キーワードで検索

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

モジュラー設計に強み〜フレキシブルな生産プロセス実現

2020年4月1日ニュース

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリューション「Labelfire340」の日本1号機が今夏に設置されることを明らかにした。

Labelfire340

 今回、日本に初上陸することになった「Labelfire340」は、ガルス社とハイデルベルグの共同プロジェクトで開発されたモジュール式デジタルラベル加工ソリューション。Labelexpo Europe 2015で「ガルスDCS340」として発表された後、drupa2016でハイデルベルグ社のデジタル印刷機ポートフォリオ「fire」ブランドのひとつ「Labelfire340」としてリリースされたもの。すでにワールドワイドでおよそ45台が稼働している。

 「fire」とは、デジタル印刷機の性能、ダイナミズム、成長を表現したもので、またデジタルデータとインクを発射(fire)して用紙に転写するという意味もある。その中で、アジア地域においてもすでに稼働している「Labelfire340」が今回、満を持して日本に初上陸することになる。

 富士フイルムのインクジェットヘッド「SAMBA」を搭載した8色デジタル印刷ユニット(CMYK+W+OGV)を中心として、その前後にフレキソやコールドフォイル、ダイカットといったユニットをインラインで統合。さらにロータリースクリーン印刷ユニットにより、透明フィルム上に隠蔽性の高い白色印刷を実現するほか、盛り上げやメタリックなどの特殊効果を付加することも可能になっている。異なるこれらモジュールは1つのタッチパネルコンソールで制御でき、システム全体がハイデルベルグのプリントメディアワークフロー「プリネクトDFE-L(Digital Front end for Labels)」に統合され、スマートプリントショップを稼働させることができる。

 Native解像度は1,200×1,200dpi、生産スピードは70m/分。ガルス社では「デジタル印刷物の70〜80%が2工程以上の後加工を必要としている」とし、ワンパスデジタルラベル生産による生産性とコスト競争力といった優位性を強調している。

      ◇        ◇

 ガルス社は、食品、化粧品、医薬品など、安全性と健康が最重視される産業で使用されるパッケージ分野にも目を向け、安全で効率的なフレキソ印刷ソリューションを提供するグローバル企業。スイスのほか、ドイツにも生産工場を有し、全世界に販売網を展開している。

 同社は、およそ世界のラベル印刷市場において高い成長が期待されるアジアパシフィック地域での事業を強化しており、そこで鍵となるのは「低コスト」「生産性」「付加価値」で、フレキシブルなプロセスを生み出すモジュラー設計思想を強みとしている。

関連記事

最新ニュース

ホタルコーポレーション、3Dクリエイターのプリント作品を販売

2020年4月6日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリント受注の専門サイト「hotaru3d.com」において、クリエイターのフルカラー3Dプリント...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

mimaki_3dgd-1800_dp_tn.jpg

ミマキ、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ発売

2020年4月1日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ「3DGD-1800」の販売を開始する。  「3DGD-1800」は、ジェル状の紫外線硬化...全文を読む

dp_sc_p7500_red_tn.jpg

エプソン、大判プリンターがレッド・ドット賞プロダクトデザイン部門で「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」受賞

2020年3月31日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)のラージフォーマットプリンターSureColorシリーズが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award Product Design 2...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、デジタル印刷による通販サービス好調

2020年4月9日ケーススタディ

 (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)では、デジタル印刷機を活用した通販サービスの展開が軌道に乗っている。鍛治川和広常務取締役は「B1デジタル印刷機プラ...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2020年4月9日製品・テクノロジー

 日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、ロール式ラミネーター、業務用全自動ラミネーターのラインアップを豊富に取り揃え、あらゆるユーザーニーズに...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3DIJプリントサービスで新市場創出

2020年4月7日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリンタによる新市場創出を目指した飽くなき挑戦を続けている。同社はこれまでも様々なイベントなどに出展・協...全文を読む

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

モジュラー設計に強み〜フレキシブルな生産プロセス実現

2020年4月1日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリューション「Labelfire340」の日本1号機が今夏に設置されることを明らかにした。

Labelfire340

 今回、日本に初上陸することになった「Labelfire340」は、ガルス社とハイデルベルグの共同プロジェクトで開発されたモジュール式デジタルラベル加工ソリューション。Labelexpo Europe 2015で「ガルスDCS340」として発表された後、drupa2016でハイデルベルグ社のデジタル印刷機ポートフォリオ「fire」ブランドのひとつ「Labelfire340」としてリリースされたもの。すでにワールドワイドでおよそ45台が稼働している。

 「fire」とは、デジタル印刷機の性能、ダイナミズム、成長を表現したもので、またデジタルデータとインクを発射(fire)して用紙に転写するという意味もある。その中で、アジア地域においてもすでに稼働している「Labelfire340」が今回、満を持して日本に初上陸することになる。

 富士フイルムのインクジェットヘッド「SAMBA」を搭載した8色デジタル印刷ユニット(CMYK+W+OGV)を中心として、その前後にフレキソやコールドフォイル、ダイカットといったユニットをインラインで統合。さらにロータリースクリーン印刷ユニットにより、透明フィルム上に隠蔽性の高い白色印刷を実現するほか、盛り上げやメタリックなどの特殊効果を付加することも可能になっている。異なるこれらモジュールは1つのタッチパネルコンソールで制御でき、システム全体がハイデルベルグのプリントメディアワークフロー「プリネクトDFE-L(Digital Front end for Labels)」に統合され、スマートプリントショップを稼働させることができる。

 Native解像度は1,200×1,200dpi、生産スピードは70m/分。ガルス社では「デジタル印刷物の70〜80%が2工程以上の後加工を必要としている」とし、ワンパスデジタルラベル生産による生産性とコスト競争力といった優位性を強調している。

      ◇        ◇

 ガルス社は、食品、化粧品、医薬品など、安全性と健康が最重視される産業で使用されるパッケージ分野にも目を向け、安全で効率的なフレキソ印刷ソリューションを提供するグローバル企業。スイスのほか、ドイツにも生産工場を有し、全世界に販売網を展開している。

 同社は、およそ世界のラベル印刷市場において高い成長が期待されるアジアパシフィック地域での事業を強化しており、そこで鍵となるのは「低コスト」「生産性」「付加価値」で、フレキシブルなプロセスを生み出すモジュラー設計思想を強みとしている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP