キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • エプソン、SureColorシリーズ初のレジンインク搭載プリンター...

エプソン、SureColorシリーズ初のレジンインク搭載プリンター発売

2020年9月18日ニュース

 エプソンは、サインディスプレイ業界向けSureColorシリーズの新商品として、シリーズ初のレジンインクを搭載した「SC-R5050/R5050L」と、同じくシリーズ初となるUVインクを搭載した「SC-V7000」を2020年12月中旬より発売を開始する。
SC-R5050
 「SC-R5050/R5050L」は、新開発のレジンインク「UltraChrome RSインク」を6色搭載。溶剤インクでは、印刷後に十分な乾燥時間が必要となり、インクの乾燥時間が短納期業務での課題であった。これに対してレジンインクでは、印刷後の乾燥時間が不要で、印刷後すぐに後加工が可能になるなど業務の大幅な納期短縮に貢献する。また、レジンインクはVOC(揮発性有機化合物)の含有量が少なく環境に配慮した水性ベースのインクで、溶剤インクが得意とする塩ビやターポリン、フィルムへの印刷だけでなく、普通紙や壁紙、テキスタイルなど幅広いメディアにも印刷でき、プリンター1台で幅広いプリント業務に使用できる。

 インクは、大容量(1,500ml)インクパック方式を採用。カートリッジモデルよりもインク交換の回数が少なくなると同時に、使用済みのカートリッジ保管スペースも約90%削減できる。
SC-V7000
 「SC-V7000」は、新開発の「UltraChrome UVインク」を搭載。10色のインクセットによりさまざまなメディアに繊細で鮮やかな高画質出力が可能。透過性の高いメディアや色付きメディアに印刷する際、ホワイトインクを下地に敷くことで、下地の色に影響されず、カラーの発色が良くなり、鮮やかで際立った出力が可能となる。また、レッドインクが色域を広げ、サイン市場で要望の高い看板広告で必要とされる「鮮やかな赤」を実現。さらに、ライトシアン、ライトマゼンタ、グレーインクの淡色インクにより、印刷物の低粒状性を実現する。近接サイン、グッズ、ファインアートなどの用途でも高画質に出力することができる。また、バーニッシュ(透明インク)を全面に印刷することで光沢感を演出することや印刷表面を部分的に艶出しの風合いに仕上げるスポット印刷、インクを厚く盛って印刷し、インパクトを出す厚盛印刷など、オリジナルで意匠性の高い出力も可能となる。

関連記事

最新ニュース

dp_horizon_ht_300_tn.jpg

ホリゾン、バリアブル加工に対応する新製品2機種を発売

2020年10月21日

 (株)ホリゾンは、三方断裁機「iCE TRIMMER HT-300」と4クランプ無線綴じ製本機「iCE BINDER BQ-500」の2機種を10月中旬より発売する。  iCE TR...全文を読む

dp_plus_insatu_tn.jpg

日本HP、新コンテンツ「印刷会社の未来が変わる物語 」を10月27日にオンライン配信

2020年10月20日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では、新たなコン...全文を読む

taskalfa-pro-15000c_20200703_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、中国の商業用インクジェット市場に新規参入

2020年10月15日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は、10月12日から上海新国際博覧センターで開催されている展示会「All in Print China 2020」に商業用印刷...全文を読む

risapresscolor4080_4070_dp_tn.jpg

モリサワ、ライトプロダクションモデル「RISAPRESS C4080シリーズ」発売

2020年10月15日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、デジタル印刷システム「RISAPRESS Color4080」と「RISAPRESS Color4070」(2機種合わせて、以下「C4080シリーズ...全文を読む

dp_versant_3100i_tn.jpg

富士ゼロックス、用紙対応力を強化したVersantシリーズの新機種発売

2020年10月14日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は10月8日、記者会見を開き、プロダクションカラー市場向けの新商品「Versant 3100i Press(バーサント3100ア...全文を読む

新着トピックス

dp_ij_mjp30axf_tn.jpg

ミヤコシ、軟包装用水性インクジェットを市場投入〜生産性と環境配慮を両立

2020年10月2日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年6月、軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の販売を開始した。同社では、この水性顔料インクを採用し...全文を読む

agfa_sakawap_ij20_1_dp_tn.jpg

対談|多角化でコロナに負けない経営:「差別化」と「地域雇用の維持」

2020年10月1日マーケティング

 佐川印刷(株)(本社/愛媛県松山市問屋町6-21、佐川正純社長)は、早くから紙以外の印刷分野に着目し、設備投資や技術力習得に注力している。2017年には日本アグフア・ゲバルト(株)(...全文を読む

flatsytem_samba_jpc_dp_tn.jpg

富士フイルム、Jet Pressの基幹部品を提供[Samba JPC]

2020年9月30日製品・テクノロジー

 富士フイルム(株)(助野健児社長)では、商業印刷やパッケージ印刷向け産業用シングルパスインクジェット印刷装置の製品化に必要な基幹部品やソフトウェアなどのインクジェットコンポーネントを...全文を読む

エプソン、SureColorシリーズ初のレジンインク搭載プリンター発売

2020年9月18日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 エプソンは、サインディスプレイ業界向けSureColorシリーズの新商品として、シリーズ初のレジンインクを搭載した「SC-R5050/R5050L」と、同じくシリーズ初となるUVインクを搭載した「SC-V7000」を2020年12月中旬より発売を開始する。
SC-R5050
 「SC-R5050/R5050L」は、新開発のレジンインク「UltraChrome RSインク」を6色搭載。溶剤インクでは、印刷後に十分な乾燥時間が必要となり、インクの乾燥時間が短納期業務での課題であった。これに対してレジンインクでは、印刷後の乾燥時間が不要で、印刷後すぐに後加工が可能になるなど業務の大幅な納期短縮に貢献する。また、レジンインクはVOC(揮発性有機化合物)の含有量が少なく環境に配慮した水性ベースのインクで、溶剤インクが得意とする塩ビやターポリン、フィルムへの印刷だけでなく、普通紙や壁紙、テキスタイルなど幅広いメディアにも印刷でき、プリンター1台で幅広いプリント業務に使用できる。

 インクは、大容量(1,500ml)インクパック方式を採用。カートリッジモデルよりもインク交換の回数が少なくなると同時に、使用済みのカートリッジ保管スペースも約90%削減できる。
SC-V7000
 「SC-V7000」は、新開発の「UltraChrome UVインク」を搭載。10色のインクセットによりさまざまなメディアに繊細で鮮やかな高画質出力が可能。透過性の高いメディアや色付きメディアに印刷する際、ホワイトインクを下地に敷くことで、下地の色に影響されず、カラーの発色が良くなり、鮮やかで際立った出力が可能となる。また、レッドインクが色域を広げ、サイン市場で要望の高い看板広告で必要とされる「鮮やかな赤」を実現。さらに、ライトシアン、ライトマゼンタ、グレーインクの淡色インクにより、印刷物の低粒状性を実現する。近接サイン、グッズ、ファインアートなどの用途でも高画質に出力することができる。また、バーニッシュ(透明インク)を全面に印刷することで光沢感を演出することや印刷表面を部分的に艶出しの風合いに仕上げるスポット印刷、インクを厚く盛って印刷し、インパクトを出す厚盛印刷など、オリジナルで意匠性の高い出力も可能となる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP