの最新枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入する。同社は、198...全文を読む

ミマキ、UJF-7151plus用UV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」開発

プリント物に直接メタリックインクを塗布することが可能に

2019年1月23日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、UJF-7151plusに搭載可能なUV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」の販売を2月から開始する。

 同社は、「次世代を創造する、デジタルプリントの新技術」をテーマに、従来のUVインクジェットプリンタによるグラフィック表現の枠を超えた高付加価値プリント技術「Surface Imaging」を提案している。なかでも、グリッター(キラキラとした細かい金粉や銀粉、またはメタリックの粒)や箔を使ったメタリック表現はプリント物に高級感や特別感を与えることができる手法だが、その反面プリント後に手作業でメタリック加工を行う必要があるため作業者の負担にもなっていた。

 今回新たに開発したUV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」は、特殊な光輝性顔料をインク内に配合することで、従来は別工程として必要だったグリッター塗布や箔転写処理を行わずに、プリント物に直接メタリックインクを塗布することが可能になる。また、「Surface Imaging」で培ったプリント技術を生かすことで、グロス/マット調の打ち分け、立体感のあるテクスチャ表現、さらにはメタリックインクの上にカラーインクをプリントしてカラーメタリック表現が行えるなど、プリント物に対してより高い付加価値を与えることができる。

 また、極小ロットのノベルティ、グッズなどの成形品はもちろんのこと、紙器、フィルム対して直接メタリックプリントを行うことができるため、幅広い用途で活用できる。

 なお、価格は200mlで3万円(税別)。

主な特長

グロス/マット調に打ち分けるプリント技術「MMC」
 「MCC(Mimaki Clear Control)」で培ったクリアインクの打ち分け技術を展開することで、1種類のメタリックインクをグロス/マット調に打ち分ける「MMC(Mimaki Metallic Control)」を開発。光沢感があり、鏡面仕上げのような美しいグロス調プリント、光を乱反射させることで光沢感を抑えつつもギラギラとした印象を与えるマット調プリントを使い分けることで、表現領域の幅が広がる。
グロス調(左)とマット調

立体感のあるテクスチャ表現
 プリント対象にインクが付着した瞬間にUV光で硬化させるため、インクの吐出濃度を変えることで、簡単にテクスチャをプリントできる。
テクスチャ表現

フルカラーのメタリック表現
 メタリックインクの上にカラーインクを重ねてプリントすることで、カラーメタリックが表現できる。デザインによってメタリック、カラー、カラーメタリックと組み合わせて使い分けることで表現の幅が広がる。
メタリック表現

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP